査定額アップ!?不動産会社の訪問査定を前にやるべき準備[13こ]

訪問査定って何を準備したらいいの?

不動産会社の訪問査定を前にそわそわして落ち着かない、あなたもそんな状況でしょうか?

訪問査定では家の中でチェックしたことが査定額に大きく反映されます。
査定額を上げる、下げないためにも、しっかり準備しておきたいですね。

とはいえ、準備にあたって大きな手間は必要ありません。
この記事で解説する項目をチェックして、当日までにできる範囲で実践しておけばOKです。

よく一緒に読まれる人気記事
ニシダ代表ニシダ代表

難しく考えず、1つ1つ落ち着いて準備すればOKです!

今回の不動産とーく『査定額アップ!?不動産会社の訪問査定を前にやるべき準備[13こ]』では、不動産業界16年の経験をもとに解説します。

この記事を読めば、気持ちよくかつ自信をもって訪問査定の日を迎えられるはずです。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界歴16年。相談件数2,800件超・査定件数2,000件超。不動産コンサルティング事業を行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。≫詳しいプロフィール
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

不動産会社の訪問査定を前にやるべき準備[13こ]

訪問査定前の準備リスト
早速、不動産会社の訪問査定を前にやるべき準備は以下の13こです。

1.掃除・荷物整理

『掃除・荷物整理』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

汚れやホコリの多い家の場合は不動産会社が査定をする気にならないからです。

また、荷物が多い場合、部屋の実際の帖数より狭く見えてしまうからです。

レオ教授レオ教授

クローゼット内も広さの確認で見られる場合もあるぞ!

家の訪問査定に向けて綺麗かつ広く見てもらえるように、掃除や荷物整理をして準備しましょう。

2.アピールできる設備や機能をメモ

『アピールできる設備や機能をメモ』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

他の家には少ない魅力的な設備や機能があれば、プラス評価になるからです。

例えば、

  • 床暖房
  • LEDライト
  • 省エネ給湯器
  • 食器洗い乾燥機

などがそれにあたります。

特に「水回り設備」は、不動産会社も念入りにチェックしますが、細かな機能までは見落とす場合もあります。

訪問査定前にメモして準備しておき、あなたの家のアピールできる設備や機能はもらさず伝えましょう。

3.晴れ予報の日を査定予約

『晴れ予報の日を査定予約』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

雨より晴れの方が印象よく査定してもらえるからです。
日当たりや眺望を売りにしたい家なら、なおさら晴れ予報の日に予約すべきです。

レオ教授レオ教授

不動産会社にしても、晴れの方が外部の査定作業がしやすいからの~

悪天候の場合は、事前にチェックしていた見たい箇所を見ずに終わることもよくあります。

家の訪問査定を予約する際は、天気予報を調べた上で晴れ予報の日にしましょう。

4.土地建物の関連資料を準備

『土地建物の関連資料を準備』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

正確な情報を使いスムーズな査定をしてもらえるからです。

例えば、

  • 間取り図
  • 境界確定図
  • 建築当時の資料

などです。

レオ教授レオ教授

仮に間取り図が無ければ、不動産会社がペンで間取りを引く作業に時間を取られるんじゃ

カエデカエデ

あれば査定がスムーズに進みそうね

訪問査定の前には、家の関係資料を集めて整理し、準備しておきましょう。

5.周辺の便利施設をリストアップ

『周辺の便利施設をリストアップ』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

例えば、

  • バス停
  • コンビニ
  • スーパー
  • 保育園や幼稚園
  • 小学校や中学校
  • 病院
  • 郵便局
  • 公園
  • 銀行

などです。
生活しやすい町と判断されれば、家の査定額に良い影響が期待できるでしょう。

レオ教授レオ教授

特にファミリー向けの家なら、便利施設の充実は大いにプラスじゃな!

もちろん周辺施設は不動産会社も必ず確認します。
ただし、実際に生活しなければわからない施設はどうしても見落とすものです。

家の査定を前向きにフォローする意味で、訪問査定前にメモして準備しておきましょう。

レオ教授レオ教授

Googleマップなどを利用して、おおよその分数もメモしておくとベターじゃ!

