内見して契約しないのは失礼?賃貸物件の上手な&ダメな断り方を紹介!

「内見して契約しないのってダメ?」
「内見後の上手な断り方ってない?」
「内見って何件までなら大丈夫?」

就職や転勤、進学など、新しく賃貸マンションを探す時、ネットの閲覧だけでは情報不足ですよね。

ネット情報はあくまできっかけ。
やはり「内見が重要」です。

賃貸の内見には「不動産会社のスタッフの同行」が必要なわけですが、

「もし部屋が気に入らなかったらどう断ろう…」と心配する方が少なくありません。

内見は一度に複数物件おこなうことが多く、全部気に入らない場合はなおさら断りにくいことが想像できます。

賃貸マンションを「内見して契約しない」この行為は失礼にあたるのでしょうか?
また、契約しない場合の上手な断り方、ダメな断り方になんてあるのでしょうか?

ニシダ社長-不動産業界15年-ニシダ社長-不動産業界15年-

教授、お疲れ様です!
今日は、内見して契約しない場合あるあるです。

レオ教授レオ教授

お~断るのが心苦しくて、なかなか内見を予約せん人も増えとるらしいの~
では目次じゃ!

それでは、今回の不動産とーく『内見して契約しないのは失礼?賃貸物件の上手な&ダメな断り方を紹介!』を始めていきましょう!

お部屋探しの心配を解消するために、深く解説していきます。

内見までして契約しないのはアリ?賃貸物件の内見だけって失礼なことなの?

結論から言うと、
「内見して契約しないのはアリです。失礼にもなりません。(断言)」

もし、内見して契約しないことに腹を立てる営業スタッフがいたら、成績不振で上司につめられているか、ただイラチなだけです。
あなたの部屋探しのパートナーとして失格なので、すぐに距離を置きましょう。

ただ、営業スタッフの心情的には、「早く決めてほしいなぁ」ぐらいはもちろん考えています。

でもそれは、紹介の手間や、営業成績、抱えているお客様数、営業スタッフの性格などによる、あくまで不動産業者側の都合。

真剣に物件を探しているあなたには関係ない話で、失礼に当たるor当たらないこととも、別問題かと思います。

レオ教授レオ教授

早く決めてあげると、営業スタッフとしては嬉しいんだろうなぁ、ぐらいにふわっと思っていればいいぞ。

賃貸物件の内見

現在ではネットを利用した賃貸物件探しが主流になり、1件目の内見で契約するケースも多く見られるようになりました。

その理由は、写真だけでなく、動画で物件の内部を公開している物件もあって、情報が豊富なこと。

レオ教授レオ教授

賃貸・売買とわず、詳細な不動産情報を掲載している専門サイトが、本当に充実してきているからの~。

掲載されている不動産情報には部屋の広さや設備以外にも、最寄のコンビニや駅の距離など、賃貸物件の周辺情報も簡単にチェックできますよね。

こうした下調べを終えた状態で内見する方が増えてきたことにより、事前のイメージと合った物件であれば、1件目の内見で契約するケースも多いわけです。

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

就職が決まって、一人暮らしの部屋を探すときには、ほんとたくさん内見しました。
僕の時は、それほどネット情報が充実してなかったですからね。

一方で、賃貸物件の内見により、実際はイメージと違った、もしくはサイトに載っていなかった問題を発見して、契約しない選択をする方も少なくありません。

冒頭でふれたように、「部屋まで内見をしたら断りにくい…」、さらには「契約しないわけにはいかない…」と思われる方もいるかもしれませんが、それは誤解です。

内見に同行した不動産会社のスタッフにとっては残念かもしれませんが、実際にその部屋に住むのはあなた本人です。

内見時に納得のいかない点が見つかったならば、もちろん契約しないのが正解。
万一、契約後に問題が生じても、短期間で再度引越すのは費用などの面からも現実的ではありませんしね。

賃貸契約書に署名捺印

レオ教授レオ教授

ためらうことなく、納得のいくまで内見をしてから物件を契約すればいいんじゃ。

では、一般的に契約まで何件ぐらい内見することが多いのでしょうか?
続いて、解説していきます。

理想のお部屋を見つけたい!みんなは契約まで何件ぐらい内見している?

