家を手放すことになりました…悲しい・寂しい気持ちをどう乗り切る?
「家を手放すことになりました…」
「家を手放すって本当に悲しいな…」

購入当時なんとか頑張って手に入れ、長く暮らしてきた愛着のわいた自宅の家。

そんな大切な家を手放すことはとても悲しいことですよね。

この記事では、不動産業界18年のプロが『家を手放すことになりました…悲しい・寂しい気持ちをどう乗り切る?』と題して解説します。

実際の経験者の声や体験談も紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界18年。累計3,000人以上の売却・購入・住み替え等をサポート。不動産コンサルティングを行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。当ブログ累計PV116万超。記事数130超。 ≫運営者情報
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士
【無料査定】信頼の会社で高く売りたい人へ

SRE不動産

手放すのは悲しいですが、大切な家だからこそ納得の価格で高く売りたいと思いませんか?

2024年3月現在までの約18年間、私がプロとして数百の不動産会社と接した経験から、大手『SRE不動産(エスアールイー不動産)』が特におすすめです。

  • 高値売却につながるNo1
  • サービスの先進性No1
  • 知人に紹介したいNo1
  • 93.3%の高い顧客満足度
  • 大手ソニーグループで安心

実際に売るかは査定次第で決めればいいので、まずは「売却に強いと評判のSRE不動産でいくらで売れるのか?」を知ることから始めてみて下さい↓↓

【無料査定】高値売却につながるNo1/

SRE不動産 公式サイトを見る ≫

簡単約60秒で査定依頼できます
査定後に売る・売らないは自由

【対応地域】東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良(一部地域を除く)
※満足度:2024.1.1時点 ※各No1評価:調査会社 GMOリサーチ(株)/方法 インターネットリサーチ/期間 2021.12.24~27

家を手放す際、悲しい・寂しい気持ちを経験した人の具体的理由は?

家を手放す際、悲しい・寂しい気持ちを経験した人の具体的理由は?
あなたと同じく、購入した自宅の家を手放す際、悲しい気持ちや寂しい気持ちを抱えた人に、その具体的な理由を聞いてみました。

  • 思い出が詰まった家が、知らない他人のものになってしまうから
  • これまで過ごした人生の時間と決別するような気持ちになったから
  • 何十年分の家族との時間と思い出がたくさんあったから
  • この家で二度と同じ生活を送ることがないんだと考えてしまったから
  • はじめて母親になって長男を懸命に育てた家だったから
  • 心が落ち着く家にもう帰ることができない喪失感から
  • 離婚で手放すことになり、家を建てた時の夢や希望も全て無くなると実感したから

その他にも、

  • 購入した時の幸せな気持ちを思い出し、過去に戻りたいと思ったから
  • 事業が失敗し、借金の抵当として手放すことになったから
  • 可愛がっていたペットとの思い出がつまっている家だったから
  • 家中のいたるところに思い出があり、写真やビデオでは再現できないから
  • 子どもが壁につけた傷などを見て、懐かしい当時の事を思い出したから
  • 窓から景色がもう見られない寂しさと、親身な隣人との別れから
  • 結婚して苦労して初めて買った家で、愛犬もこの家で亡くなっていたから

家を手放す際の悲しいor寂しい気持ちは人それぞれですが、大切な思い出の場所を失う、そんな感覚になる人がやはり多いように思います。

自分の状況と重なって共感できる人も多いのではないでしょうか。

[体験談]家を手放すことになりました…悲しい気持ちをどう解消?

[体験談]家を手放すことになりました…悲しい気持ちをどう解消?
家を手放すことになりました…と、悲しい気持ちを抱えた人の「体験談」を紹介します。

経験者はどうやって悲しい気持ちや寂しい気持ちを解消したのでしょうか?

渡辺 明さん(37歳・東京都)
37歳男性/東京都

家を手放すことでなぜ悲しい気持ちに?
これまでの思い出が消えてなくなる気がした
悲しい気持ちをどう解消した?
長年住み続けた家でショックが大きかったけど、過去より未来を重要視することで払拭しました。
横山 良平さん(40歳・広島県)
40歳男性/広島県

家を手放すことでなぜ悲しい気持ちに?
たくさんの思い出ごと手放すような感覚になった
悲しい気持ちをどう解消した?
手放した家にあった思い出の物は今の家に飾り、使える家具などもそのまま利用したり、リメイクを加えて使うようにしました。
思い出を一緒に持ってきたような環境を作りました。
松岡 一郎さん(50歳・北海道)
50歳男性/北海道

家を手放すことでなぜ悲しい気持ちに?
家族の1人が病気で施設に入ることが手放すきっかけになったので
悲しい気持ちをどう解消した?
古い家を買い取ってリフォームして売ることが得意な業者に売却し、家自体は存続するようにしました。
次に住む家族の生活を支えることになるので、手放すことにも意義があると考えられるようになりました。
本田 菜々子さん(33歳・福岡県)
33歳女性/福岡県

