築6年・築7年一戸建ての売却相場は?新築時からいくら下がる?
「築6年か、価格次第で売却も考えようかな」
「築7年の一戸建てなら売却相場どのくらいかな」

新築から6年7年が経過すると、生活や仕事環境の変化、子供が増えて手狭になるなどで、住み替えを考える人も多いです。

そこで気になるのが「今いくらで売れるのか?」「新築からどの程度下がったのか」ということ。

売却には「住宅ローンの完済」が条件になるため、今後の計画のために知っておきたいですよね。

この記事では、不動産業界17年のプロが『築6年・築7年一戸建ての売却相場は?新築時からいくら下がる?』と題して徹底解説します。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界17年。相談件数2,800件超・査定件数2,000件超。不動産コンサルティング事業を行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。≫詳しいプロフィール
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

築6年・築7年一戸建ての売却相場は?新築時からいくら下がる?

まず、築6年・築7年の一戸建ては、新築や築浅には手が届かない買主が積極的に検討するので、比較的スムーズに売りやすいです。

築6年・築7年の一戸建ての売却相場を、国土交通省の公表資料内の不動産流通推進センターのマニュアルに基づく試算から見ていくと、

引用:中古住宅流通、リフォーム市場の現状※一部追記

木造一戸建ての試算結果(一番左のオレンジ線)は、築6年で新築時の約65%、築7年で約60%の市場価値を示しています。

レオ教授レオ教授

くれぐれも土地は除く建物のみの価値じゃ!

例えば、新築時3,500万円(建物1,700万円・土地1,800万円)の木造一戸建てを、築6年・築7年で売却する場合は、

築年数建物土地合計
新築時1,700万円(100%)1,800万円3,500万円
築6年約1,105万円(約65%)1,800万円2,905万円
築7年約1,020万円(約60%)1,800万円2,820万円
※土地相場が一定であることが条件

以上の試算結果になります。

新築時の土地建物価格の内訳は、購入当時の不動産売買契約書または建築工事請負契約書などに記載があるはずです。

レオ教授レオ教授

ただし、あくまで試算結果の一例じゃ!

実際の築6年・築7年の一戸建ての売却相場は、

  • 建物の特徴
  • 基本性能
  • 住宅性能評価
  • リフォームの有無
  • 維持管理の状況
  • 保証内容及び期間
  • 不具合発生の有無(外壁のひび割れ・雨漏り・シロアリ被害等)

などを考慮して個々に増減します。

そのため、正確な売却相場を知りたい場合は、必ず「不動産会社の査定結果」で確認しましょう。

築6年・築7年一戸建ての正確な売却相場を知る方法【プロ解説】

築6年・築7年一戸建ての売却相場は、

不動産会社「3社以上」の査定額の「範囲」で判断

さらに、全ての査定額を平均することで、実際に売却できる可能性が高い金額もわかります。

3社の査定結果による
正確な売却相場の計算例は?

築6年・築7年一戸建ての売却相場を知る際の計算例
まず、3社へ同時に査定依頼すると下記のような結果になるはずです。(価格帯は参考です)

A社2,880万円
B社3,050万円
C社2,610万円

この場合は、2,610万円~3,050万円の範囲が売却相場と見て、3社を平均した2,846万円前後で売れる可能性が高いと考えます。

レオ教授レオ教授

査定額の数が増えれば、より正確になるぞ!

ただし、各社が出した査定額の根拠は要確認で、信頼できる査定額のみ参考にしましょう。

カエデ②

でも3社以上へ査定に出すなんて面倒ね…

レオ教授レオ教授

それなら「無料一括査定」が便利じゃ!

1~2分で依頼完了!
楽して比較したい人は無料一括査定を使おう

築6年・築7年一戸建ての売却相場を無料一括査定で知る
人気の無料一括査定を使えば「3社以上」の査定額を「簡単に」比較できます。

一括査定は利用するメリットが多くて、

  • 地域に対応した不動産会社が自動で表示される
  • スマホやパソコンがあれば1~2分で依頼できる
  • 面倒な来店も不要で複数の査定結果を受け取れる

それに、査定したからといって必ず売却する必要はなく、気軽に使えるのも一括査定の魅力です。

レオ教授レオ教授

しかも「無料」なんじゃ!

