家を直すお金がない?家の修繕費がない人に教える調達方法[3選]
「老朽化した家の修繕費がない…」
「災害で壊れた家を直すお金がない…」

雨風をしのぎ、生活する上で最も大切な「家」。
老朽化で年々あちこち傷み、災害によって破損箇所は増える…なのに家を直すお金がない。

この現状は本当に深刻な問題かと思います。

そこで、家の修繕費がないと悩む人にチェックしてほしい調達方法を解説します。

スポンサーリンク

ニシダ代表ニシダ代表

家を直すお金がないと困っている人は本当に多いですね

レオ教授レオ教授

うむ、まずは3つの調達方法を確認してみてくれい!

今回の不動産とーく『家を直すお金がない?家の修繕費がない人に教える調達方法[3選]』では、不動産業界16年の知識にもとづき解説します。

この記事を読めば、老朽化・災害により損傷した家の修繕費調達に、光が見える人もいると思います。
一度チェックしてみて下さい。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界歴16年。取引件数は400件超・相談件数は2,800件超の実績。不動産コンサルティング事業を行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。≫詳しいプロフィール
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

家の修繕費がない人に教える調達方法[3選]

家の修繕費がない人の調達方法
家の修繕費がない場合に検討すべき調達方法は以下の3つです。

レオ教授レオ教授

家を直すお金がないと困っている人は、自分に該当しないか見てくれい!

1.火災保険(+地震保険)

『火災保険(+地震保険)』は、家の修繕費がない場合の調達方法の1つです。

火災保険は、その名称から火災だけが対象のようによく勘違いされます。
実際の保障対象は火災の損害だけにとどまりません。

うまく保険金が降りれば、タダまたは小額で家を直すことができます。

マチマチ

最優先でチェックすべきですね!

修繕が必要になった箇所が、自然災害等による損傷であると保険会社に認められると保険金が支払われる仕組みです。

レオ教授レオ教授

せっかく貰えるのに、知識が無くて貰いそびれている人がとても多いんじゃ

過去に損傷した箇所であっても、家を直すお金がない場合は優先してチェックすべきでしょう。

例えば、以下の場合でも保障対象になる場合が多いです。(※詳しくは契約内容によります

  • 風災
    • 台風や暴風により雨樋が破損
    • 台風や暴風により屋根瓦が飛んだ
    • 突風で飛んだ物で窓ガラスが割れた
  • 雪災
    • 積雪で雨樋がゆがんだ
    • 落雪で1階部分の屋根が破損
  • 水濡れ
    • 壊れた配水管からの漏水で床がボロボロに
  • 物の飛来
    • 石が飛んできて窓ガラスが割れた
  • 水災
    • 洪水により1階の床が泥まみれに

などです。

レオ教授レオ教授

もらい忘れに心当たりはないか?

火災保険は、医療保険と一緒で申請しなければ保険金は受け取れません。

そもそも家の修繕費がない状況に備えて入るのが火災保険です。
利用するタイミングは今かもしれませんね。

また、地震が原因で基礎や外壁にひび割れが起きた場合、地震保険に入っているなら保障されることが多いでしょう。

以上から、修繕が必要になった原因が自然災害等なら、『火災保険(+地震保険)』の契約内容をチェックし行動してみて下さい。

くれぐれも、自然災害等による損傷であると、保険会社に認められなければ保険金は出ません。

「保険会社にうまく申請できるか心配…」
「壊れた原因が災害か老朽化かわからない…」

など、不安な場合は火災保険適用についてリフォームのプロに見てもらうといいでしょう。

2.リフォームローン

『リフォームローン』は、家の修繕費がない場合の調達方法の1つです。

リフォームローンとは、家の増改築や修繕、設備交換などの費用を借りられるローンのことです。
大手から地方銀行・信用金庫まで、大半の民間金融機関で相談可能です。

家を直すお金がない場合、一般的に1,000万円までは無担保で最長10~15年の返済期間で借りられることが多いです。

レオ教授レオ教授

住宅ローンと比較すると金利は少し割高になるかの~
利用にはもちろん審査が必要じゃ!