家を手放すことでなぜ悲しい気持ちに?
良い思い出も悪い思い出も自分の人生の一部を失うようで
悲しい気持ちをどう解消した?
1番は時間が解決してくれたと思いますが、新居での生活や環境に夢中で、次第にそちらに気持ちが傾いていきました。
写真を見ながら懐かしい思い出を味わって、あえて悲しむ行為も私には良かったです。
新しい環境での友人や仲間との繋がりで、だんだん考える事も少なくなっていきました。
藤原 隆司さん(68歳・千葉県)
68歳男性/千葉県

家を手放すことでなぜ悲しい気持ちに?
結婚してやっと手に入れたマイホームでの思い出がなくなってしまう気がしました
悲しい気持ちをどう解消した?
前の家を離れる時、部屋ごとに心を込めて感謝の言葉を投げかけてお別れしました。
全ての部屋にありがとうと何遍も言って感謝したら、気持ちが楽になりました。
記念に一部屋ごとの写真を撮ってアルバムに入れ、時々見返しては明日へのエネルギーとしました。

以上、家を手放すことになりました…と、悲しい気持ちを抱えた人の「体験談」を紹介しました。

悲しい気持ちや寂しい気持ちの解消は人それぞれですが、誰もがうまく乗り切るための方法などはないのでしょうか。

家を手放す際の悲しい・寂しい気持ちをうまく乗り切る方法とは?

家を手放す際の悲しい・寂しい気持ちをうまく乗り切る方法とは?
家を手放す際の悲しい気持ちや寂しい気持ちをうまく乗り切るには、

できるだけ高く売って手放すこと
レオ教授レオ教授

あとあと、こう話す
経験者がやはり多いの~

悲しい気持ちはいずれ時間が解決してくれると思いますが、

「あの時に高く売れて本当に良かった」
「まとまったお金になって本当に助かった」

こう思えたなら、悲しい気持ちや寂しい気持ちは早く払拭できるはずです。

同時に、あなたが大切に住んだ家が高く売れることで、悲しい気持ちの中にも、少しだけ嬉しい気持ちが芽生えるかもしれません。

ですが反対に、もし安く売ることになれば、大切な家を安く手放したことに後悔して、悲しい気持ちはなかなか消えないように思います。

家を高く手放すための第一歩は?

家を高く手放すための第一歩
今の悲しい気持ちや寂しい気持ちを乗り切るために、家をできるだけ高く手放すには、

必ず「複数社」の査定額を「比較」すること
レオ教授レオ教授

まずはこれが第一歩じゃ!

各不動産会社で
300~500万円の差はごく普通に出る

例えば、3社へ同時に査定依頼すると、下記のような結果になることが多いです。

査定額
不動産会社A 3,340万円
不動産会社B 3,770万円
不動産会社C 3,590万円
マチ③

こんなに差が出たんだ!?

レオ教授レオ教授

この程度の差は
ごく普通じゃ!

もしあなたが1社しか査定せず、その1社が運悪く最安値の会社だったらどうなるでしょう?

もっと高く売れる可能性に気付かず売却し、あとで「…安く売るハメになった」と後悔すると思います。

[アンケート]高く手放すために
250人中223人は複数社を比較していた

参考に「何社へ査定依頼しましたか?」と売却経験者250人に聞いたところ、

アンケート結果:売却査定依頼した不動産会社数
調査:250人・2022.11.3~11.10・Webアンケート

3社がダントツでしたが、少し視点を変えると、1社の36人を除く「250人中223人」の大多数は、2社~6社超の「複数社」を比較していたことがわかりました。

この結果を見ると、「複数社」の「比較」は高くかつスムーズに売るための常識になりつつありますね。

マチ②

でも複数社へ査定依頼なんて
とても手間がかかりそうです…

レオ教授レオ教授

それなら一括査定サイト
使うといいじゃろう!

複数社の査定比較なら
迷わず一括査定サイトを使おう!

家を高く手放すために一括査定サイトを利用

今は、家がいくらで売れるか、ネットで簡単に査定依頼できるサイトがあって、とても便利です。

一括査定サイトを利用するメリットは多くて、

  • たった1回の入力で複数社に査定依頼OK
  • 地域に対応した不動産会社が自動表示される
  • スマホやパソコンがあれば1~2分で依頼OK
  • 面倒な来店も不要で手軽に査定結果を受取れる

それに、査定に出したからといって必ず売る必要はなく、気軽に使えるのも一括査定サイトの魅力です。

レオ教授レオ教授

しかも「無料」なんじゃ!

