三階建て狭小住宅に後悔の罠…知るべきメリット&デメリット全12選

「後悔しない?三階建ての狭小住宅なんだけど?」
「三階建て狭小住宅のメリットとデメリットって何?」

一生に1回のマイホーム購入に失敗…。
住み始めてから後悔…なんて絶対イヤですよね。

物件探しをしていると、人気の市街地や駅近はなんせ土地の価格が高い(汗)

「予算を考えると三階建てになるなぁ」
「小さい土地の狭小住宅しか買えないなぁ」

など経済的な理由により、選択肢が自然と三階建ての狭小住宅になる人も多いのではないでしょうか。

ただし、「家=二階建て」の価値観が多いためか、なぜか三階建ては下に見られがち。

そんな三階建ての狭小住宅を購入し、後悔している人は多いのでしょうか?
実際の住み心地はどうなんでしょうか?

ニシダ社長-不動産業界15年-ニシダ社長-不動産業界15年-

教授、「三階建て狭小住宅の購入は後悔する」なんて噂もありますが、どうなんでしょうね

レオ教授レオ教授

う~む、噂が一人歩きしとる気もするの~
今回の目次じゃ!

今回の不動産とーく『三階建て狭小住宅に後悔の罠…知るべきメリット&デメリット全12選』では、不動産業界15年の知識と経験にもとづき、高い信頼性を心掛けて解説していきます。

新築住宅に焦点を当てて話を進めていきますが、中古住宅を検討中の方にも充分参考になると思います。

三階建て狭小住宅を後悔せずに検討したいあなたは必見です!

狭小住宅とは?←狭い土地に建つ三階建ての家を指すことが多い

三階建て狭小住宅

狭小住宅とは、「狭い土地に建つ住宅」のことです。

一般的に、50㎡以下(15坪以下)の土地に建築された建売住宅または注文住宅を指し、3~4人のファミリー層に適した広さと設備を備えている建物が多いです。

また、狭小住宅は、暮らしに必要な床面積を確保するため、その多くが三階建て。
間口が狭く、奥行きが長い家が大多数です。

1階には駐車スペース、洗面や浴室などの水廻り、2階にはキッチンやリビングダイニング、3階には寝室や子供部屋といった間取りが広く普及しています。

最近では、デザイン性や品質の高い狭小住宅を提案するハウスメーカーや工務店も多いですね。

生徒:マチ生徒:マチ

私のいとこも三階建ての狭小住宅です
後悔せず快適に過ごしている気がしますが

レオ教授レオ教授

うむ、早速メリット・デメリットを見ていこうかの~

買うと後悔?三階建て狭小住宅のメリット・デメリット[全12選]

三階建て狭小住宅のメリット・デメリット

三階建て狭小住宅のメリット・デメリットを解説していきます。

「あ~…もう少し広い家を買えばよかった…」
「は~失敗…マンションの方がよかった…」

購入後にこんな後悔が多いですからね。

ただ一方、三階建ての狭小住宅に満足している人が多いことも事実。
メリット・デメリットの両面を把握した上で、あなた自身が後悔しそうかどうか判断してみましょう。

紹介するメリット・デメリットは、以下の計12こです。

メリットデメリット
  1. 人気な立地でも安く買える
  2. 維持費や税金が安い
  3. 部屋の掃除が楽
  4. 店舗or事務所付き住宅にしやすい
  5. 掘り込みガレージで雨に濡れない
  1. 上下の階段移動がつらい
  2. 隣家と距離が近い
  3. 外壁や窓のメンテナンスが大変
  4. 生活動線が悪い
  5. 収納スペースが少ない
  6. 1階の日当たりが特に悪い
  7. 地震の横揺れに弱い

二階建てとの比較ではなく、「三階建て狭小住宅」単体としてのメリット・デメリットです。

二階建てor三階建ての比較になると、物件によって特徴が様々。
どのパターンに絞るか困難なため、今回はご容赦ください。

ではまず、ネガティブな意見に注目して、三階建て狭小住宅のデメリットから見ていきます。

※この記事での「三階建て狭小住宅」は、土地30〜50㎡(9〜15坪)に建てられた新築住宅を想定しています。

三階建て狭小住宅のデメリット[7選]