賃貸物件の一般的な内見の回数、さらにいえば、その上限回数が気になるポイントかと思います。

生徒:マチ生徒:マチ

内見数、たしかに気になります。

マンションの購入といった高額なケースと異なり、
賃貸の場合では内見数は比較的少なく、「2~4件」が一般的となっています。

近年では、あらかじめネットで最優先の候補を決めてから内見し、そのまま第一希望の物件を契約する方が増えています。

こうした契約の判断基準は個人によって異なりますが、賃貸マンションにおいては、同じような物件で選択が難しい場合でも、3件程度の内見で契約に至るケースが多くみられます。

そもそもお部屋って何件までなら内見して大丈夫?

不動産会社から物件紹介
賃貸マンションにおける一般的な内見数は「2~4件」程度ですが、そもそも内見は何件までしても問題ないのでしょうか?

賃貸物件を扱う不動産会社の口コミによれば、内見数の上限は「5件まで」という意見が多くみられます。

その反面、8件も10件も内見するようなケースは稀であり、不動産会社からもあまり歓迎されないことが予想されます。

レオ教授レオ教授

ネット情報で絞れる時代じゃが、やはり5~6件は内見しておきたいの~。
経験や知識がある人ならまだしも、3件程度では具体的な比較が難しいんじゃ。

こうした内見数に感覚的な制限がかかるのには、内見するまでの手間に理由があります。

サイトなどで気に入った物件が見つかったからといって、アポイント無しに個人で直接訪問をしても内見できません。

当然ですが、内見には賃貸物件のオーナーの許可が必要です。

オーナーに内見の依頼

このため一般的には、私たち顧客は不動産会社のスタッフを窓口として、気に入った賃貸物件の内見を依頼することになります。

このスタッフは物件のオーナーに許可を取り、必要であれば予約などの時間調整をして、私たち顧客の内見に立ち会います。

このように、物件の内見は、不動産会社の人的・時間的コストがかかる業務となります。

よって、先の意見のように、
賃貸マンションを探す際には、1つの不動産会社での内見は無制限におこなうのではなく、5件を上限にすることが無難でしょう。
と言えるわけです。

実際、それ以上の内見数は断られる事例もあります。(この対応はどうかと思いますが…)

やむを得ず5件を超える内見が必要な場合には、複数の不動産会社を利用するなどの配慮が望ましいでしょう。

内見して契約しない場合の上手な断り方&ダメな断り方とは?

内見後に契約しない場合の断り方
内見して契約しない場合の「上手な断り方」「ダメな断り方」について、紹介していきます。

気になるお部屋を内見をしてみたものの、イメージがネットと違うなどの理由で納得がいかず、契約しないケースも当然あると思います。

  • 上手な断り方
  • ダメな断り方

に分けて見ていきましょう。

内見後の上手な断り方

賃貸物件における内見の上手な断り方を解説していきます。

参考例として紹介したいのは、下記の7つです。

  1. Webページの写真と印象が違う
  2. 室内からの風景に不満
  3. スーパーなど買い物施設が遠い
  4. 日当たりが悪い
  5. 部屋に生活臭が残っている
  6. 近隣の騒音が気になる
  7. 入口が狭く家具が入らないかもしれない

