【2021年版】不動産一括査定おすすめ12サイトを業界16年プロが徹底比較!

不動産一括査定サイトとは、複数の不動産会社へ一度に査定依頼して比較できるインターネット上のサービスです。

査定結果を比較して実際におすすめの会社が見つかれば、直接相談して正式に売却活動の依頼までできる優れたサービスです。

この記事では、業界16年のプロが「おすすめの不動産一括査定サイト」を徹底比較しています。

ニシダ代表ニシダ代表

不動産一括査定サイトは簡単に依頼できる反面、ちゃんと仕組みを知っておきたいですね

レオ教授レオ教授

理解して使えば、本当におすすめできるサービスじゃからの~

今回の不動産とーく『【2021年版】不動産一括査定おすすめ12サイトを業界16年プロが徹底比較!』では、延べ2,000件以上の査定実績をもつ筆者が深く解説していきます。

この記事を読めば、不動産一括査定に関連する知識を隅から隅まで学べるはずです。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界歴16年。相談件数2,800件超・査定件数2,000件超。不動産コンサルティング事業を行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。≫詳しいプロフィール
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

300人の評判!不動産一括査定サイトは本当におすすめ?

不動産一括査定サイトを使った300人にアンケート
不動産一括査定サイトを使って、ちゃんと信頼できる不動産会社は見つかるのでしょうか?

そもそも一括査定の利用自体、本当におすすめできるものでしょうか?

そこで、過去に不動産一括査定サイトを使った300人に、以下の質問をしてアンケートを取りました。

質問①
「不動産一括査定サイトで信頼できる会社は見つかりましたか?」

アンケート結果①

  • 見つかった:223人(74.3%)
  • 見つからなかった:77人(25.7%)
※調査対象:300人・調査日:2021.9.5~9.10・調査方法:インターネット調査

結果「74%」の人が「見つかった」と回答。

さらに、見つかったと答えた223人に対して以下の質問をしました。

質問②
「これから売却する友人や知り合いがいたら、不動産一括査定をおすすめしたいですか?」

アンケート結果②

  • おすすめしたい:196人(87.9%)
  • おすすめできない:27人(12.1%)
※調査対象:223人・調査日:2021.9.5~9.10・調査方法:インターネット調査

結果「87%」の人が「おすすめしたい」と回答しました。

リョウヘイリョウヘイ

利用した大半の人が手ごたえを感じているようですね

レオ教授レオ教授

利用は無料じゃから、試してみる価値は充分あるの~

では続いて、不動産一括査定サイトのおすすめの選び方を解説します。
比較ポイントをチェックしてみて下さい。

どこを比較?不動産一括査定サイトの選び方[4つ]

不動産一括査定サイトの選び方
不動産一括査定サイトはどこを比較して選べばいいのでしょうか?
おすすめの選び方は以下の4つです。

上記どれか1つではなく、選び方を併用して比較すると失敗のリスクを下げることができます。

選び方1.登録社数を比較して選ぶ

『登録社数を比較して選ぶ』は、不動産一括査定サイトの選び方の1つです。

不動産一括査定サイトの「規模」を表す比較ポイントになります。

まず、登録社数が多いことは「不動産会社にも評判の高い一括査定サイト」と考えられるためおすすめできます。

サイトによっては、2,000や3,000の登録社数をアピールしていることがありますが、あくまで全国の総数です。
あなたがこの総数から比較する訳ではないので、そこは理解しておきましょう。

ただ一方、登録会社が少数であっても、実力派の会社揃いの不動産一括査定サイトもあります。

レオ教授レオ教授

依頼が不特定多数の会社に分散せんように、あえて少数にしているサイトもあるんじゃ!

登録会社が少数の場合は「具体的にどんな不動産会社に依頼できるのか?」を公式サイトで必ずチェックすることをおすすめします。

レオ教授レオ教授

他サイトでは依頼できない優良企業が名をつらねている場合があるぞ!

選び方2.運営年数を比較して選ぶ

『運営年数を比較して選ぶ』は、不動産一括査定サイトの選び方の1つです。

不動産一括査定サイトの「実績」を表す比較ポイントになります。

不動産一括査定サイトの運営を長く続けるにあたっては、利用者と不動産会社の両者の評判が不可欠。
どちらか一方でも欠けると、多数ある一括査定サイトの中で見向きもされなくなります。

よって、長年運営する実績あるサイトは両者の評判が高いと考えておすすめできます。

レオ教授レオ教授

5年以上あればOKじゃろう!

選び方3.運営会社を比較して選ぶ

『運営会社で選ぶ』は、不動産一括査定サイトの選び方の1つです。

不動産一括査定サイトの「信頼度」を表す比較ポイントになります。

サイトの見た目やキャッチコピーなどに惑わされることなく、「どんな会社が運営しているのか?」を冷静に比較することをおすすめします。

カエデカエデ

昨日今日できた運営会社では信頼性に欠けるわね

選び方4.利用者数を比較して選ばない

『利用者数を比較して選ばない』は、不動産一括査定サイトの選び方の注意点になります。

リョウヘイリョウヘイ

多い方がいい気がしますけど?

利用者数には「サイト閲覧のみの利用者数」「運営会社のサービス全体の累計利用者数」なども含まれている場合もあり、定義があいまいだからです。

レオ教授レオ教授

「利用者」の定義が各サイトで統一されてないわけじゃ

本来比較すべきは「実際の査定件数」ですが、これらの数を掲載しているのは「すまいValue」の他見当たりません。

ただ単に「利用者◯◯◯万人」「サービス利用者◯◯◯万人」と書かれている場合は、参考程度にして比較しなくていいでしょう。


以上、不動産一括査定のサイト比較で失敗しないために、おすすめの選び方を解説しました。

ニシダ代表ニシダ代表

では、おすすめの不動産一括査定サイトを紹介します!

おすすめはどれ?不動産一括査定12サイトを徹底比較!