三階建て狭小住宅のデメリットは以下の7つ。

  1. 上下の階段移動がつらい
  2. 隣家と距離が近い
  3. 外壁や窓のメンテナンスが大変
  4. 生活動線が悪い
  5. 収納スペースが少ない
  6. 1階の日当たりが特に悪い
  7. 地震の横揺れに弱い

失敗や後悔を未然に防ぐために、デメリットはしっかり確認しておきましょう。

1.上下の階段移動がつらい

階段の上り下り

三階建て狭小住宅は、
『上下の階段移動がつらい』ことがデメリットです。

狭小とわず、第一にあがる三階建てのデメリットですね。

例えば、洗濯です。
濡れて重い洗濯物を、1階から3階のバルコニーまで持って上がる毎日。

本当につらく後悔する主婦の方は多いです。

レオ教授レオ教授

さらに階段が急な場合も多い
ちゃんとチェックしておくことじゃ!

あと、将来高齢になった時は、階段移動が足腰にこたえ、3階はあまり使わなくなります。

2.隣家と距離が近い

建物同士の距離が近い

三階建て狭小住宅は、
『隣家と距離が近い』ことがデメリットです。

狭小住宅は、比較的小さな土地が密集した住宅地域に建てられることが多いです。
猫一匹さえ入れない隙間の家も少なくありません。

すでに建っている家は仕方ありませんが、これから建築予定の新築住宅なら、窓の位置などに配慮が必要でしょう。

風通しを考えて設置した窓も結局は一年中閉めたまま、こんな後悔の声もよく聞きますからね。

レオ教授レオ教授

窓から互いの外壁やバルコニーに手が届く家も多いんじゃ

生徒:マチ生徒:マチ

…防犯やプライバシーはあったもんじゃないですね

また、案外気付きにくい障害と言えば、エアコン室外機の置き場所。
部屋数だけの台数を置くなら、スペースの確保が困難な場合があります。

レオ教授レオ教授

隣家の窓付近に置くしかない場合も多く、トラブルになり後悔しかねんぞ

3.外壁や窓のメンテナンスが大変

狭小住宅の修繕工事

三階建て狭小住宅は、
『外壁や窓のメンテナンスが大変』なことがデメリット。

特に両サイドの隣家との間隔が狭く、充分な工事ができないからです。

何とか人ひとり入る隙間があれば、1階部分の外壁や窓はメンテナンスができるでしょう。

ただし、現実は足場が立つ余裕もないことが多く、三階建ての2階3階部分は諦めるしかないことが大半です。

将来に渡り外壁と窓のメンテナンスができないのは、建物にとって致命的ですね。

レオ教授レオ教授

外壁のひび割れ、窓枠の劣化部分から、雨漏りがよく起こるからの~

生徒:ケイスケ生徒:ケイスケ

修繕できなければ、その雨漏りは放っておくしかないわけですね(汗)

