知らない不動産屋からハガキや手紙…不動産を売ってほしい!にどう対応?
「知らない不動産屋からハガキが届いた…」
「不動産売ってほしいって急に言われても…」

ただのチラシはよくあっても、突然あなた宛てに知らない不動産屋からハガキや手紙が届いたら驚きますよね。

「なぜ住所と名前がわかったの?」
「なぜ私が所有してるってわかったの?」

ハガキや手紙1つで「なにか変なことに巻き込まれたのでは?」と、不安におそわれる人は多いです。

【無料】業界大手6社の安心一括査定
もし具体的に売却を検討するなら「大手不動産会社」への依頼が安心です!
人気の一括査定「すまいValue」なら、徹底した会社規定と社員教育のもと、対応に安心感のある「大手6社」「無料」で査定依頼できます。 ≫もっと詳しく

\【無料】40万件突破の査定実績/
来店不要・24時間OK
※おおよその情報で依頼できます
※査定後に売却するしないは自由
ニシダ代表ニシダ代表

結論から言うと、安心してください!
理由を解説します!

レオ教授レオ教授

うむ、その不動産屋から手紙にどう対応すべきかも解説するぞ!

今回の不動産とーく『知らない不動産屋からハガキや手紙…不動産を売ってほしい!にどう対応?』では、不動産業界17年の経験をもとに解説します。

この記事を読めば、知らない不動産屋からハガキが来ても冷静に対処できるはずです。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界歴17年。相談件数2,800件超・査定件数2,000件超。不動産コンサルティング事業を行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。≫詳しいプロフィール
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

知らない不動産屋からハガキや手紙は個人情報漏れが原因?

知らない不動産屋からハガキに焦る
知らない不動産屋からハガキが届いても「個人情報が漏れたわけではありません」

土地や建物などの所有者情報は「法務局」で簡単に調べられるからです。

所有者情報が記載された登記簿(登記記録)は、法務局で一定の手数料を支払えば誰でも閲覧することができます。

レオ教授レオ教授

登記簿に記載された所有者情報は、住所氏名のみじゃ!
電話番号の記載はないぞ!

ケイスケ

だから電話じゃなく、ハガキや手紙なわけですね

特に空き家の場合は、複数社から「不動産を売ってほしい」「家を売りませんか」と短期間にハガキや手紙が届くこともあるでしょう。

これは、各不動産屋が独自に足で調査し、地域にある空き家をリストアップしているからです。

レオ教授レオ教授

空き家は売却する確率が高いからの~

よって、知らない不動産屋からハガキや手紙が届いたとしても、あなたの個人情報が漏れたのではありません。
送り主の不動産屋が調査した対象の1つに、あなたの不動産が入ったということでしょう。

なぜ不動産の登記簿は誰でも閲覧可能なの?

家の登記簿を閲覧
「不動産取引を安全かつ円滑に進めること」が主な理由の1つです。

不動産取引において買主は多額の購入代金を支払います。
その時、買主にとってその支払先である売主が「本当に所有者である証拠」を確認したいのは当然のことです。

レオ教授レオ教授

「私が売主です!」と目の前に現れた人が、本当に所有者かわからんからの~

そこで、誰でも閲覧可能な登記簿(登記記録)を確認することで、買主がトラブルを回避し、信頼性の高い情報をもとに安全な判断ができるわけです。

ひいては、不動産取引を円滑に進めることに大きな役割を果たすことになります。

レオ教授レオ教授

不動産屋はこの仕組みを利用して情報を取得し、所有者にハガキや手紙を送って営業につなげているわけじゃ

カエデ

営業熱心というか何というか…

不動産屋から手紙やハガキには裏がある?

ハガキや手紙を使った不動産屋の営業戦略
「裏はない」と基本的には考えていいでしょう。

知らない不動産屋からハガキや手紙の大半は、

「家を売りませんか」
「不動産を売ってほしい」

これら書かれた内容通りの意図しかありません。

レオ教授レオ教授

単純に、あなたが不動産を売る意思を確認したいだけじゃ

ケイスケ

きっかけ作りというわけですか

数十件リストアップした全ての所有者に手紙やハガキを出して、「1件でも売却につながればいい」と考える不動産屋がほとんどでしょう。

「不動産を売ってください」と投げかけ、「査定だけでもお願いできますか?」「高く売れるなら売却を考えたいのですが?」など、所有者からの反応を待つわけです。

では続いて、知らない不動産屋からハガキや手紙が届いたら、どのように対応すればいいのでしょうか?

不動産売ってほしい!知らない不動産屋からハガキや手紙の対応手順

知らない不動産屋からハガキや手紙が来た時の対応手順
知らない不動産屋からハガキや手紙が来た場合の対応手順は以下の4ステップです。

カエデ

ただのチラシならゴミ箱いきでよさそうだけど

ケイスケ

自分宛だと対応が必要な気持ちになりますね

「不動産を売ってほしい」「家を売りませんか」と直接あなた宛てに届いた場合でも、焦らず落ち着いて対応していきましょう。

対応手順1.そもそもあなたに売る意思は?