おすすめの不動産一括査定サイトを比較
数ある不動産一括査定サイトを調査し、おすすめを下記12こに絞って徹底比較していきます。

おすすめサイト一覧表
サイト名 公式サイト おすすめ度 登録社数 依頼可能数 査定エリア 査定費用 運営開始
SUUMO売却 公式サイト 約2,000店舗 最大10社 日本全国 無料 2009年~
すまいValue 公式サイト 大手6社
(約900店舗)
最大6社 日本全国 無料 2016年~
リビンマッチ 公式サイト 約1,700社 最大6社 日本全国 無料 2006年~
LIFULL HOME’S 公式サイト 3,200社以上
※スマホページ異なる
最大6社 日本全国 無料 2008年~
イエウール 公式サイト 1,900社以上 最大6社 日本全国 無料 2014年~
イエイ 公式サイト 1,700社以上 最大6社 日本全国 無料 2007年~
RE-Guide 公式サイト 800社以上 最大10社 日本全国 無料 2006年~
マンションナビ 公式サイト 約2,500店舗 最大9社
(売買6+賃貸3)
日本全国 無料 2011年~
いえカツLIFE 公式サイト 約500社 最大6社 東京・神奈川
埼玉・千葉
無料 2012年~
マイスミEX 公式サイト 17社 最大6社 日本全国 無料 2015年~
タウンライフ不動産売買 公式サイト 300社以上 地域による 日本全国 無料 2014年~

不動産一括査定サイトは、調べれば15サイトも20サイトも出てきます。
パッと見るだけでは、どのサイトが自分に合っているのか理解のしようがありません。

各一括査定サイトの特徴やメリットデメリットをチェックして、ぜひサイト選びに役立てて下さい。

レオ教授レオ教授

口コミも含めて参考にしてくれい!

※個人情報保護により口コミ者は仮名

おすすめ2.『SUUMO売却(スーモ売却)』業界最大手!リクルート運営の不動産一括査定サイト

SUUMO(スーモ)売却査定
おすすめ度:5.0

査定エリア 日本全国(47都道府県)
登録社数 約2,000店舗
依頼可能数 最大10社
査定可能な不動産 マンション・一戸建て・土地
査定費用 無料
運営会社 株式会社リクルート
運営開始 2009年~

『SUUMO売却(スーモ売却)』は、主要大手から地元会社まで全国約2,000店舗から依頼できるおすすめの不動産一括査定サイトです。

SUUMOは日本最大級の住宅情報サイトの1つで、運営会社はゼクシィ・リクナビ・タウンワーク・じゃらんなどの有名サービスを展開するリクルート。

カエデカエデ

名前を聞くだけで安心感を感じるわね

査定エリアにおいて、各社の売却実績数も比較できる点は特におすすめしたいポイントです。

メリット

  • 約2,000店舗の提携数は業界最大級
  • 株式会社リクルートが運営
  • 査定エリアでの売却実績数がわかる
  • 91%の利用者満足度 ※運営会社調べ
  • 83.5%が安心取引できたと回答 ※運営会社調べ

デメリット

  • 提携数は多いが一部の主要大手不動産会社と未提携
  • マンション・一戸建て・土地以外は選択不可

SUUMO売却の良かった点(利用者63名回答)

アンケート結果:SUUMO売却の良かった点

SUUMO売却の利用者63名にアンケートを取った結果、特に「査定可能な会社の多さ」「査定結果提示の早さ」「査定金額の満足度」の評判が良いようです。

リョウヘイリョウヘイ

とはいえ、全体的にバランスが取れていますね

口コミ

金森 剛志さん(46歳/東京都)
査定額より営業マンの誠実さが決め手になりました。
4社に依頼しましたが、査定額が高い会社が一番良いとは限らないと思います。
佐野 友樹さん(39歳/兵庫県)
担当者の話を聞いていると、細かく調べられた査定で、熱心に取り組んでくれたことがよく伝わりました。
↓公式サイトはこちら↓
-全国対応・24時間受付-
よく一緒に読まれる人気記事

おすすめ3.『すまいValue』不動産業界でトップクラスの大手6社に依頼できる一括査定サイト

おすすめ度:5.0

査定エリア 日本全国(47都道府県)
登録社数 大手6社(約900店舗)
依頼可能数 最大6社
査定可能な不動産 マンション・一戸建て・土地・マンション一棟・ビル一棟・アパート一棟・その他
査定費用 無料
運営会社 住友不動産販売(株)三井不動産リアルティ(株)東急リバブル(株)野村不動産ソリューションズ(株)三菱地所ハウスネット(株)小田急不動産(株)
運営開始 2016年~

『すまいValue』は、不動産売却市場でトップクラスの大手6社に依頼できる不動産一括査定サイト。
信頼性の高い大手6社に限定しているからこそ、いつでも心強いサービスとサポートを期待できます。

そして、注目すべきは依頼できる各社の「知名度」です。

  • 東急リバブル
  • 野村の仲介+
  • 小田急不動産
  • 三井のリハウス
  • 住友不動産販売
  • 三菱地所ハウスネット
レオ教授レオ教授

どの会社を見ても「任せて安心!」と評判の顔ぶれじゃ!

カエデカエデ

テレビCMでもよく見るわね

『すまいValue』なら、上記6社を競合させて比較できます。
その結果、あなたにとってより安心感のある大手不動産会社を見つけて依頼できるため、使わない理由が見当たりません。

いい意味で何とも贅沢な不動産一括査定サイトです。

メリット

  • 不動産業界をリードする大手6社に依頼できる
  • 大手6社に依頼可能はすまいValueのみ
  • 累計40万件の豊富な査定実績 ※2020.7時点
  • 安心・安全に取引できた割合96.7% ※運営会社調べ
  • 売却時期が未決定でも依頼可能

デメリット

  • 大手6社以外は依頼不可
  • 地方には店舗がない場合も多い

口コミ

菅波 勇作さん(37歳/東京都)
友人が実際に大手不動産会社で売却して満足していたので、私も大手に絞りました。
対応も丁寧で安心してお願いできました。
佐々木 信也さん(51歳/広島県)
3社に査定依頼した結果、3社とも捨てがたく本当に悩みました。
依頼先は営業マンの第一印象で決めました。
林 明日香さん(43歳/兵庫県)
駅から遠い家で苦戦する覚悟でした。
親身に対応してくれる良い不動産会社に巡り合えて良かったです。
↓公式サイトはこちら↓
-全国対応-