6.リフォームの履歴や資料

『リフォームの履歴や資料』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

「いつ・どの箇所を・どのようにリフォームしたか」を客観的に証明できるからです。

リフォームは家を維持管理する上で大切な工事です。
査定に良い影響を与えますので、過去の履歴は必ず告知しましょう。

レオ教授レオ教授

資料がない場合は、正確な内容をメモして不動産会社に伝えたらいいぞ!

7.周辺の売却相場を調べる

『周辺の売却相場を調べる』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

売却相場を把握して初めて、家の売却希望価格が伝えられるからです。
また、家の査定結果を見たときに、その査定額が高いか安いかを判断できるからです。

周辺の売却相場は、SUUMO(スーモ)HOME’S(ホームズ)などの住宅情報サイトで、あなたの家と同条件の物件がいくらで売られているかを確認します。

また、不動産取引情報提供サイトや、国土交通省が運営する土地総合情報システムなどで実際の売却事例を調べてイメージするといいでしょう。

レオ教授レオ教授

売却物件の数は限られとるから、可能な範囲でやってみるといいぞ!

カエデカエデ

少し調べる練習がいりそうね(汗)

8.家の正確な売却理由

『家の正確な売却理由』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

今後家の売却を進めるにあたって、売却理由は買い手に正確に伝えるべき情報だからです。

また、正確な売却理由を不動産会社に伝えることで真剣さが伝わり、積極的な査定を促すこともできます。

家の正確な売却理由は、訪問査定前に必ず準備しておきましょう。

9.夫婦共に在宅できるように休みを取る

『夫婦共に在宅できるように休みを取る』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

営業マンからの質問に対して、どちらかの記憶があいまいな場合もあるからです。
また、1人で話を聞くより2人で聞いた方が聞き漏れもないからです。

ケイスケケイスケ

たしかに、キッチンや風呂などの機能は家内の方がよくわかってますね

訪問査定では不動産会社の質問に正確に回答し、査定に前向きな情報をいかに提供できるかで結果が変わってきます。

レオ教授レオ教授

夫婦2人の方がもちろん心強いじゃろう

訪問査定の日は、夫婦共に在宅できるようにスケジュールをあけて準備しましょう。

10.住宅ローンの残高明細

『住宅ローンの残高明細』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

家の売却には、住宅ローンの完済が条件になるからです。
裏を返せば、家を売却しても住宅ローンが残る場合、売ることができません。

レオ教授レオ教授

銀行の担保(抵当権)を完済して抹消せんと売れんわけじゃ

住宅ローンが残っている場合は、訪問査定時に売却可能かどうかのアドバイスまで受けると効率がいいです。

住宅ローンの残高明細あるいは残高がわかるものを、訪問査定前に準備しておきましょう。

11.家の売却にあたっての疑問点

『家の売却にあたっての疑問点』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。

家の査定後に「質問しておけばよかった…」と聞き忘れで後悔する人が多いからです。

よくある質問の一例は、

  • 買い手は家のどこを見る?
  • どのくらいの期間で売れる?
  • 売却したお金はいつもらえる?
  • 高く売るためにはどうしたらいい?
  • 事前にリフォームはしたほうがいい?

などです。

安心感をもって家の売却にのぞむためにも、訪問査定時には疑問点を準備して解消しておきましょう。

12.隣地との境界線の状況 ※一戸建て査定

『隣地との境界線の状況』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。
一戸建て査定の場合のみです。

今後家の売却を進める場合、境界線がちゃんと決まっているかどうかは、買い手への情報として必ず重要になるからです。

もし境界線が決まっていない場合は、売却に向けて境界線を確定させる必要があるのか、費用はどのくらいかかるのか、現状のままでいいのかなどを、訪問査定時に聞いておきましょう。

レオ教授レオ教授

過去に境界線を立会いした記録や資料がないかは、今一度要チェックじゃ!

13.管理組合・管理会社の活動状況 ※マンション査定

『管理組合・管理会社の活動状況』は、訪問査定の前に必要な準備の1つです。
マンション査定の場合のみです。

マンション査定にあたり、マンションの管理体制は重要な要素だからです。

管理体制はマンションの資産価値に大きな影響を与えるため、正確に伝えましょう。

活動状況が良い例
日頃の掃除や維持管理が行き届いており、長期的な修繕計画にも問題がない。
マンション住人の満足度が高く、ここ数年の資産価値も安定している。
活動状況が悪い例
日頃の掃除や維持管理が不充分で、長期的な修繕計画はあいまい。
マンション住人の不満はつのり、家を手放す人が増えて資産価値が低下している。