賃貸物件の内見には通常、不動産会社のスタッフが同行します。

一般的に内見後の成約率は高いことから、スタッフとしては契約締結にかなりの期待を込めて接客をしています。

場合によっては、このような期待は顧客にも感じられるでしょうから、その際はますます断りにくい状況となるでしょう。

嘘はいけませんが、内見後に契約しない場合は、参考にしてみて下さい。

1.Webページの写真と印象が違う

内見後の上手な断り方1つ目は、
『Webページの写真と印象が違う』ことを理由にするケースです。

賃貸物件のWebページを確認

近年では賃貸物件を求める方の多くが、ネットで物件の情報を集めてから内見をしています。

こうした状況は不動産会社でも認識しており、「直接物件を内見したらWebページの写真イメージと違った」なんてことはよくある話です。

内見後に契約しない充分な理由になります。

実際に、Webページに掲載された写真と実物では、部屋の明るさや雰囲気などが異なる場合が少なくありません。

よって、実物との印象の違いは、お互いが納得できる断りの理由です。

担当スタッフとしても無理にその物件を推してはこないでしょう。。

2.室内からの風景に不満

内見後の上手な断り方2つ目は、
『室内からの風景に不満』を理由にするケースです。

窓の前に木々

賃貸マンションを取り扱う不動産会社のサイトでは、通常、室内や建物外観など多くの写真が掲載されています。

しかしながら、室内の窓から見える風景まで掲載していることは稀です。

このため、内見で新たに見つかった不備として、室内からの風景を理由に契約しないことは自然といえます。

実際の例として、隣接したマンションから室内が丸見えといった物件もあります。

このような景観に係わる問題は内見しないと分からないため、不動産会社としても納得できる理由といえます。

3.スーパーなど買い物施設が遠い

内見後の上手な断り方3つ目は、
『スーパーなど買い物施設が遠い』ことを理由にするケースです。

スーパーが遠い

お部屋そのものでなく、立地に関する不満も、内見後に契約しない理由として問題ありません。

たとえば、賃貸マンションから買い物施設までの距離が遠いという場合です。

賃貸物件探しにネットを利用するケースでも、対象物件から主要な買い物施設までの分数や距離がのっていない場合もあります。

内見時に担当スタッフにヒアリングして、コンビニやスーパーまでの距離が遠いようであれば、契約しない理由として充分な根拠となるでしょう。

ネットに記載されていない情報で、内見で新たにわかったことであれば、納得できる理由になります。

4.日当たりが悪い

内見後の上手な断り方4つ目は、
『日当たりが悪い』ことを理由にするケースです。

日当たりが悪い部屋

実際に内見をしてみたら、予想以上に日当たりが悪いことは多々あります。

これも内見後に契約しない理由になりますね。

レオ教授レオ教授

ネットの内観写真は明るく加工されてる場合も多いからの~

また、ネットの賃貸マンション情報では、部屋の方角が掲載されていないこともあります。

このため、マンションを内見したら部屋が北向きだったというケースは珍しくありません。

いうまでもなく、北向きの部屋は日当たりが悪くなります。

特に、日中に在宅する割合が多い方にとっては、日当たりの良さはお部屋選びの大事なポイントの1つになるでしょう。

よって、内見後に日当たりを契約しない理由にあげることも、全く自然なことで問題はありません。

不動産会社としても、日当たりを理由に断られるのには慣れています。

担当者にはその旨をストレートに話してみましょう。

5.部屋に生活臭が残っている

内見後の上手な断り方5つ目は、
『部屋に生活臭が残っている』ことを理由にするケースです。

部屋が臭い

ネット写真では、清潔感の高い印象の賃貸マンションでも、実際に内見をしたら生活臭に違和感を覚えることがあります。

これはもちろん、契約しない理由によくあります。

極端な例では、階下に飲食店のテナントが入っていたために、カレーの臭いが1日中部屋に充満するといった事例もありました。

こういった問題に内見で気づいた場合には、生活臭が契約しない理由としては充分ですね。

6.近隣の騒音が気になる

内見後の上手な断り方6つ目は、
『近隣の騒音が気になる』ことを理由にするケースです。

基本的に、ネットの物件情報ではポジティブな内容のみ掲載していることが多いです。

このため、内見時には全く予期していなかった問題が発見する場合があります。

こうした問題の代表的なものの一つとして、近隣の騒音があげられます。

たとえば、隣室に住んでいる子供がうるさいなど、後に近所トラブルに発展するもの。
他には、工場から近く断続的に機械音が響くなど、立地自体に問題があるケースがみられます。

このような騒音は、内見後に契約しない強い理由となります。

今後、長期にわたって暮らす場所において、私生活に支障をきたすような問題がある場合には、不動産会社としても納得せざるを得ない理由といえるでしょう。

7.入口が狭く家具が入らないかもしれない

内見後の上手な断り方7つ目は、
『入口が狭く家具が入らないかもしれない』ことを理由にするケースです。

部屋に入らない大きい家具

たとえば、現在使用しているソファーやベッドなどの大型家具が大きすぎて、新しいお部屋に入らないという理由です。

実際に、古いタイプの賃貸マンションでは入口が狭い場合があり、大型家具を搬入するのが困難、もしくは入らないケースがあります。

よって、担当スタッフには内見をしてお部屋自体は気に入ったものの、入口が狭くて家具が搬入できないという理由を伝えましょう。


以上、内見後に契約しない場合の上手な断り方を解説してきました。

続いて、反対にダメな断り方を見ていきましょう。

内見後のダメな断り方

それでは、内見後のダメな断り方を下記の7つ紹介していきます。

  1. 家賃が予算に合わない
  2. なんとなく違う
  3. 他社で契約予定
  4. 担当者が気に入らない
  5. 曖昧にしてほったらかす
  6. 何も言わず他物件の内見を希望する
  7. 悪態をついて断る