家を売却する気があるか考える
『そもそもあなたに売る意思は?』、知らない不動産屋からハガキや手紙が来てもまずは冷静になりましょう。

「不動産を売ってください」「家を売りませんか」と書かれてあっても、あなたに売る意思がないなら無視でOKです。

直接あなた宛てに不動産屋から手紙が来たからといって、必ず反応が必要なわけではありません。

すでに解説した通り、送り主の不動産屋は、リストアップした不特定多数の所有者にハガキや手紙を送っているからです。

レオ教授レオ教授

売る意思が無いなら、わざわざ返事はせんでいいじゃろう

ケイスケ

返事すると、逆に営業かけられそうですね(汗)

一方、不動産屋から手紙が来たことをきっかけに、

「売却に興味がある」
「査定額だけでも知りたい」

など思ったなら、『対応手順2.その知らない不動産屋の情報を集める』以降も確認してみて下さい。

対応手順2.その知らない不動産屋の情報を集める

知らない不動産屋の情報収集
『その知らない不動産屋の情報を集める』ことで、信頼できるかどうか調べてみましょう。

売却を考えていたあなたに、タイミングよくその知らない不動産屋からハガキが来ただけで、本当に売却相談するかは別問題だからです。

その不動産屋のホームページ、実際の店舗、知名度、第三者の評判などを確認して情報を集めます。

レオ教授レオ教授

手紙に営業マンの名前が書いてあるなら、ホームページでスタッフ紹介も確認じゃ!

情報を集めた結果、不信に感じるなら手元のハガキや手紙は無視でいいでしょう。

信用できそうなら、『対応手順3.実際に不動産査定の依頼をする』を進めてみて下さい。

対応手順3.実際に不動産査定を依頼する

家の査定
『実際に不動産査定を依頼する』ために、ハガキの不動産屋へ問い合わせをしましょう。

ただし、不動産査定は「複数の不動産屋へ依頼すること」が基本です。
最初からハガキや手紙の不動産屋1社に絞ると、査定額や対応の比較ができないからです。

レオ教授レオ教授

最低3社は比較しておきたいの~

カエデ

その知らない不動産屋とプラス2社を最低でも比較するってことね

ハガキや手紙の不動産屋は、あくまで査定を依頼する内の1社。
問い合わせ時に「他社にも査定依頼する予定ですが、それでもよろしいですか?」と伝えれば、あなた主導で進められるはずです。

不動産屋側としても、失礼な対応をすれば他社へ行かれ兼ねないプレッシャーから、積極的に取り組んでくれる場合も多いです。

ハガキや手紙の不動産屋の他に、どこへ依頼すればいいか迷う場合は「大手不動産会社」に絞るといいでしょう。

特に大手はコンプライアンスにのっとり、モラルある行動を取る会社が多いからです。

レオ教授レオ教授

社員への指導も徹底しとるからの~

大手不動産会社への査定依頼は、迷わず一括査定サイト「すまいValue」の利用がおすすめです。

あなたがわざわざ探さなくても、不動産業界の第一線を走る大手不動産会社(小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産ソリューションズ、三井のリハウス、三菱地所ハウスネット)に「無料」で一括査定できます。

[公式]すまいValue
\【無料】簡単60秒入力!/
来店不要・24時間OK
※おおよその情報で依頼できます
※査定後に売却するしないは自由

対応手順4.査定結果を見て「売却するorしない」を判断

家を売却するか検討
『査定結果を見て「売却するorしない」を判断』をしましょう。

査定を依頼したからといって、必ず不動産を売る必要はありません。

「不動産を売ってください」「家を売りませんか」と再度営業をかけられても、各社の査定額を見て対応を比較した上で、あなたにとっての正しい判断をしましょう。

間違っても、「断りづらいから売ろうかな…」など曖昧な意思で売却を進めないように注意です。


以上、知らない不動産屋からハガキが来た場合の対応手順を解説しました。

まとめ:不動産を売ってほしい手紙には落ち着いて対応しよう!

今回の不動産とーくは『知らない不動産屋からハガキや手紙…不動産を売ってほしい!にどう対応?』と題して、下記の項目を解説しました。

レオ教授レオ教授

お役に立てたかの~?

「家を売りませんか?」
「不動産を売ってください!」

知らない不動産屋からハガキや手紙が来ても、まずは冷静に「売る意思があるのか?」と自分へ問いかけましょう。

売る意思があれば、まずはその知らない不動産屋を調べるところから始めます。
売る意思が無ければ、特に反応する必要はありません。

レオ教授レオ教授

落ち着いて対応すればいいぞ!

【無料】業界大手6社の安心一括査定
もし具体的に売却を検討するなら「大手不動産会社」への依頼が安心です!
人気の一括査定「すまいValue」なら、徹底した会社規定と社員教育のもと、対応に安心感のある「大手6社」「無料」で査定依頼できます。 ≫もっと詳しく

\【無料】40万件突破の査定実績/
来店不要・24時間OK
※おおよその情報で依頼できます
※査定後に売却するしないは自由

以上『知らない不動産屋からハガキや手紙…不動産を売ってほしい!にどう対応?』でした。