おすすめ4.『リビンマッチ』約15年の長い実績+上場企業が運営する不動産一括査定サイト

リビンマッチ不動産一括査定
おすすめ度:4.5

査定エリア 日本全国(47都道府県)
登録社数 約1,700社
依頼可能数 最大6社
査定可能な不動産 分譲マンション・一戸建て・土地・一棟アパート・一棟マンション・投資マンション(1R/1K)・一棟ビル・区分所有ビル(1室)・店舗・工場・倉庫・農地・その他
査定費用 無料
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社(東証マザーズ上場)
運営開始 2006年~

『リビンマッチ』は、2006年から約15年の長い運営実績を誇る不動産一括査定サイトです。

大手から地元会社まで全国約1,700社の不動産会社と提携し、都市部だけでなく地方や田舎などのエリアもカバーしています。

レオ教授レオ教授

提携は運営会社と第三者機関の審査を通過した不動産会社だけに絞っておる!

リョウヘイリョウヘイ

安心感をもって利用したい人におすすめですね

運営会社リビン・テクノロジーズは、不動産一括査定の他に、土地活用や注文住宅、賃貸経営などの関連サービスも展開しており、不動産業界を多角的に見つめる企業。

東証マザーズにも上場しており信頼性も高く、堅実に利用できる一括査定サービスとしておすすめできます。

メリット

  • 約1,700社の不動産会社と提携 ※2021.8時点
  • Pマーク取得で個人情報保護を徹底
  • 雑誌や新聞などに掲載実績あり
  • 賃貸した場合の賃料も知れる

デメリット

  • 提携数は多いが一部の主要大手不動産会社と未提携

口コミ

前島 成俊さん(45歳/京都府)
3社の査定で、その内の1社が積極的な値段でした。
根拠もしっかりしていたので売却まで依頼し、多少下回ったものの良い値段で売れました。
江坂 明子さん(40歳/埼玉県)
価格に少々妥協しましたが、希望に近い値段で売ってくれて感謝です。
↓公式サイトはこちら↓
-全国対応-

おすすめ5.『LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)』日本最大級の知名度をもつ企業の不動産一括査定

ライフルホームズ不動産一括査定サイト
おすすめ度:4.5

査定エリア 日本全国(47都道府県)
登録社数 3,200社以上 ※スマホページ異なる
依頼可能数 最大6社
査定可能な不動産 一戸建て・土地・マンション・投資用区分マンションor一棟マンション・アパート・倉庫・工場
査定費用 無料
運営会社 株式会社LIFULL
運営開始 2008年~

『LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)』は、業界トップクラスの登録社数を誇る不動産一括査定サイト。

ホームズの名前はテレビCMで見ることも多く、知らない人は少ないかもしれませんね。

ライフルホームズでは、依頼者が不動産会社をしっかりと比較できるように、各社の特徴や意気込みなどの情報を豊富に掲載。
より多くの不動産会社の中から選んで比較したい人におすすめです。

レオ教授レオ教授

登録社数が多いのに、1社1社の特徴が見やすいサイトじゃ!

リョウヘイリョウヘイ

利用者に寄りそった工夫は嬉しいですね!

メリット

  • 3,200社以上の登録社数は業界トップクラス
  • 東証一部上場企業が運営する安心感
  • 依頼前に各社の特徴を確認できる
  • 地方や田舎でも依頼可能なことが多い
  • ISMS取得で情報セキュリティを徹底

デメリット

  • 提携数は多いが一部の主要大手不動産会社と未提携
  • 最多提携数は対応の悪い会社に当たるリスクもある

口コミ

高田 隆司さん(30歳/大阪府)
売却自体するかどうか迷っていたので「適当な扱いをされるのでは?」と不安でしたが、最後までとても親切に対応してくれました。
近藤 大助さん(38歳/福岡県)
各不動産会社の特徴がわかりやすかったです。
他の一括査定では、会社の名称だけで比較しにくいサイトもありました。
山岡 哲也さん(46歳/沖縄県)
運よく安心できる会社にご縁をいただき、スムーズに売却できました。
良い口コミは信用しない性格ですが、評判通り依頼してよかったです。
↓公式サイトはこちら↓
-全国対応-

おすすめ6.『イエウール』利用者多数!大人気サイトの不動産一括査定

イエウール不動産一括査定サイト

※引用:イエウール公式サイト

おすすめ度:4.5

査定エリア 日本全国(47都道府県)
登録社数 1,900社以上
依頼可能数 最大6社
査定可能な不動産 分譲マンション・一戸建て・土地・一棟アパートorマンション・区分マンション(収益)・一棟ビル・区分所有ビル(一室)・店舗・工場・倉庫・農地・その他
査定費用 無料
運営会社 株式会社Speee
運営開始 2014年~

『イエウール』は、2014年のサービス開始からシェアをぐんぐんのばしている不動産一括査定サイト。

今では累計1,000万人に利用・閲覧されるサイトに成長し、「一括査定ならイエウールでしょ!」と言う人も多いです。

レオ教授レオ教授

地元や地域密着の不動産会社と多数提携している印象じゃ!

結果、「他サイトでは見つからなかった会社に依頼できた!」なんて声もよく耳にします。

イエウールでは、独自の厳しい基準をクリアした優良な不動産会社に絞っています。

さらに、クレームの多い会社を運営側から提携解除できるシステムも採用しているため、トラブルを避けたい人にはおすすめと言えるでしょう。

また、不動産査定の固い印象をなくした、親しみやすい会話形式の依頼画面もおもしろいです。

レオ教授レオ教授

スキマ時間に手っ取り早く依頼したい人にもおすすめじゃ!

メリット

  • 全国1,900社以上の不動産会社が提携
  • 歴は短いがシェア拡大がすごい
  • クレームの多い会社は積極的に提携解除
  • 親しみやすい会話形式の依頼画面

デメリット

  • 提携数は多いが一部の主要大手不動産会社と未提携

口コミ

久保 泰子さん(37歳/大分県)
3社に依頼して、査定結果のメールが2日ほどで出そろいました。
早い対応に感謝です。
荒井 雄介さん(34歳/千葉県)
しつこい営業電話をしてくる面倒な不動産会社も無く、安心して進められました。
↓公式サイトはこちら↓
-全国対応-

おすすめ7.『イエイ不動産一括査定』お断り連絡も代行するサポート体制がピカイチ!