三階建て狭小住宅の購入を検討する際は、隣家との間隔に注意すること。
そして、将来ちゃんとメンテナンスや修繕工事ができるのか、事前の確認をおこたると後悔します。

4.生活動線が悪い

室内の生活動線
三階建て狭小住宅は、
『生活動線が悪い』ことがデメリットです。

例えば、狭小住宅によくある2階LDKの三階建ての場合。
3階の部屋には、2階のLDKを横断しないと上がれない間取りがほとんどだからです。

子供の友達が遊びに来る度、リビングダイニングを通っていくことを想像してみて下さい。

生徒:マチ生徒:マチ

…う~ん

もし抵抗があると感じた方は、三階建て狭小住宅を買うと後悔する可能性大です。

間取りに充分注意し、実際の生活までイメージして、購入を検討することをおすすめします。

5.収納スペースが少ない

収納が少ない洋室

三階建て狭小住宅は、
『収納スペースが少ない』ことがデメリットです。

土地が狭いと建物も小さくなりますからね。
一般的に、部屋の帖数が優先されることから、クローゼットや物入れが少なくなります。

これから新築を建てる場合は、階段下はもちろん、活用できるスペースには収納を作ることを心掛けましょう。

収納の少ない家は本当に困ります。
部屋の広さを多少犠牲にしても、収納を設ける工夫は必要でしょうね。

レオ教授レオ教授

ひと部屋が収納でつぶれてしまったなんて後悔も聞くからの~

6.1階の日当たりが特に悪い

日当たりが悪い1階の部屋

三階建て狭小住宅は、
『1階の日当たりが特に悪い』ことがデメリットです。

周りが土地ギリギリまで隣家に囲まれることが多いからです。
部屋の採光不足は、湿気やカビの原因にもなるため、日頃から定期的な換気も必要になるでしょう。

仮に広い家なら、1階から2階にかけて吹き抜けを作り光を取り込めますが、狭小住宅ではそうはいきません。

レオ教授レオ教授

1階は、暗くても問題ない寝室にする人が多いの~

そして、狭小住宅では2階と3階も例外ではありません。
隣家の高さなどによって、各部屋にある一部の窓からの日当たりが期待できないからです。

購入して後悔しないために、周囲の建物の状況や、日当たりの期待できる窓がどちらの方角にあるのかなど、確認しておきたいですね。

7.地震の横揺れに弱い

地震警告アラーム

三階建て狭小住宅は、
『地震の横揺れに弱い』ことがデメリットです。

間口が狭く、奥行きが長い、つまり狭小住宅は「細長い構造」だからです。

耐震性能については可能限り専門家に確認しておきたいですね。


以上、三階建て狭小住宅のデメリットを解説してきました。

スポンサーリンク


続いて、メリットを見ていきましょう。

三階建て狭小住宅のメリット[5選]

三階建て狭小住宅のメリットは以下の5つです。

  1. 人気な立地でも安く買える
  2. 維持費や税金が安い
  3. 部屋の掃除が楽
  4. 店舗or事務所付き住宅にしやすい
  5. 掘り込みガレージで雨に濡れない

1.人気な立地でも安く買える

都市部

三階建て狭小住宅は、
『人気な立地でも安く買える』ことがメリットです。

狭い土地を有効活用するため、土地の購入価格を抑えられるからです。

レオ教授レオ教授

これが最大のメリットじゃろうな

駅や繁華街の近くなど生活利便の良い人気立地は、想像の通り地価が高いです。

例えば、坪単価80万円の立地で、土地「30坪」の二階建て、土地「18坪」の三階建てを購入するとします。

土地の価格は以下の通りです。

  • 30坪×80万円=2,400万円
  • 18坪×80万円=1,440万円
生徒:ケイスケ生徒:ケイスケ

土地だけで1,000万近くも差が出るわけですか

もちろん上記にプラス建物費用です。
三階建ての方が建築費用が高いとは言え、総額で見ればだいぶ安く購入可能になります。

不動産はやはり立地。
人気な立地に比較的安く住みたい人は、三階建ての狭小住宅が1つの選択肢でしょうね。

2.維持費や税金が安い

三階建て狭小住宅は、
『維持費や税金が安い』ことがメリットです。

土地面積、建物面積ともに小さいからです。

レオ教授レオ教授

税金とは主に「固定資産税・都市計画税」のことじゃ

生徒:マチ生徒:マチ

毎年、土地と建物にかかる税金ですね

そして、一戸建ての維持費は甘く見ると後悔します。

  • 外壁
  • 屋根

など、将来必須の修繕箇所はコストも高いですからね。

狭小住宅で建物面積が小さければ、その分修繕箇所が減るため、維持費が安くなるメリットがあります。

レオ教授レオ教授

デメリット欄であげたが、隣家との間隔がなくメンテナンス困難な箇所がないかは要チェックじゃ!

