老後に家を売ってはいけない?最後まで自宅を売ってはいけない人の特徴4つ
「老後に家を売ってはいけないって本当?」

雑誌やネットの記事を読んでいると、老後は最後まで自宅を売ってはいけないと言われることがよくあります。

とはいえ、実際は老後に家を売却する人も多く、例えば下記の理由があげられます。

  • まとまった老後資金がほしい
  • 夫婦2人の小さな家に買い替えたい
  • バリアフリー住宅で暮らしたい

などです。

とはいえ、周囲の情報に流されて、家の売却に後悔する人が多いことも事実なので注意が必要です。

この記事では、不動産業界17年のプロが『老後に家を売ってはいけない?最後まで自宅を売ってはいけない人の特徴4つ』と題して徹底解説します。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界17年。相談件数2,800件超・査定件数2,000件超。不動産コンサルティング事業を行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。≫詳しいプロフィール
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

老後に最後まで自宅の家を売ってはいけない人の特徴[4つ]

老後に最後まで自宅の家を売ってはいけない人の特徴は下記4つです。

レオ教授レオ教授

1つでも当てはまる人は、
慎重に考えた方がいいじゃろう

売ってはいけない特徴1.
まとまった売却益が出ない

『まとまった売却益が出ない』は、老後に最後まで自宅の家を売ってはいけない人の特徴の1つです。

多額のお金が必要になる老後なのに、金銭的なメリットが少ない売却は逆にデメリットになるからです。

レオ教授レオ教授

老後は生活費だけでなく予期せぬ医療費がかかりがちじゃ

そのため、売却の基準は、家を売ることでまとまったお金が手に入り、転居先で経済的に安心した老後を迎えるられることと考えます。

売ってはいけない特徴2.
パートナーや子供が反対している

『パートナーや子供が反対している』は、老後に最後まで自宅の家を売ってはいけない人の特徴の1つです。

反対を押し切って売却しても、結果的に後悔する人が多いからです。

レオ教授レオ教授

これは言うまでもないの~

家族を優先するか、お金を優先するかなど、意見が交わらない場合も多い老後の選択ですが、家の売却は身内全員が納得した上で進めるべきでしょう。

ケイスケ

皆の意見にちゃんと耳を傾ける姿勢も大事ですね

売ってはいけない特徴3.
転居先で近所付き合いに自信がない

『転居先で近所付き合いに自信がない』は、老後に最後まで自宅の家を売ってはいけない人の特徴の1つです。

近所付き合いにストレスを感じ、転居先で孤立してしまうからです。

新たな環境で老後生活を始めることは、一見前向きなイメージを持つ人も多いですが、今までの町内環境や人間関係を捨てることにもなります。

老後生活では、家そのものより生活環境を重視すべき。

そのため、近所付き合いに自信がない場合はよほどの事情がない限り、家を売ってはいけないと考えます。

よく一緒に読まれる人気記事

売ってはいけない特徴4.
新たに住宅ローンを組んで買い替える

『新たに住宅ローンを組んで買い替える』は、老後に最後まで自宅の家を売ってはいけない人の特徴の1つです。

せっかくの老後生活が住居費に追われて後悔するからです。

各銀行の住宅ローン借入可能な年齢を見ると、65歳や70歳でも申込みOKな場合も多いので、つい小額ならと借りてしまいがちですが、おすすめできません。

レオ教授レオ教授

ローンと言えばまだ聞こえはいいが、借金じゃからの~

また、住宅ローンを組まない場合でも、今の家の売却代金を全額買い替え資金に使うこともおすすめできません。

売ってはいけない特徴「1.まとまった売却益が出ない」で解説した通り、老後には住居費以外の生活費や医療費が多額にかかるからです。


以上、老後に最後まで自宅の家を売ってはいけない人の特徴を解説しました。

まとめ:老後に家を売るなら査定額を知って判断しよう

今回の不動産とーくは『老後に家を売ってはいけない?最後まで自宅を売ってはいけない人の特徴4つ』と題して解説しました。

裏を返せば、売ってはいけない特徴と逆の人は老後に家を売っても大丈夫と言えます。

老後に家を売ってもいい人の特徴

  1. まとまった売却益が出る
  2. パートナーや子供が賛成している
  3. 転居先で近所付き合いに自信がある
  4. 新たに住宅ローンを組まない(家を購入しても充分な現金が残る)

もちろん、子供夫婦や親族と同居する場合も売却して問題ないでしょう。

もし老後に家の売却を考えたいなら?