賃貸物件の内見では、担当スタッフを不快にさせるような、ダメな断り方を気づかずする人が多いんです。

よい物件を見つけるには、担当スタッフとの関係性が大切なのは言うまでもありません。

不動産会社のスタッフの1人の人間です。

ダメな断り方により、担当スタッフの気分を害しては、あなたのためにもプラスにはなりません。

こうした事態を避けるため、内見後に契約しない際のダメな断り方を紹介していきます。

レオ教授レオ教授

「その断り方はダメでしょ!」と、ついツッコミたくなる理由もあるかもしれんの~

1.家賃が予算に合わない

内見後のダメな断り方1つ目は、
『家賃が予算に合わない』ことを理由にするケースです。

予算オーバー

一番やってはならない断り方の1つといえます。

不動産会社からすれば、
「内見するまでもなかったんじゃ…」と内心思います。

内見とは、家賃も含めて、その物件が一定の条件を満たした上でおこなうものです。

よって、すでにネット情報や資料上で把握しているはずの家賃を理由に断るのは、マナー違反にあたります。

特に、内見の前段階に検討を終わらせておく条件のなかでも、家賃は最優先の項目です。

このような断り方は、不動産会社からはモラルを欠いた行動とうつります。

内見後に契約しない理由として家賃を持ちだすのはやめましょう。

2.なんとなく違う

内見後のダメな断り方2つ目は、
『なんとなく違う』という感覚的なイメージを理由にするケースです。

根拠のない返答

内見した本人としては率直な感想からの言動かもしれません。

ただ、不動産会社からは顧客がどのような物件を求めているのかが全く分かりません。

このため、その後に紹介する物件も無駄足になる可能性があり、不適切でダメな断り方といえます。

内見は、見る本人だけではなく不動産会社にも時間的な労力がかかります。

新居に求めるもののイメージが全然固まっていない段階であれば、内見をするには準備不足というのが不動産会社の見解です。

また、内心で「なんとなく違う」と思った場合でも、その明確な理由を伝えることが大切です。

こうした最低限のマナーを心がけないと、そのほかの賃貸物件も紹介してもらえない可能性があります。

3.他社で契約予定

内見後のダメな断り方3つ目は、
『他社で契約予定』の事実を後出しして理由にするケースです。

他社で賃貸契約

賃貸マンションの内見後に「他社と契約する予定」を理由に断る方が意外といるそうです。

「理由はないけど、とりあえず見ておきたかった。」
「今契約予定の新居で参考にしたい部分があって。」

いうまでもなく、内見後に契約しない場合の断り方としては、NGなだけでなく、非常識な振る舞いでもあります。

すでに他社との契約を予定しているのに、別の不動産会社に物件の内見を希望するのは、良識ある行動とは全くいえません。(もちろん本当に比較して検討したい場合はOKです!)