3.家の掃除が楽

部屋の掃除
三階建て狭小住宅は、
『家の掃除が楽』なことがメリットです。

部屋が広く廊下が長いと、掃除する箇所も増えますからね。
土地については、狭くて庭がない分、雑草に悩まされず済みそうです。

毎日家事が大変な主婦の方にとって、掃除を短縮できる時間的なメリットは大きいですね。

4.店舗or事務所付き住宅にしやすい

三階建て狭小住宅は、
『店舗or事務所付き住宅にしやすい』ことがメリットです。

1階に「店舗または事務所」、2階3階に「住まい」を独立して設けられるからです。

また、店舗や事務所となると、ある程度市街地に構える必要があります。

三階建て狭小住宅なら、メリット1の通り「人気な立地でも安く買える」ことからコスト面でも適しています。

5.掘り込みガレージで雨に濡れない

三階建て狭小住宅は、
『掘り込みガレージで雨に濡れない』ことがメリットです。

敷地の有効活用にもなることから、多くの三階建て狭小住宅は掘り込みガレージです。

うまく奥行きが取れれば、シャッター付きのビルドインガレージも作れます。

土地が小さい狭小住宅の場合、車体半分が掘り込み部分に入り切りませんが、雨天時はメリットです。

後部座席やトランクからの荷物を、雨に濡れずおろすことができますからね。

また、広さに余裕があれば、自転車置き場や収納スペースとしても使用ができて便利です。


以上、あなたが購入時に失敗や後悔をしないために、三階建て狭小住宅のメリット・デメリットを見てきました。

メリットデメリット
  1. 人気な立地でも安く買える
  2. 維持費や税金が安い
  3. 部屋の掃除が楽
  4. 店舗or事務所付き住宅にしやすい
  5. 掘り込みガレージで雨に濡れない
  1. 上下の階段移動がつらい
  2. 隣家と距離が近い
  3. 外壁や窓のメンテナンスが大変
  4. 生活動線が悪い
  5. 収納スペースが少ない
  6. 1階の日当たりが特に悪い
  7. 地震の横揺れに弱い
レオ教授レオ教授

メリット・デメリットをよく照らし合わせるんじゃぞ

生徒:マチ生徒:マチ

「人気な立地でも安く買える」のメリットは捨てがたいです~

生徒:ケイスケ生徒:ケイスケ

自分にとってメリットの方が高いなら「買い」ですね

【注文住宅で建てる方へ】

「買って後悔…」、この失敗を防ぐにはやはり比較が重要です。
マイホーム購入に後悔する人の8割は、1社しか見ていませんからね。

理想のマイホームは、複数のハウスメーカーや工務店を比較して初めて実現することが大半。
まずは手軽にカタログ請求するところからスタートしてみて下さい^^

\探し始めでもOK/
カタログを一括請求する
>>持ち家計画<<

では、三階建ての狭小住宅にどんな特徴があれば、より住み心地がいいのでしょうか?
続けて解説していきます。

失敗を防ごう!三階建て狭小住宅で後悔しないポイント[6選]

三階建て狭小住宅を購入する上で、後悔せず「快適に住む」ためのポイントは以下の6つです。

全て該当する狭小住宅を選ぶという意味ではなく、

「1つでも多く該当すれば、より快適になる」

こんな視点で確認してみて下さい。

レオ教授レオ教授

これから新築を建てる人は、設計時の工夫として参考にしてくれい!

1.2階にLDKがある

三階建て狭小住宅では、
『2階にLDK(リビング・ダイニング・キッチン)』の方が後悔しません。

  • 日当たりが良い
  • 広さが確保しやすい

2点が主な理由です。

生徒:ケイスケ生徒:ケイスケ

浴室や洗面所など水回りが2階なら、1階でも広くなりませんか?

レオ教授レオ教授

水漏れの危険があるからの~
あまりおすすめできん

あと例えば、1階に夫婦の寝室、2階にLDK、3階に子供部屋の間取り。
中間の2階に広いLDKがあることで、家族が集まりやすくなります。

レオ教授レオ教授

仮に、3階から1階リビングへの行き来はどうじゃ?