もし老後に売却を考えたいなら、まずは家がいくらで売れるかを知り、あなたにとって売却が有効な選択肢かどうか判断してみて下さい。

今は、家がいくらで売れるか簡単に査定依頼できるサイトがあって、とても便利です。

レオ教授レオ教授

おすすめは下記3サイトじゃ!
どれも1~2分で依頼できるぞ!

横にスクロールできます→→
スーモ売却すまいValueHOME4U
スーモ売却公式サイトすまいValue公式サイトHOME4U公式サイト
ランク
査定地域日本全国東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫
京都・滋賀・奈良・愛知・三重・広島
岡山・福岡・北海道-札幌・宮城-仙台
※いずれも地方や田舎を除く
日本全国
登録社数 約2,000店舗 約900店舗 ※大手6社合計 約2,100店舗
運営開始 2009年~ 2016年~ 2001年~
おすすめ
ポイント

・約2,000店舗!信頼の会社充実
・各社の売却実績数を見て依頼OK
・500万以上も差が出る事例多数
・芸能人CMも多く人気知名度◎
・当メディアからの査定件数No1

・最大手6社比較はこのサイトのみ
・高い知名度の最大手同士で比較
・40万件突破!充実した査定件数
・売却力!年間12万件以上も成約

・約2,100店舗!納得の会社揃い
・運営20年超!日本初一括査定
・50万件突破!豊富な査定件数
安心
ポイント

・審査通過の大手+地元会社のみ
・91%の高い利用満足度で安心
・大企業リクルート運営で信頼◎

・不動産業界の最大手6社直営
・大手6社限定の査定で信頼性◎
・利用者96.3%が安心感を回答

・審査通過の大手+地元会社のみ
・97.5%の高い利用満足度で◎
・常にパトロールで悪徳会社排除
※2023年2月1日時点の公式情報です。
査定後に売却するorしないは自由です

各不動産会社で300~500万円の差はごく普通に出るので、複数社それも「3社以上」を目安に査定結果を取り寄せれば、正確な売却相場と高く売れる見込みがわかります。

信頼性の高い不動産会社のみ集めた査定サイトが少ない中、これら3サイトなら安心しておすすめできます。(もちろん無料です

  • スーモ売却HOME4U
    審査に通過した主要大手+地元に強い会社だけに査定依頼できる
  • すまいValue
    安心感の高い不動産業界最大手6社に限定して査定依頼できる

査定に出しても必ず売る必要はないので、まずは家がいくらで売れるかを知り、あなたにとって売却が有効な選択肢かどうか判断することが大切。

その上で、老後に家を売ってはいけないかどうか判断してみて下さい。

もしサイト選びに迷ったら?

もしサイト選びに迷ったら、最も知名度が高く人気のスーモ売却」、または売却力が高い大手6社限定のすまいValue」がおすすめです。(すまいValueは対応地域に注意)

地方や田舎で周辺に不動産会社が少ない地域の場合は、地方立地に強いと評判のHOME4U(ホームフォーユー)」で依頼先を探してみましょう。

レオ教授レオ教授

おおよそ1~3日後には結果が揃うぞ!

くれぐれも老後に家を売るなら、何を優先すべきか慎重に話し合うべきです。

家族や身内と充分に相談しながら、あなたの老後生活がより安心したものになるように選択してみて下さい。

よく一緒に読まれる人気記事

以上『老後に家を売ってはいけない?最後まで自宅を売ってはいけない人の特徴4つ』でした。