イエイ不動産一括査定

おすすめ度:4.0

査定エリア 日本全国(47都道府県)
登録社数 1,700社以上
依頼可能数 最大6社
査定可能な不動産 分譲マンション・一戸建て・土地・ビル一室・マンション一棟・アパート一棟・ビル一棟・工場・倉庫・店舗・事務所・農地・畑・田んぼ・山林・その他
査定費用 無料
運営会社 セカイエ株式会社
運営開始 2007年~

『イエイ』は、「依頼した後こそユーザーに寄り添うべき」、そう強く感じさせてくれる不動産一括査定サイト。
サポート体制は業界屈指の手厚さです。

  • 「なんでも相談」で不動産売却の疑問や悩み解消
  • 「お断り連絡代行」で査定後に断りづらい悩み解消
  • 「査定後のフォロー」で進め方の疑問解消

中立的な立場からのサポートは、特に初めての人に心強くおすすめです。

レオ教授レオ教授

もちろん専門知識をもったスタッフのサポートじゃ!

イエイでは「イエローカード制度」により、クレームが多い&評判の悪い不動産会社は徹底排除。
優良な登録会社だけに日々ブラッシュアップしています。

また、しつこい営業電話への対策として、お断り連絡の代行はうれしいサービスです。

メリット

  • 初心者に嬉しい業界屈指のサポート体制
  • お断り連絡も代行してくれる
  • 24時間&年中無休のサポートデスク
  • イエローカード制度で悪徳企業を排除

デメリット

  • 提携数は多いが一部の主要大手不動産会社と未提携

口コミ

田中 真彦さん(37歳/茨城県)
決め手はサポート体制でしたね。
どんな不動産会社がいるかわからないので。
長谷川 由美さん(41歳/福岡県)
希望していた価格より高く売れたのは嬉しい誤算。
熱心で良い営業マンに出会うことができました。
↓公式サイトはこちら↓
-無料・全国対応-

おすすめ8.『RE-Guide(リガイド)』運営16年目の安心感!老舗不動産一括査定サイト

RE-Guide不動産一括査定
おすすめ度:4.0

査定エリア 日本全国(47都道府県)
登録社数 800社以上
依頼可能数 最大10社
査定可能な不動産 マンション・一戸建て・土地・アパート一棟・マンション一棟・事務所一棟or一室・店舗ビル一棟or一室・その他
査定費用 無料
運営会社 株式会社ウェイブダッシュ
運営開始 2006年~

『RE-Guide(リガイド)』は、運営16年目をむかえた老舗の不動産一括査定サイトです。

独自審査を通過した会社のみ800社以上が参加。
最大10社に査定依頼可能で、幅広く比較したい人におすすめです。

公式サイトでは、実際にRE-Guide(リガイド)を通して売却した人の評判を豊富にチェック可能。

査定額と実際の売却額も掲載もあって、具体的なイメージがしやすいです。

メリット

  • 運営16年目の不動産一括査定サイト
  • 独自審査を通過した会社のみが参加
  • 最大10社に一括査定できる
  • 利用者の評判を豊富に確認できる

デメリット

  • 他サイトに比べて登録社数が少ない
  • 地域により依頼会社数が少ないor無い場合あり

口コミ

金森 夏美さん(47歳・千葉県)
査定金額通りに売却できました。
スムーズに買い替えできて満足しています。
真柴 大樹さん(39歳・山口県)
地域によるせいか、対応可能な不動産会社が2社と少なかったです。
ただ、内の1社が親身な対応で安心できました。
↓公式サイトはこちら↓
-無料・全国対応-
よく一緒に読まれる人気記事

おすすめ9.『マンションナビ』マンション売却専門の不動産一括査定サイト

マンションナビ
おすすめ度:4.0

査定エリア 日本全国(47都道府県)
登録社数 約2,500店舗
依頼可能数 最大9社(売買6社+賃貸3社)
査定可能な不動産 マンション全般
査定費用 無料
運営会社 マンションリサーチ株式会社
運営開始 2011年~

『マンションナビ』は、マンション売却に特化した不動産一括査定サイト。

中古マンションの売却に力を入れる不動産会社が、全国2,500店舗も集まっています。

マンション売却を検討しているなら、一度はチェックすべき不動産一括査定サイトの1つでしょう。

あなたのマンションを賃貸にした場合の賃料査定もできるので、「売るか?貸すか?」を迷っている人にもおすすめです。

メリット

  • マンション売却に強い不動産会社を探せる
  • 各種メディア掲載も多数
  • いくらで貸せるか同時に査定可能

デメリット

  • マンション査定以外は対応していない
  • 提携数は多いが一部の主要大手不動産会社と未提携

口コミ

坂口 剛さん(37歳・富山県)
一括査定の依頼を完了した後の連絡が早く、スピーディーに査定額を知ることができました。
町田 優太さん(41歳・和歌山県)
他の一括査定サイトも迷ってましたが、マンション売却専門が決め手になりました。
2ヶ月ほどで売却できました。
↓公式サイトはこちら↓
-全国対応-

おすすめ10.『いえカツLIFE』訳アリ物件でも対応可能な不動産一括査定サイト

いえカツLIFE

おすすめ度:4.0

査定エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
登録社数 約500社
依頼可能数 最大6社
査定可能な不動産 分譲マンション・一戸建て・土地・一棟マンション・一棟アパート・投資マンション(1R/1K)・再建築不可物件・借地権・底地・その他
査定費用 無料
運営会社 株式会社サムライ・アドウェイズ
運営開始 2012年~

『いえカツLIFE』は、共有持分や借地権、金銭的な事情を抱えるなど、訳アリ物件でも対応可能な不動産一括査定サイトです。

  • 相続
  • 離婚
  • 金銭問題
  • 共有持分
  • 借地権
  • 底地
  • 再建築不可

など、査定可能な不動産は多岐にわたります。

レオ教授レオ教授

不動産一括査定の中でも希少性のあるサイトじゃな!