あなたの家は高く手放せる?
プロおすすめ無料一括査定サイト

おすすめ度 4.8
査定費用 無料
査定地域 日本全国(47都道府県)
査定候補 大手+地元会社
運営開始 2009年~
運営会社 (株)リクルート

スーモ売却の強みは、

  • たった約60秒の簡単な入力で複数社に査定依頼できる
  • 日本全国の主要大手+地元に強い不動産会社が多数登録
  • 売りたい地域での各社の売却実績数を見て査定依頼できる
  • 利用満足度91%+テレビCMで評判も高いスーモの一括査定
  • 上場グループ企業の大手リクルートが10年以上も運営で安心

※リクルートは、ゼクシィ・タウンワーク・じゃらん・リクナビ・カーセンサー・スタディサプリ・ホットペッパーなど、数多くの有名サービスを展開する大手企業です。

信頼性の高い不動産会社を集めた査定サイトが限られる中、『スーモ売却』では大手企業リクルート独自の審査に通過した不動産会社のみ登録しているので、安心して利用できます。

レオ教授レオ教授

もちろん無料で使えるぞ!

利用方法は簡単で、いくつかの質問に答えた後、比較したい不動産会社を選択して送信すれば依頼完了です。

実際の査定依頼画面:スーモ売却
いくつかの質問に答える → 査定比較する会社を選択

各不動産会社で300~500万円の差はごく普通に出るため、複数社の査定結果を取り寄せて比較することで、正確な売却相場と高く売れる見込みがわかります。

\月1万人以上が利用!プロもおすすめ/

【無料】簡単60秒で査定依頼する ≫

おおよその情報で査定依頼できます
査定後に売るor売らないは自由です

※利用者数は公式HPより抜粋
スーモ売却の口コミ
林 正志さん(43歳)
43歳男性
査定4社に300万円ほど差がありましたが、大体の相場感がわかってよかったです。
気軽に査定を依頼できるのは嬉しいです。
浅井 香織さん(36歳)
37歳女性
とにかく早く査定額を知りたかったので、スピーディーな対応に感謝です。
望月 栄太さん(41歳)
41歳男性
お金を支払ってもいいレベルの丁寧な査定結果をもらいました。
売却はしませんでしたが無料でした。

『スーモ売却』では査定に出しても必ず売る必要はないので、まずは「あなたの家はいくらで手放せるか?高く手放せるか?」を知ることから始めてみて下さいね。

\月1万人以上が利用!プロもおすすめ/

【無料】簡単60秒で査定依頼する ≫

おおよその情報で査定依頼できます
査定後に売るor売らないは自由です

※利用者数は公式HPより抜粋
※手始めに1社だけ査定依頼したい、複数社の比較は後々考えたい場合は、売却実績数が一番多い会社のみ選択して依頼すればOKです。

以上、家を手放す悲しい気持ちや寂しい気持ちを乗り切るために、高く手放す第一歩からプロおすすめの一括査定サイトまで紹介しました。

まとめ:家を手放すことになりました…価格には納得して進めよう

今回の不動産とーくは『家を手放すことになりました…悲しい・寂しい気持ちをどう乗り切る?』と題して、下記の項目を解説しました。

レオ教授レオ教授

参考になったかの~?

どんな事情であれ、家を手放すのは悲しいけれど、価格には納得できたから良かったと思えるように売却を進めたいものですね。

以上『家を手放すことになりました…悲しい・寂しい気持ちをどう乗り切る?』でした。

【無料査定】信頼の会社で高く売りたい人へ

SRE不動産

手放すのは悲しいですが、大切な家だからこそ納得の価格で高く売りたいと思いませんか?

2024年3月現在までの約18年間、私がプロとして数百の不動産会社と接した経験から、大手『SRE不動産(エスアールイー不動産)』が特におすすめです。

  • 高値売却につながるNo1
  • サービスの先進性No1
  • 知人に紹介したいNo1
  • 93.3%の高い顧客満足度
  • 大手ソニーグループで安心

実際に売るかは査定次第で決めればいいので、まずは「売却に強いと評判のSRE不動産でいくらで売れるのか?」を知ることから始めてみて下さい↓↓

【無料査定】高値売却につながるNo1/

SRE不動産 公式サイトを見る ≫

簡単約60秒で査定依頼できます
査定後に売る・売らないは自由

【対応地域】東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良(一部地域を除く)
※満足度:2024.1.1時点 ※各No1評価:調査会社 GMOリサーチ(株)/方法 インターネットリサーチ/期間 2021.12.24~27

この記事を読んだ人には、下記の記事もおすすめです。
ぜひチェックしてみて下さい。

よく一緒に読まれる人気記事
よく一緒に読まれる人気記事

※この記事に掲載中の口コミや体験談は独自にWeb募集の上でまとめたものであり、氏名はプライバシー保護のため仮名です。