活動状況が良い場合は、言うまでもなく査定額に良い影響が期待できます。

一方、活動状況が悪い場合は評価がマイナスになりますが、現在管理組合が取り組んでいる改善状況などがあれば、伝えることでプラスに働くこともあります。

レオ教授レオ教授

客観的に理解してもらうために、総会の資料などを準備しておいてもいいじゃろう


以上、不動産会社の訪問査定を前にやるべき準備を解説しました。

ケイスケケイスケ

最初は多く感じましたが、1つ1つそんなに手間がかかりませんね

訪問査定で不動産会社に伝えた方がいいこと[3つ]

訪問査定で不動産会社に伝えた方がいいことも、メモして準備しておくとベストです。
伝えた方がいいことは以下の3つです。

1.売却希望価格

『売却希望価格』は、訪問査定で伝えた方がいいことの1つです。

事前におおよその売却相場を調べて準備し、相場より高めに希望価格を伝えておくといいでしょう。

おおよその売却相場は、SUUMOやHOME’Sなどの不動産情報サイトで周辺物件の売り出し価格をチェックするといいでしょう。

ただし、売却相場がわからないまま希望価格を伝えるのはNGです。

伝えた価格が相場より安かった場合、足元を見られることもあるからです。

相場がいまいちわからない場合は、「できるだけ高く売りたい」とアバウトに伝えておくのも1つです

2.売却希望条件

『売却希望条件』は、訪問査定で伝えた方がいいことの1つです。

  • いつまでに売りたい
  • 一部の家具は残したい
  • 近所には秘密で売却したい

などです。

もちろん訪問査定の段階なので必須ではありません。

伝えた方がいい理由は、希望条件を話した時の対応などが見れるからです。

一見難しいと思われる希望でも聞く準備をして、一度伝えてみるといいでしょう。

レオ教授レオ教授

希望を親身に受け取ってくれる営業マンに依頼したいじゃろ

カエデカエデ

希望を伝えてイヤな顔される営業マンは避けたいね

3.リフォームや修繕箇所

『リフォームや修繕箇所』は、訪問査定で伝えた方がいいことの1つです。

訪問査定の前に必要な準備の「6.リフォームの履歴や資料」でも触れましたが、リフォームは家を維持管理する上で大切な工事です。

査定額に良い影響を与えるため、伝えた方がいいでしょう。

レオ教授レオ教授

だいぶ過去のリフォームでも念のため伝えておくといいぞ


以上、訪問査定で不動産会社に伝えた方がいいことを解説しました。

レオ教授レオ教授

メモして聞く準備をしておくんじゃ

準備OK!訪問査定当日は不動産会社にどう対応すべき?

訪問査定当日の対応に悩む
結論から言うと、訪問査定当日は何か特別な対応をすることはありません。

強いて言えば、

  • 家の周囲や部屋を案内
  • 準備した資料等を見せる
  • 不動産会社の質問に答える

以上3点をするための心の準備程度です。

レオ教授レオ教授

あとは、お茶を出す程度かの~

「これを見て下さい!」「あっちも見て下さい!」と、営業マンを連れまわすのはNGです。

不動産会社はおおよそ決められた手順に従って、査定を進めていくからです。

どうしても見てほしい箇所があるなら「2~3箇所」に留めておき、不動産会社の負担にならないようにする方が印象もいいです。

レオ教授レオ教授

準備を済ませたら「当日は笑顔で迎える」、これで充分じゃ!

まとめ:準備万全で安心して訪問査定を迎えよう!

今回の不動産とーくは『査定額アップ!?不動産会社の訪問査定を前にやるべき準備[13こ]』と題して、下記の項目を解説しました。

よく一緒に読まれる人気記事
よく一緒に読まれる人気記事
レオ教授レオ教授

参考になったかの~?

訪問査定は査定額を出してもらう目的だけと考えがち。
もちろんそうなんですが、広い視野で見れば、今後の売却を任せる可能性のある不動産会社を迎えるわけです。

積極的な売却活動を進めてもらうためにも、信頼できる不動産会社なのか?頼れる営業マンなのか?も同時に見定めることも重要です。

心の余裕をもつためにも、しっかり準備して訪問査定当日を安心して迎えましょう。

以上『査定額アップ!?不動産会社の訪問査定を前にやるべき準備[13こ]』でした。