また、一度で「仲介・買取・リースバック」3つの売却査定が可能。
1つの不動産売却を3つの視点で比較しながら、あなたにとってメリットの高い方法を選択して進めることができます。

もちろん何の問題も抱えていない一般的な不動産の査定もOKです。

メリット

  • 訳アリ物件でも対応可能
  • 弁護士にも相談できる
  • 仲介・買取・リースバック査定が一度にできる

デメリット

  • 他サイトに比べて登録社数が少ない
  • 地域により依頼会社数が少ないor無い場合あり
↓公式サイトはこちら↓

※対応地域は「東京・神奈川・埼玉・千葉」のみになります。

おすすめ11.『マイスミEX』情報保護を徹底した上場企業運営の不動産一括査定

マイスミEX不動産一括査定

おすすめ度:3.0

査定エリア 日本全国(47都道府県)
登録社数 17社
依頼可能数 最大6社
査定可能な不動産 戸建て、マンション、ビル、店舗・倉庫、土地、他
査定費用 無料
運営会社 株式会社じげん
運営開始 2015年~

『マイスミEX』は、プライバシーマークを取得した上場企業が運営する不動産一括査定サイトです。

依頼時の個人情報や物件情報は第三者に知られると困ります。
そこで、情報の取扱い基準を満たした不動産一括査定サイトなら安心して進められます。

ただし、不動産売却に自信がある会社揃いのサイトではありますが、全国対応とはいえ各社所在地が東京・神奈川・大阪に集中しています。

それ以外の地域で地元密着感のある売却活動を依頼したい人、多くの会社の中から選んで依頼したい人には不向きです。

よって、他サイトと併用して、二次的にチェックするサイトとしての利用がおすすめと言えるでしょう。

メリット

  • プライバシーマーク取得企業が運営
  • 東証一部上場企業が運営する安心感

デメリット

  • 他サイトに比べて大幅に登録社数が少ない

口コミ

的場 明人さん(43歳/大阪府)
営業マンがテキパキ動いてくれて、家の売却を不安なく任せられた。
斎藤 勇馬さん(47歳/東京都)
査定依頼できる不動産会社が少なかったが、結果的に評判の良い会社にお願いできた。
↓公式サイトはこちら↓
-全国対応-

おすすめ12.『タウンライフ不動産売買』ネットが初めてでも簡単依頼できる不動産一括査定サイト

タウンライフ不動産売買の一括査定

おすすめ度:3.5

査定エリア 日本全国(47都道府県)
登録社数 300社以上
依頼可能数 地域による
査定可能な不動産 一戸建て、土地、マンション、他
査定費用 無料
運営会社 タウンライフ株式会社
運営開始 2014年~

『タウンライフ不動産売買』は、依頼時の入力項目が少なく、ネットやスマホでの操作が不慣れな人でも簡単に依頼できる不動産一括査定サイトです。

レオ教授レオ教授

査定結果は、メール・郵送・FAXから好きな方法を選べるぞ!

登録社数は300社ほどですので、地域によっては依頼社数が少ない、あるいは依頼できない場合もあります。

そのため、メインの不動産一括査定サイトに加えて、取りこぼしがないかチェックするサブのサイトとしての利用がおすすめです。

メリット

  • 入力項目が少なく簡単に依頼できる
  • 不動産売却の悩みをメール相談できる

デメリット

  • 他サイトに比べて登録社数が少ない
  • 地域により依頼会社数が少ないor無い場合あり

口コミ

田中 幸也さん(49歳/千葉県)
遠方にある実家の売却でどこに依頼するか迷っていたのですが、ネットから簡単に探せてよかった。
金子 由紀さん(37歳/大阪府)
古い家だったのでリフォームをしなければ売れないと思っていましたが、現状で売却してくれた。
↓公式サイトはこちら↓
-無料・全国対応-

以上、業界16年のプロがおすすめする「不動産一括査定サイト」を徹底比較の上で紹介しました。

レオ教授レオ教授

あなたはどのサイトから依頼したいかの~?

リョウヘイリョウヘイ

早速公式サイトを見ました!
どの一括査定サイトも違った強みがありますね

カエデカエデ

ほんとね!
不動産一括査定サイトはどこも同じだと思ってた

レオ教授レオ教授

比較してあなたに合うサイトから依頼してみてくれい!

応用:不動産一括査定は複数サイトの組み合わせがおすすめ!

不動産一括査定サイトの組み合わせ
不動産一括査定は複数サイトを組み合わせることで、あなたの町で依頼できる優良な不動産会社を取りこぼすことなく、幅広くカバーできます。

組み合わせをおすすめする理由は、不動産一括査定サイトそれぞれ依頼できる会社が異なるからです。

レオ教授レオ教授

不動産一括査定サイトの組み合わせは応用テクニックじゃ!
余裕がある人にはぜひおすすめしたいの~

「すまいValue」を軸に「+他1~2サイト」がおすすめ

複数の不動産一括査定サイトを組み合わせる時は、「すまいValue」を軸にして、「他1~2サイト」をプラスする方法がおすすめの1つです。

「すまいValue」を軸にする理由は、全国レベルで知名度の高い大手不動産会社6社(三井のリハウス・東急リバブル・住友不動産販売・野村の仲介+・三菱地所ハウスネット・小田急不動産)には、「すまいValue」からしか一括査定ができないからです。

例えば、

一戸建てや土地の売却なら
すまいValue」で大手2~3社程度に絞って依頼し、登録社数や査定実績の多い「SUUMO売却」、「LIFULL HOME’S」などで地元会社2~3社に査定依頼。(合計4~6社)
マンションの売却なら
すまいValue」で大手2~3社程度に絞って依頼し、マンション専門の一括査定「マンションナビ」で地元会社など2~3社に依頼。(合計4~6社)
投資用物件の売却なら
同じく「すまいValue」で大手2~3社程度に絞って依頼し、投資用物件の売却にも評判の「RE-Guide(リガイド)」で地元会社など2~3社に査定依頼。(合計4~6社)
レオ教授レオ教授

上記は一例じゃ!
売りたい不動産に合わせて、サイトを組み合わせるといいじゃろう!