ただ、一括査定を調べると10サイトも20サイトも見つかるため、どれを選べばいいか迷うと思います。

そこで、築6年・築7年一戸建ての売却を検討中のあなたへ「プロ17年厳選の無料一括査定サイト」を3つ紹介します。

築6年・築7年一戸建ての売却相場は?
プロ17年厳選の無料一括査定TOP3

横にスクロールできます→→
スーモ売却すまいValueHOME4U
スーモ売却公式サイトすまいValue公式サイトHOME4U公式サイト
ランク
査定地域日本全国東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫
京都・滋賀・奈良・愛知・三重・広島
岡山・福岡・北海道-札幌・宮城-仙台
※いずれも地方や田舎を除く
日本全国
登録社数 約2,000店舗 約900店舗 ※大手6社合計 約2,100店舗
運営開始 2009年~ 2016年~ 2001年~
おすすめ
ポイント

・約2,000店舗!信頼の会社充実
・各社の売却実績数を見て依頼OK
・500万以上も差が出る事例多数
・芸能人CMも多く人気知名度◎
・当メディアからの査定件数No1

・最大手6社比較はこのサイトのみ
・高い知名度の最大手同士で比較
・40万件突破!充実した査定件数
・売却力!年間12万件以上も成約

・約2,100店舗!納得の会社揃い
・運営20年超!日本初一括査定
・50万件突破!豊富な査定件数
安心
ポイント

・審査通過の大手+地元会社のみ
・91%の高い利用満足度で安心
・大企業リクルート運営で信頼◎

・不動産業界の最大手6社直営
・大手6社限定の査定で信頼性◎
・利用者96.3%が安心感を回答

・審査通過の大手+地元会社のみ
・97.5%の高い利用満足度で◎
・常にパトロールで悪徳会社排除
※2023年2月1日時点の公式情報です。
査定後に売却するorしないは自由です

各不動産会社で300~500万円の差はごく普通に出るので、複数社それも「3社以上」を目安に査定結果を取り寄せれば、正確な売却相場と高く売れる見込みがわかります。

信頼性の高い不動産会社のみ集めた査定サイトが少ない中、これら3サイトなら安心しておすすめできます。(もちろん無料です

  • スーモ売却HOME4U
    審査に通過した主要大手+地元に強い会社だけに査定依頼できる
  • すまいValue
    安心感の高い不動産業界最大手6社に限定して査定依頼できる

実際に売るかどうかは査定額や売却相場を見て決めればOKなので、まずは「あなたの築6年・築7年一戸建てがいくらで売れるか?高く売れるか?」を知ることから始めてみて下さい。

もし査定サイト選びに迷ったら?

築6年・築7年一戸建ての査定サイト選びに迷ったら?

  • 人気知名度+運営会社の信頼性を重視するなら
    スーモ売却(年間売上6,500億円超の最大手リクルート運営)
  • 大手不動産会社の安心感の高さを重視するなら
    すまいValue(不動産業界トップクラスの大手6社限定)
  • 売却査定件数+運営年数の実績を重視するなら
    HOME4U(査定50万件超と運営20年超の日本初一括査定)
※すまいValueは対応地域に注意
レオ教授レオ教授

参考に当サイトでは、
スーモ売却」の利用が最も多いの~

また、利用者の中には、サイトを併用して地域の優良な会社を取りこぼさず依頼する賢い人もいます。(例:スーモ売却すまいValueスーモ売却HOME4U など

各サイトで登録する会社が異なることから、これら3サイトの併用なら間違いなく比較の質が上がるので、あなたも余裕があればぜひやってみて下さい。

タップorクリックで切り替え
  • スーモ売却
  • すまいValue
  • HOME4U
  • スーモ売却公式サイト
    【無料】業界最大手の人気サイト/

    今すぐスーモ売却で査定する ≫

    来店不要・24時間OK
    ※おおよその情報で査定依頼できます
    ※査定後に売却するしないは自由です
  • すまいValue公式サイト
    【無料】業界トップクラス大手6社限定/

    今すぐすまいValueで査定する ≫

    来店不要・24時間OK
    ※おおよその情報で査定依頼できます
    ※査定後に売却するしないは自由です
  • HOME4U公式サイト
    【無料】累計50万件超の査定実績/

    今すぐHOME4Uで査定する ≫

    来店不要・24時間OK
    ※おおよその情報で査定依頼できます
    ※査定後に売却するしないは自由です
地方や田舎で、1サイトでは充分な数の会社へ査定依頼できない場合は「スーモ売却HOME4U」の併用でカバーできることが多いです。

まずは1社だけに査定依頼したい人へ

まずは手始めに1社だけ査定依頼し、複数社の比較は後々考えたい人もいると思います。

その場合は、顧客対応や社員教育が徹底された下記「大手2社」がおすすめです。

横にスクロールできます→→
SRE不動産三井のリハウス
おすすめ★★★★★★★★★
査定地域東京・神奈川・千葉・埼玉
大阪・兵庫・京都・奈良
※いずれも地方や田舎を除く
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
愛知・岐阜・三重・北海道・宮城
広島・岡山
※いずれも地方や田舎を除く
株式上場
グループ
大手ソニーグループ
※東証プライム上場
大手三井不動産グループ
※東証プライム上場
免許番号国土交通大臣(1)第9297号国土交通大臣(14)第777号、他
設立2014年1969年
おすすめ
ポイント