繰り返しになりますが、不動産会社は自らの労力を割いて内見に同行しています。

不動産は広いようで狭い業界です。

内見を依頼した会社だけでなく、そのほかの会社からも目を付けられないよう、良識ある言動を心がけるようにしましょう。

4.担当者が気に入らない

内見後のダメな断り方4つ目は、
『担当者が気に入らない』ことを理由にするケースです。

内見の担当者

もしこれが事実であり、実際に内見時に不快な思いをしたのであれば、その物件に住みたくない理由には共感できます。

しかしながら、不動産会社の立場からしてみれば、理不尽なクレームと取られる可能性があります。

なぜなら、不動産会社からすればサービスの一環である内見において、顧客に対して不快な思いをさせることには何のメリットもないからです。

本当に担当者が気に入らない場合でも、一方的な感情で契約しない理由にすることは避けた方がよいでしょう。

5.曖昧にしてほったらかす

内見後のダメな断り方5つ目は、
『曖昧にしてほったらかす』ことです。

保留中

賃貸物件の内見後、契約を明確に断らない、つまり返事を曖昧にしたままほったらかして、断ったことにする行為です。

このため、不動産会社のなかには期限を決めて契約の返答を求めるところもあります。

賃貸物件の内見においては、曖昧なほったらかしという行為は基本的にマナー違反ということを認識することが大切です。

6.何も言わず他物件の内見を希望する

内見後のダメな断り方6つ目は、
『何も言わず他物件の内見を希望する』ことです。

無言で別物件の内見を希望

内見をした方の一部には、契約の有無について触れないまま、他の物件について新たに内見を希望することがあります。

このケースも不動産会社からは歓迎されません。

内見後の物件について契約するかしないかわからない、さらには何もコメントが無いため、その物件に対する印象もわからないからです。

この行為を2件、3件と続けると、以降の物件を内見させてもらえないケースも考えられます。

不動産会社に失礼となるため、次の物件の内見を希望する場合は、きちんと意見を伝えてからリクエストするようにしましょう。

7.悪態をついて断る

内見後のダメな断り方7つ目は、
『悪態をついて断る』ことです。

物件に悪態をつく

常識ある方にとっては意外なことかもしれませんね。

賃貸物件の内見において、悪態をついて契約しないという事例もあります。

極端な例では、内見を開始した段階からクレームを発し、契約しない理由の代わりに悪態を浴びせるというケースもあります。

不動産会社からみれば、内見に連れてきたにもかかわらず、理不尽なクレームのみが返ってきた理不尽な状況ともいえます。


以上、内見後に契約しない場合のダメな断り方について解説しました。

内見して契約しない場合、断るタイミングは?不動産会社のスタッフにどう連絡する?

内見して契約しない連絡

物件を内見して契約しない場合、断るタイミング&不動産会社のスタッフにどう連絡するのがいいか解説していきます。

まず、主に次のような選択肢があります。

  • 内見後にその場で断る
  • 直接不動産会社へ行って断る
  • 後日電話で断る
  • メールで断る

通常では、これら4つの断り方が多いです。

すぐ断る方がいいの?後日の方がいい?

できれば内見直後、担当スタッフへ「契約しない」「この物件はやめときます」ときっぱり断るのがよいでしょう。

返事を引き延ばすと、不動産会社の担当スタッフも期待してしまいますからね。

よって、契約しないことがはっきり決まっている場合、後日に電話やメールを入れる方法はあまりおすすめできません。

内見後に契約しない旨を電話連絡

もし、内見の場で断らなかった場合でも、できれば当日中または次の日中に担当スタッフへ電話などで知らせるようにしましょう。

また当然ながら、全く連絡をしないことは、良識が疑われるので避けましょう。


ここまで様々なNG例をあげてきましたが、内見後したからといって、契約しない場合でも神経質になる必要はありません。

ふつうの不動産会社であれば、最低限の誠意をもって対応すれば、その後も継続して良い物件探しに協力してもらえます。

過剰に心配することはありませんのでご安心を!

まとめ

今回の不動産とーく『内見して契約しないのは失礼?賃貸物件の上手な&ダメな断り方を紹介!』もまとめです。

レオ教授レオ教授

さて、参考になったかの~?

本記事で解説したこと・内見して契約しないのはアリなのか
・賃貸物件の内見だけって失礼なことなのか
・内見して契約しない場合の上手な断り方&ダメな断り方
・内見して契約しない場合、断るタイミングと不動産会社にどう連絡すればいいか

不動産会社に内見をお願いした場合、物件に納得がいかなくとも、担当スタッフに気を使ってしまい、「契約しない」と断るのが難しい方は少なくないでしょう。

しかし、無理に契約した場合、「あの時、断っておけばよかった…」と入居後に後悔するのはあなたです。

つまり、納得のいかない物件は上手く契約しないと断ることが、将来的にも大切です。

解説したとおり、物件探しはまずネットなどで十分に下調べをしてから、内見を依頼しましょう。

一般的に、内見の上限は5回程度が望ましいため、住みたい住居のイメージをあらかじめ固めておくことが大切です。

一番重要なのは、あなたが納得のいくお部屋をみつけることです。

不動産会社の担当スタッフは、契約を無理強いする存在ではなく、物件探しのパートナーです。

内見後に断るときは誠意をもって申し出て、結果、一緒に理想的な賃貸マンションを見つけましょう。

長文に渡る記事を、最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、『内見して契約しないのは失礼?賃貸物件の上手な&ダメな断り方を紹介!』でした。

いい不動産屋の見分け方については、下記ページで詳しく解説しています。