地元不動産会社も比較に加えることが大事

一括査定の際は、必ず地元の不動産会社を含めて依頼し、しっかり比較に加えることをおすすめします。

「大手のみに任せば問題ない」と語る専門家もまれにいますが、この意見は完全に間違いです。

大手不動産会社は知名度や信頼性、広告力が高い一方で、地元会社には地域に根ざした知識や情報を活かした濃い売却活動を期待できるからです。

大手には大手の、地元には地元の良さが必ずあります。

レオ教授レオ教授

地元会社の強みは、大手にも引けを取らん!

よって、

  • 大手不動産会社→すまいValueで探す
  • 地元不動産会社→他1~2サイトで探す

このように一括査定サイトを組み合わせて利用すれば、あなたの町の不動産会社を幅広くカバーでき、比較の質も上がるでしょう。

地方や田舎の立地は複数サイトを横断して「計3社以上」に依頼する

一方で、市内中心部から離れた地方や田舎などの立地では、エリア外あるいは提携会社なしを理由に、一括査定の取り扱いができないサイトも多いです。

そもそも該当地域に不動産会社の数が少ないからです。

この場合は、まず複数の不動産一括査定サイトを横断して、依頼可能な不動産会社を探します。

各一括査定サイトで提携している不動産会社が異なるため、できるだけ多くのサイトで確認することをおすすめします。

レオ教授レオ教授

各サイトで依頼可能な会社を表示させるためには、情報入力の手間はあるがの~

リョウヘイリョウヘイ

それは仕方ありませんね

次に、依頼会社数が「計3社以上」になるように、査定依頼を分けて進めるといいでしょう。

仮に5サイト見た場合は、以下のように依頼するイメージです。

一括査定サイト 依頼会社数
Aサイト 1社
Bサイト 0社
Cサイト 1社
Dサイト 1社
Eサイト 0社

「計3社以上」にする理由は、比較の質を下げないためです。
1社では比較になりませんし、2社では比較対象が少なくて物足りなさを感じますからね。

カエデカエデ

複数サイトをまたいで、結果的に一括査定を成立させるわけね!

以上、地方や田舎などの立地で依頼できる会社数が少ない時は、複数の不動産一括査定サイトを横断して依頼するといいでしょう。

勘違い…不動産一括査定サイトの正しい利用目的とは?

不動産一括査定サイトをパソコンとスマホで見る
不動産一括査定サイトの正しい利用目的は、

  • 各社の査定結果を比較して適正な売却相場を知ること
  • 各社の対応などを比較して信頼できる売却依頼先を見つけること

以上2点です。

ちなみに、査定額を競わせて単に一番高い不動産会社に依頼すると売却に失敗します。

リョウヘイリョウヘイ

なぜですか?
競わせる目的で使う人は多いと思いますが?

その理由は、

  • 査定額は目安であり実際の売却価格とイコールではない
  • わざと高い査定額を出して依頼を獲得しようとする会社もある

以上からです。

よって、家の査定額を競わせることにあまり意味はありません。

レオ教授レオ教授

査定額どおりに家が売れなくても、不動産会社は何も保証してくれんからの~

適正な売却相場・信頼できる依頼先を見極める!

あくまで不動産一括査定サイトの正しい利用目的は、

  • 各社の査定結果を比較して適正な売却相場を知ること
  • 各社の対応などを比較して信頼できる売却依頼先を見つけること

これら2つです。

「適正な売却相場」と「信頼できる売却依頼先」をしっかり比較して見極めることが、不動産売却成功のカギです。

そして、この「比較」をこれほど効率的に時短して利用できるサービスは「不動産一括査定サイト以外にない」と思います。

不動産一括査定を使った人・使わなかった人の違い

仮に、不動産一括査定を「使った人or使わなかった人」を比較してみると、以下のような差が生まれます。

不動産一括査定を使ったAさん
不動産一括査定を使った人
一括査定サイトで3社ピックアップして入力内容を送信。
5分程度で依頼が完了した。
3日後には各社の査定結果が揃い、自分の家がいくらで売れるのか、複数の見解を比較できた。
親切な対応をしてくれたC社に自宅へ来てもらい、売却の具体的な相談をした。
不動産一括査定を使わなかったBさん
不動産一括査定を使わなかった人
ネット検索で何となく良さげな不動産会社を見つけて電話連絡。
査定するには来店が必要と言われたため、3日後に来店予約をして出向き、おおよその査定額を知る。
もう1社査定を依頼しようと思い、再度ネット検索して、良さげな不動産会社を探す。
レオ教授レオ教授

この2人のように、売却の入口で大きな差がつくわけじゃ

業界16年の経験から言うと、あなたの売却が成功するかどうかの8割は「不動産会社選び」で決まります。

裏を返せば、不動産会社選びに失敗するとスムーズに売却できず、「…いつになったら売れるの?」と長くストレスを抱えている人も少なくありません。

だからこそ、不動産会社選びの質を上げて、かつ効率化できる不動産一括査定サイトはやはり利用すべきです。

一括査定を依頼しても必ず売却する必要はない

不動産一括査定サイトを利用したからといって、必ずどこかに売却まで依頼する必要はありません。

比較した結果、

「査定額や条件に納得できない…」
「信頼できる不動産会社がない…」

などの場合は、不動産一括査定の結果のみ知って、サービスの利用を終了しても問題ありません。

カエデカエデ

それなら安心して利用できそうね

では続いて、不動産一括査定サイトで依頼してからどのように進むのか、その流れを解説していきます。

簡単4ステップ!不動産一括査定の流れ(依頼~結果まで)

不動産一括査定の流れ
不動産一括査定の流れは以下の4ステップです。

レオ教授レオ教授

あくまで一般的な流れじゃ!
サイトや不動産会社により異なる点は注意してくれい!

Step1.ネットで一括査定依頼(スマホ可)

不動産一括査定サイトの利用

あなたが比較して選んだ不動産一括査定サイトから依頼の申し込みをします。(スマホ可・24時間いつでも)

サイトにより項目は異なりますが、所在地・土地や建物面積・築年数の他、売却希望時期や売却理由などを入力。
同時に、名前・電話番号・メールアドレスなどあなたの情報も入力します。

レオ教授レオ教授

面積などはおおよその数値でも依頼できるが、調べて準備しておく方が良いじゃろう!