・高値売却につながるNo1実績
・サービスの先進性No1実績
・知人に紹介したいNo1実績 ※1
・業界最高水準AIの客観的査定
・売却専門エージェントが担当
・満足度93.2%!納得の対応力
・自宅からWeb上で売却相談可

・36年上位!売買仲介取扱件数
・累計100万件超の取扱実績
・満足度96%!安心の売却対応
・約65%が2ヶ月以内に成約
・経験豊富なスタッフの査定
・売却後も安心の360°サポート
公式
サイト
※2023年2月1日時点の公式情報です。
※1.調査方法:インターネットリサーチ/調査会社:GMOリサーチ(株)/期間:2021.12.24~27

大手ソニーグループの『SRE不動産』は、100%売主第一を徹底する売却専門エージェントが、自社顧客だけでなく他社顧客も含めて広範囲に、より高く・より早く売却できる買主を探し出してくれます。

他社の売却活動と比較しても高額売却への対応力がピカイチです。

次に、大手三井不動産グループの『三井のリハウス』は、全国売買仲介取扱件数が36年連続トップクラスで他社を圧倒。

約65%の依頼者を2ヶ月以内に成約させる売却力も高評判です。

レオ教授レオ教授

SRE不動産・三井のリハウスなら
安心して任せられるじゃろう!


以上、築6年・築7年一戸建ての売却を検討中のあなたへ「プロ17年厳選の無料一括査定サイト」を紹介しました。

築6年・築7年一戸建ての売却相場を知る+売却する際の注意点[4つ]

改めて、築6年・築7年一戸建ての売却相場は、不動産会社「3社以上」の査定額の「範囲」で判断すれば正確にわかります。

さらに踏み込んで、築6年・築7年の一戸建ての売却相場を知る+売却する際の注意点は以下の4つです。

注意点1.
査定額の根拠を必ず確認する

『査定額の根拠を必ず確認する』は、築6年・築7年の一戸建ての売却相場を知る+売却する際の注意点です。

根拠の乏しい査定額では、売却相場にズレが生じるからです。

また、わざと高い査定額を出して売却依頼を獲得しようとする会社もゼロではありません。

そのため、各社の査定額の根拠は必ず確認しましょう。

レオ教授レオ教授

根拠が不充分と感じた会社の査定額は計算から除外じゃ!

注意点2.
個別査定ではなく一括査定を利用する

『個別査定ではなく一括査定を利用する』は築6年・築7年の一戸建ての売却相場を知る+売却する際の注意点です。

1社1社探して依頼する個別査定では、手間と時間がかかるからです。

また、個別査定は一般的に来店が必要ですが、一括査定では来店不要で査定結果を受け取れます。

効率よく売却相場を知るためにも、迷わず一括査定を使いましょう。

注意点3.
不具合は売却前にできるだけ修繕する

『不具合は売却前にできるだけ修繕する』は、築6年・築7年の一戸建てを売却する際の注意点です。

築6年や築7年の一戸建てを購入する買主は、リフォームの必要がないことを前提に検討している人がほとんどだからです。

レオ教授レオ教授

さらに、不具合を理由に値引き交渉する買主も多いからの~

特にキッチン・風呂・トイレ・洗面など水回りの細かな不具合、部屋の壁紙・障子(しょうじ)・襖(ふすま)・網戸の破れなどがあれば、売却前にできるだけ修繕しておきましょう。

不具合は告知義務がありますが、不具合が無くなれば告知する必要もなく、内覧時にマイナスな印象を与えることもないので安心です。

注意点4.
引き継ぎ可能な保証内容をまとめる

『引き継ぎ可能な保証内容をまとめる』は、築6年・築7年の一戸建てを売却する際の注意点です。

保証があれば買主の安心材料になり、売りやすくなるからです。

特に構造、雨漏り、シロアリなど建物主要部分の保証はまとめておきましょう。

レオ教授レオ教授

売却しても保証が引き継ぎ可能かどうか要確認じゃ!


以上、築6年・築7年一戸建ての売却相場を知る+売却する際の注意点を解説しました。

まとめ

今回の不動産とーくは『築6年・築7年一戸建ての売却相場は?新築時からいくら下がる?』と題して、下記の項目を解説しました。

レオ教授レオ教授

お役に立てたかの~?

他の築年数の記事はこちら

以上『築6年・築7年一戸建ての売却相場は?新築時からいくら下がる?』でした。