複数の金融機関を比較して、できるだけ条件の良い『リフォームローン』を選択するといいでしょう。

参考に、リフォームローンを実施している金融機関のページをいくつか載せておきます。

あなた自身で地道に比較して探すことも1つですが、金融機関によりローンの特徴や審査基準が異なるためおそらく混乱します。

基本的には、依頼するリフォーム会社提携の金融機関を紹介してもらい、話の通る担当者に相談する方法がおすすめです。

レオ教授レオ教授

まずは信頼できるリフォーム会社を見つけることが先じゃ!

ケイスケケイスケ

ローンの具体的な相談には見積もりも要りますもんね

3.自治体の補助金

『自治体の補助金』は、家の修繕費がない場合の調達方法の1つです。

市区町村、各自治体によって用意されている補助金制度は異なります。
あなたが住む市区町村のホームページなどで該当の制度がないかチェックしてみて下さい。

家を直すお金がない場合に、一部でも支援を受けられるなら『補助金』を使わない理由はありません。

インターネットで「○○市 リフォーム 補助金」など入力して検索するか、住宅リフォームに係わる支援制度検索サイトなどから情報を得るといいでしょう。


以上、家の修繕費がない場合に検討すべき調達方法を解説しました。

マチマチ

まずは火災保険をチェックですね!

スポンサーリンク

家の修繕費がない人が「最安値」のリフォーム会社を探す方法

家の修繕費がない人におすすめのリフォーム会社
家の修繕費がないなら、まずは火災保険を使って直せるかを確認します。

相談の結果、保険適用ができない場合は実費やリフォームローンを使うことになりますので、「できるだけ多くのリフォーム会社の見積もりを比較すること」で最安値の業者を探します。

家の修繕費にはちゃんとした相場がなく見積もりに大きく差が出ます。
複数社から見積もりを取ってしっかり比較しましょう。

レオ教授レオ教授

各リフォーム会社には、工事の得意or不得意、材料調達ルートの高いor安いなどがあるんじゃ

例えば、屋根一部の修繕費を見積もりしてもらった場合、

リフォーム会社 見積もり
A社 21万円
B社 38万円
C社 19万円
D社 27万円
E社 31万円

こんな風に差が出ることは珍しくありません。
大掛かりな工事になれば、もっと差が生まれることでしょう。

レオ教授レオ教授

ちゃんと比較すれば、低予算で希望の修繕工事ができる場合も多いんじゃ!

家を直すお金がないと悩む人は、ある1社で見積もりした多額の修繕費に惑わされていることも実際は多いんです。

そこで、効率よく「最安値」の業者を探すなら「リフォーム会社一括紹介サービス」の利用がおすすめ。
修繕したい内容に合わせてチェックしてみて下さい。

\利用者80万人突破/
※紹介無料・全国対応

まとめ:家を直すお金がない状況を冷静に見つめよう

今回の不動産とーくは『家を直すお金がない?家の修繕費がない人に教える調達方法[3選]』と題して、下記の項目を解説しました。

よく一緒に読まれる人気記事
レオ教授レオ教授

お役に立てたかの~?

家を直すお金がないと悩んだら、

いずれかを検討します。

まずは、タダまたは小額で家を直せる可能性がある「火災保険(+地震保険)」が使えるか優先してチェックです。

火災保険が使えない場合で、実際に家の修繕費を見積もりする時には、リフォーム会社一括紹介サービスを使い、できるだけ多くの見積もりを比較するといいでしょう。

その結果、低予算で修繕できることも多いはずです。

「家の修繕費がない…」と困っている間にも、家はどんどん傷んでいきます。
家を直すお金がない状況を冷静に見つめ、情報を得た上で取れる対策を利用してみましょう。

1日も早く対策し、あなたの大切な家が守られることを心より願います。

以上、『家を直すお金がない?家の修繕費がない人に教える調達方法[3選]』でした。