その後、査定可能なおすすめの不動産会社が表示されたら、選択して依頼は完了です。

レオ教授レオ教授

机上査定or訪問査定のどちらを希望するかは、念のためコメント欄に記載しておくといいじゃろう!

※地方や田舎の地域では、対応可能な不動産会社がない、あるいは少ない場合もあります。
その時は、複数の不動産一括査定サイトを使って対応可能な不動産会社を探してみてください。

Step2.各不動産会社の連絡を待つ

不動産会社から連絡待ち
一括査定サイトで選択した各不動産会社から電話やメールで確認の連絡があるはずです。
質問などあれば、この時に担当者へ聞いてみるといいでしょう。

机上査定を希望している場合、この連絡以降は「Step4.査定結果報告」を待つのみになります。

訪問査定を希望している場合は、ここで査定に来てもらう日時の調整です。

Step3.訪問査定

営業マンが査定に訪問
※机上査定の場合、この「Step3」は飛ばして下さい。

訪問査定では、不動産会社の営業マンが独自に気になる点を見て回ります。
あなたは家の中を案内したり、質問に答えるくらいで、特別何かをすることはありません。

リョウヘイリョウヘイ

少し緊張しますね(汗)

レオ教授レオ教授

まぁ、時間にして「30分~1時間」じゃ!

Step4.査定結果報告

不動産の査定結果
一括査定の結果は「数日~1週間程度」で出揃います。
電話・メール・郵送・訪問など、不動産会社によって査定結果の報告方法はさまざまです。

レオ教授レオ教授

中には、とても丁寧な査定書を作成する会社もあるぞ!

リョウヘイリョウヘイ

そこも比較ポイントですね!

このまま売却まで進める場合、

机上査定なら、結果が返ってきた不動産会社から好感をもてる2~3社に次は訪問査定を依頼します。

訪問査定なら、各不動産会社の営業マンに会って査定結果の説明を受けましょう。
この時に、各社の売却活動や広告活動の内容を確認して比較するといいでしょう。

くれぐれも査定額が一番高い会社に目を奪われてはいけません。

  • 査定額は目安であり実際の売却価格とイコールではない
  • わざと高い査定額を提示して依頼を獲得しようとする会社もある

以上2点の理由から注意が必要です。

最終的に売却の依頼先を決める際は、

  • 広告力・販売力
  • 知名度・実績
  • 営業マンの力量・熱意

などを冷静に比較して決定しましょう。

結果、あなたにとって信頼できる不動産会社と営業マンが見つかれば、不動産一括査定の目的達成です。


以上、不動産一括査定の流れについて解説しました。

カエデカエデ

想像していたよりステップが少ないのね♪

リョウヘイリョウヘイ

この流れなら気軽に依頼できそうですね!

レオ教授レオ教授

最後によくある質問に回答していくぞ!

不動産一括査定サイトのQ&A

不動産一括査定サイトのQ&A
不動産一括査定サイトでよくある質問をQ&A形式にまとめました。
サイトを利用する前に、気になる疑問をチェックしてみて下さい。

Q.一括査定を依頼したら必ず売らないとダメ?
売らなくても大丈夫です。

不動産査定はあくまでも査定結果を知って比較するためのきっかけです。
「査定=売却」ではありません。

ただ、不動産会社としては、もちろん売却依頼につなげたいわけです。
一括査定を経て売却依頼を獲得し、売れてはじめて報酬が得られるからです。

しかし、本来は「査定=売却」ではないので、気軽に一括査定を依頼して問題ありません。
「査定額を知ってから売却を考える」という心構えでOKです。

Q.不動産一括査定サイトで比較すれば高く売れる?
不動産一括査定サイトを使って比較したから高く売れるわけではありません。

不動産を高く売るためには、比較の結果、信頼できる不動産会社と営業マンを出会えるかどうかが重要だからです。

一括査定サイトを使っても信頼できる会社に出会えなければ、高く売ることは期待できないでしょう。

不動産一括査定サイトは、あくまで「不動産会社と営業マンの比較を効率化する」目的に利用します。

つまり、不動産一括査定サイトは単に高く売るためのサービスではなく、「高く売るために効率よく比較ができるサービス」になります。

レオ教授レオ教授

勘違いしてはいかんぞ!

Q.各不動産会社の査定額に差が出る理由は?
レオ教授レオ教授

理由は以下の通りじゃ

  • 地域や物件の得意or不得意
  • 参考にした過去の売却事例の違い
  • 担当者の相場観や査定経験

などが理由で差が出ます。

例えば、3社に依頼した場合は以下のように出そろいます。(金額は参考です)

不動産会社 査定額
A社 3,800万円
B社 2,900万円
C社 3,300万円

また、実際の売却依頼は、査定額を比較して一番高い不動産会社に決める人が多いことから、あえて高めに査定する会社もあるので注意が必要です。

レオ教授レオ教授

査定額そのものより「根拠」を聞くことが何より大事じゃ!

Q.「仲介と買取」2通りの一括査定はしてもらえるの?
2通りの査定結果も希望可能です。
仲介と買取の査定額を比較したい人は多いですからね。

買取の場合は、仲介価格の7割~8割前後になるのが一般的です。
不動産会社は買取後に再販売するからです。

リフォームや解体にかかる費用、必要経費、利益を想定するため査定額が下がります。
その分、時間をかけず即売却できるため、急いでいる人は検討の余地ありでしょう。

レオ教授レオ教授

時間を取るか価格を取るかじゃな!

Q.査定後に不動産会社や営業マンのどこを比較するの?
レオ教授レオ教授

簡単な比較表にするとわかりやすいかの~

【不動産会社】
おすすめできる おすすめできない
  • 広告活動に積極的
  • 主にネット広告
  • 地域での知名度が高い
  • 経験豊富な営業マンが多い
  • 交通アクセスの良い店舗
  • 綺麗な外観&内装の店舗
  • 広告活動に消極的(予算上)
  • 主に紙面広告(ネット知識にうとい)
  • 地域での知名度が低い
  • 経験の浅い営業マンが多い
  • 交通アクセスの悪い店舗
  • 汚い外観&内装の店舗
【営業マン】
おすすめできる おすすめできない
  • 5年以上の売却経験
  • 地域をよく知っている
  • 清潔感のある第一印象
  • 聞き上手
  • 熱心かつ誠実
  • 対応が早い
  • 笑顔が素敵
  • 新人または売却経験が浅い
  • 地域を知らない(転勤したばかり等)
  • 不潔な第一印象
  • 話が一方的
  • 事務的
  • 対応が遅い
  • 常に固い表情
カエデカエデ

右側の会社や営業マンから売れないニオイがする…

リョウヘイリョウヘイ

左側の会社や営業マンなら高く売ってくれそうですね!