生徒:マチ生徒:マチ

少し面倒かも
ごはんの時ぐらいになりそうです

また、1階LDKでは3階にいる子供の気配すら感じませんからね。
住んだ後に家族の距離を感じて、後悔する人も多いです。

2.廊下が少なく無駄がない

三階建て狭小住宅では、
『廊下が少なく無駄がない』ことが後悔しないポイントです。

廊下が多い間取りは、その分部屋と収納の広さが削られているからです。

レオ教授レオ教授

廊下が多いことにメリットはないからの~

ただでさえ小さい狭小住宅。
無駄に長い廊下は住んで気づきます。

設計段階で工夫できていない家には、不満と後悔が残ります。

3.デッドスペースを有効活用している

階段下の収納

三階建て狭小住宅では、
『デッドスペースを有効活用している』ことがポイントです。

住むとわかりますが、狭小住宅はどんな小さな収納でも、あって損はありません。

部屋の広さを優先することが多いため、各部屋の収納に充分な大きさがないからです。

代表的なデッドスペースが階段下です。
この階段下に収納があると、掃除機、買い置きの箱ティッシュやトイレットペーパーなど結構重宝しますからね。

4.中庭がある

三階建て狭小住宅では、
『中庭がある』とポイントが高いです。

中庭があれば、狭小住宅のデメリットである日当たりの悪さが幾分解消されるからです。

レオ教授レオ教授

土地の面積と奥行きに余裕がある狭小住宅に限られるじゃろうな

中庭は家の中央付近に作り、上から見ると建物が「コ」の字になるイメージです。

レオ教授レオ教授

中庭の広さは1坪ほどじゃ

狭小住宅に中庭があるだけで、住み心地がグッと良くなります。

窓が増えるため、家の中を明るく、風通しを良くし、効果的です。

また、植物や花があれば季節を感じるメリットもありおしゃれです。

生徒:マチ生徒:マチ

クリスマスツリーなんかあれば素敵ですね♪

5.2階+3階にバルコニーがある

三階建て狭小住宅では、
『2階+3階にバルコニー』があると後悔しません。

一般的に設計される3階バルコニー1箇所では、洗濯が大変だからです。

前半であげた「上下の階段移動がつらい」三階建てのデメリット。
2階にもバルコニーがあれば、濡れて重い洗濯物を運ぶ毎日がだいぶ楽になるでしょう。

布団を干すときも便利です。

  • 1階にある夫婦の布団は2階のバルコニーへ
  • 3階にある子供の布団は3階のバルコニーへ

こんな使い分けもできます。

6.地下室がある

地下室のある家

三階建て狭小住宅では、
『地下室がある』と家の広さに余裕ができて嬉しいですね。

これから新築を建てる人向けのポイントです。
一般的な建売の狭小住宅にはあまり見ないので、注文住宅でいちから設計する場合は一度検討してみて下さい。

住宅の場合、地下室の設計においては容積率の緩和も受けられますからね。

生徒:マチ生徒:マチ

地下室なんてワクワクしますね!


以上、三階建て狭小住宅を購入する上で、後悔せず「快適に住む」ためのポイントを解説しました。

三階建て狭小住宅でも、細部にこだわって検討すれば後悔は少ないです。

家族で意見を出し合い、じっくり検討する時間も、マイホーム購入に後悔しないためにはとても重要です。

レオ教授レオ教授

絶対に焦って購入はせんことじゃ!

では最後です。
実際に三階建て狭小住宅に住む経験者の方へ、住み心地はどうか、後悔はないかなど聞いてみました。

住み心地は?後悔は?三階建て狭小住宅に住む経験者に聞いた

三階建て狭小住宅の体験談

三階建て狭小住宅を購入して実際に住む人の体験談を紹介します。
質問への回答は以下の4つです。

  • 三階建て狭小住宅の住み心地は?
  • 購入して後悔していることは?
  • 購入して良かったことは?
  • 三階建て狭小住宅を検討する方へアドバイス

あなたが購入を検討するにあたり、とても参考になると思います。
経験者の方と同じ後悔をしないためにも要チェックです。

[体験談]三階建て狭小住宅はどう?

遠山 篤さん(39歳/大阪府)
30代男性①

三階建て狭小住宅の住み心地は?
周りの家よりも高さがあって開放的です。
購入して後悔していることは?
生活してみると、階段が多く上り下りが大変で疲れます。
購入して良かったことは?
各部屋ごとに使用目的を分けられる点です。
三階建て狭小住宅を検討する方へ
注文で建てるなら、特に夫婦の行動を考えて設計した方がいいです。
頻繁に3階に行く生活は疲れるためです。
天野 由香さん(38歳/神奈川県)
30代女性①

三階建て狭小住宅の住み心地は?
満足しています。
購入して後悔していることは?
元々マンション暮らしだったため、小さな子供が階段を上り下りする度に心配でした。
購入して良かったことは?
近所は二階建てが多く、3階からの見晴らしが良いです。
夜空がとても綺麗に見えます。
三階建て狭小住宅を検討する方へ
子育て期間は、水回りの距離ができるだけ近い方が色々楽になります。
森田 裕司さん(45歳/兵庫県)
40代男性①

三階建て狭小住宅の住み心地は?
小さいながらも部屋数があって住みやすいです。
購入して後悔していることは?
大きいor重たい荷物を3階まで持って上がるのはしんどいです。
購入して良かったことは?
子供2人それぞれに部屋を作ることができました。
三階建て狭小住宅を検討する方へ
家自体は広くはないので、将来の家族計画をちゃんと検討して買うことをおすすめします。
鈴木 悠馬さん(33歳/群馬県)
30代男性②