もし比較が難しいと思ったら、「あなたが買主の立場でその不動産会社と営業マンから家を買いたいかどうか」を基準に考えるといいでしょう。

Q.不動産一括査定サイトの査定額は正確なの?
査定方法によります

まず、不動産査定で採用される方法は2種類。

査定方法

  1. 机上査定
  2. 訪問査定

各不動産会社がどちらの方法でおこなうか、またはあなたがどちらの方法を希望するかで、査定額の正確さは変わります。

結論を言うと、机上査定は「目安」、訪問査定は「正確」です。

それぞれ簡単に説明すると、

机上査定机上査定とは、立地、土地・建物の面積、築年数、駅までの距離、法規制など、机上で知りえる情報や地域の売却事例などをもとに算出するスピーディーな不動産査定のことを言います。
※基本的に物件を見に来ることはありません。
訪問査定訪問査定とは、机上査定時の情報に加え、実物の不動産と周辺環境を見て調査した内容(前道の幅員、間口、外観、内装、設備の性能や使用状況、日当たりや眺望、街並み、隣地の状況など)も含めた詳細な不動産査定のことを言います。

つまり、机上査定は根拠「不充分」、訪問査定は根拠「充分」なわけです。

おすすめの流れは「3~6社の机上査定結果を比較して、その中で信頼できそうな不動産会社1~2社に訪問査定を依頼する」とスムーズです。

レオ教授レオ教授

まずは机上査定で不動産会社をふるいにかけるわけじゃ!

仮に机上査定の結果、信頼できそうな不動産会社が1社も無ければそこで終了して問題ありません。

もちろん、最初から訪問査定を依頼することも可能です。

レオ教授レオ教授

依頼フォームに「机上査定or訪問査定」どちらを希望するか記載しておくといいじゃろう!

Q.査定額で売りに出さないといけない?
そんなことはありません。

査定額は、不動産会社が「これぐらいなら売れるだろう」と考えて提案する売却想定価格です。
必ずしも査定額で売りに出す必要はありません。

実際の売り出し価格は、不動産会社と相談をしながら、売主であるあなたが最終決定をします。
査定額より「高く売る・安く売る」のどちらでも問題はありません。

ただ、周辺相場から妥当なラインは不動産会社に判断してもらいましょう。

Q.査定額より高く売れることはあるの?
もちろんあります。

査定額はあくまでも売却想定価格です。
売却価格によりますが、100万円~500万円プラスで売れることも決して珍しいことではありません。

Q.不動産一括査定は匿名で依頼できないの?
一括査定サイトによりますが、まれに「匿名」可能なサイトも見かけます。

ただ、間違っても「匿名」で依頼しないことです。

各不動産会社は、売却につながる査定依頼を優先し、意思のうすい依頼を適当に処理する傾向があるからです。

匿名依頼した結果、

  • 参考にもならない査定額の提示
  • 連絡さえもらえない

こんなことも少なくありません。

Q.居住中でも不動産一括査定はできるの?
もちろん可能です。
むしろ、一括査定の依頼時は居住中が多いと思います。

居住中の不動産一括査定の場合、内装や設備の維持管理の程度によって、査定額が変わるケースもあります。
少しでも綺麗かつ広く見せることで、査定額がプラスになることも少なくありません。

補足ですが、売却活動も居住中のままで行なうのが通常のやり方です。
検討する買主が居住中の状態で内覧しますが、自宅の売却ではこのスタイルが主流ですね。

Q.遠方の空き家でも一括査定してもらえる?(実家など)
もちろん一括査定できます。
親から相続した実家や土地など、遠方の不動産を売りたい人は多いですからね。

大半の不動産一括査定サイトでは「机上査定」と「訪問査定」の2種類が用意されています。

机上査定であれば、あなたがわざわざ出向かなくても一括査定可能です。
ただ、あくまで周辺相場や過去の売却事例等に基づいた簡易査定なので、参考価格になる点は注意が必要です。

内覧の必要がない土地の査定なら、立会い無しで詳細な現地査定も可能です。
一方、間取りや内装の程度が査定に影響する一戸建ての場合は、できれば立会いに出向くことをおすすめします。
売却前提であればなおさらです。

まとめ:おすすめの不動産一括査定サイトで売却成功を!

おすすめ不動産一括査定サイト比較のまとめ
今回の不動産とーくは『【2021年版】不動産一括査定おすすめ12サイトを業界16年プロが徹底比較!』と題して、下記の項目を解説しました。

レオ教授レオ教授

お役に立てたかの~?

ここまで、おすすめの不動産一括査定サイトの比較を始め、幅広い疑問に詳しく解説してきました。

くれぐれも不動産一括査定サイトの正しい利用目的は、

  • 各社の査定結果を比較して適正な売却相場を知ること
  • 各社の対応などを比較して信頼できる依頼先を見つけること

あなたがどちらの目的であっても、不動産一括査定は効率化を図る有効な手段の1つとしておすすめです。

でも、もし「一括査定サイトってやっぱり信用できないな」と思ったら、無理にやらなくて大丈夫です。
あなたの大切な資産は、あなたが納得する方法で進めるのが一番ですからね。

本記事が、あなたの不動産売却を成功に導くきっかけになれば幸いです。

以上、『【2021年版】不動産一括査定おすすめ12サイトを業界16年プロが徹底比較!』でした。

リョウヘイリョウヘイ

今回の内容は期待に応えられましたか?

カエデカエデ

役に立ったと思ったら、たくさんの友達に教えていただけると嬉しいです!

ニシダ代表ニシダ代表

最後までありがとうございました!