三階建て狭小住宅の住み心地は?
可もなく不可もなく、今のところ満足してます。
購入して後悔していることは?
各部屋、手狭感はありますね。
あと、駐車場に車をとめると自転車が置きづらいです。
購入して良かったことは?
小さいながらも立地は良く、無理のない価格で買えたことです。
三階建て狭小住宅を検討する方へ
車をとめて、バイク・自転車が、家族分すべて止まるかを事前にチェックしておくべきです。
舞島 奈緒美さん(41歳/大阪府)
40代女性①

三階建て狭小住宅の住み心地は?
快適とまで言えませんが、日当たりも良く住み心地はいいです。
購入して後悔していることは?
実際に生活すると、階段の上り下りが大変、各部屋の収納が少ない、2点後悔してます。
購入して良かったことは?
2階のリビングが南向きで明るく気持ちがいいことです。
三階建て狭小住宅を検討する方へ
間取りに希望を言えるなら、収納はできるだけ増やした方がいいです。
住むと色々物が増えて困ると思います。(特に子供の物)
※プライバシー保護のため経験者名は仮名です。
【注文住宅で建てる方へ】

「買って後悔…」、この失敗を防ぐにはやはり比較が重要です。
マイホーム購入に後悔する人の8割は、1社しか見ていませんからね。

理想のマイホームは、複数のハウスメーカーや工務店を比較して初めて実現することが大半。
まずは手軽にカタログ請求するところからスタートしてみて下さい^^

\探し始めでもOK/
カタログを一括請求する
>>持ち家計画<<

まとめ

今回の不動産とーくは『三階建て狭小住宅に後悔の罠…知るべきメリット&デメリット全12選』と題して、下記の項目を解説しました。

本記事で解説したこと

  • 狭小住宅とは?←狭い土地に建つ三階建ての家を指すことが多い
  • 買うと後悔?三階建て狭小住宅のメリット・デメリット[全12選]
  • 失敗を防ごう!三階建て狭小住宅で後悔しないポイント[6選]
  • 住み心地は?後悔は?三階建て狭小住宅に住む経験者に聞いた
レオ教授レオ教授

今回のテーマはどうじゃったかの~?

生徒:ケイスケ生徒:ケイスケ

いや~いつもながら勉強になりました

生徒:マチ生徒:マチ

三階建て狭小住宅もしっかり条件を検討すれば、後悔しない理想の住まいになりそうですね

「三階建ての狭小住宅って後悔しない?」
「狭小住宅にはどんなメリット&デメリットがある?」

こんな疑問をもつ方に、役に立つ情報を解説してきました。

小さな土地の有効活用から、今後も狭小住宅の需要は増加していくと思われます。

結局のところ、三階建て狭小住宅はおすすめできるのでしょうか?

結論を言うと、

  • 将来の家族計画(子供の人数)
  • 老後に階段の多い生活

2点をどう考えておくかです。

レオ教授レオ教授

ここは人それぞれじゃ
夫婦でじっくり話し合っておくんじゃぞ

「人気な立地でも安く買える」ことが特に大きなメリットですが、利便性が良くても、家族の多い窮屈な生活では息がつまります。

そして、老後の足腰への負担を考えると、いずれ3階に上がらなくなります。

レオ教授レオ教授

将来売却も考えて物件探しをしておくと、万一の場合に後悔がないかもしれんぞ

物件がまだ更地の場合は、同仕様のモデルハウスを見学し、その土地に建つ家の完成後を充分にイメージしましょう。
三階建ては二階建てより建築コストが高いので、全体で必要な費用も事前に要チェックです。

現在、建築中or完成済の場合は、内覧時に家具の配置までイメージして、実際の生活を想像することが大切です。

では、三階建て狭小住宅のメリット・デメリットを充分理解して失敗を防ぎ、購入後に後悔のないライフスタイルに合った理想のマイホームを選んでいただければ幸いです。

以上、『三階建て狭小住宅に後悔の罠…知るべきメリット&デメリット全12選』でした。

▽ よく一緒に読まれる記事 ▽
▽ よく一緒に読まれる記事 ▽
▽ よく一緒に読まれる記事 ▽
スポンサーリンク


生徒:ケイスケ生徒:ケイスケ

読んでみて解決のヒントになりましたか?

生徒:マチ生徒:マチ

いい記事だったと思ったら、多くの友達に教えていただけるとうれしいです!

ニシダ社長-不動産業界15年-ニシダ社長-不動産業界15年-

またお会いできることを楽しみにしています!