売れない土地って買取できる?早く処分したいなら一括査定で売却!

「売り出した土地に買い手がつかない…」
「売れない土地って買取してもらえるの?」

こうした悩みは実に多くの方から聞かれます。

土地の売却に際しては、早く成約して欲しいというのは誰しもが共有する希望でしょう。
また、顧客がつかない売れない土地を長期間にわたって抱えている場合、不安や焦りが募ってくるのは当然のことといえます。

こうした売れない土地を効率よく成約へとつなげるには、本記事で紹介する一括査定を利用した買取がおすすめです。

そこで、ここでは売れない土地の不動産業者による買取をテーマに、その詳細な方法を紹介していきます。

マスターマスター

ケイスケさん、マチさん、いらっしゃい!
ようこそ、不動産バー「LIFE」に♪

ケイスケケイスケ

どうもです!
今日の話も楽しみにしてますよ。

マチマチ

マスター、こんばんは♪
今日のテーマは何ですか?

マスターマスター

今日は、売れない土地の買取について、ぐっと掘り下げていきます。
買い手がつかない土地を処分する方法も紹介していきますよ。

それでは最後までお付き合いください!

売れない土地を買取してもらうにはどうしたらいいの?

売れない土地の困ったところは、所有しているだけで税金がかかったり、また近所迷惑にならないよう管理などのコストが必要となることです。
さらに、長期的な視点からは価格が下がるリスクもあるため、できるだけ早く手放したいというのは当然のことでしょう。

よって、ここからは売れない土地をいち早く買取につなげるため、有効な対処方法を以下の2つの場合に分けて、一つずつみていきましょう。

  1. 今不動産会社から売りに出している場合
  2. 今は売りに出していない場合
マスターマスター

今のあなたの状況に合わせて、どちらかを確認してみて下さい。

1.今不動産会社から売りに出している場合

まずは現在、不動産会社を介して土地を売却に出しているケースについて紹介します。

買取には、再度、不動産業者による査定が必要です。
売れない土地の買取には、以下の2点の方法で査定依頼を進めていきます。

  1. 依頼中の不動産業者に買取査定を依頼
  2. 媒介契約を解約し、新たに買取業者を探して査定依頼

依頼中の不動産業者に買取査定を依頼

一番手軽なのは、現時点で土地の売却を依頼している不動産業者に買取査定および買取をしてもらう方法です。
当然ながら、こうした不動産業者は現在売り出し中の土地について調査を完了しているため、買取金額の試算や意思決定がスムーズに進むのが一般的です。

しかしながら、一部の不動産業者では仲介での売却のみで、買取をしていない場合もあります。
この場合は、現在の不動産業者を介して買取に対応可能な別の業者を紹介してもらえます。

ただし、別不動産業者の紹介に伴う仲介手数料が必要となることに注意しましょう。

マスターマスター

仲介手数料が発生する一方で、土地の説明などは現在の不動産業者が代行してくれるため、全体の手続きが簡単に済むメリットはありますね。

なお、先の仲介手数料は土地の買取価格にもよりますが、数十万円になるケースもあるため、仲介での買取依頼はよく検討したうえで実施しましょう。

ケイスケケイスケ

仲介手数料って、具体的にはどんな計算をするんですか?

マスターマスター

下記に計算方法を記載しましたので、買取価格に金額を当てはめて計算してみて下さい。

仲介手数料の計算方法

買取価格×3%+6万円=仲介手数料(別途消費税)
例:2,000万円×3%+6万円=66万円(別途消費税)

媒介契約を解約し、新たに買取業者を探して査定依頼

続いて、売れない土地を売却するには、新たな不動産業者に買取査定を依頼する方法もあります。


・現在依頼している不動産業者が買取をしておらず、紹介による仲介手数料の負担は避けたい
・高く買取してくれる不動産業者を自分で探したい


こんな方におすすめの方法です。

マスターマスター

直接買取してくれる不動産業者が見つかれば、仲介手数料はいりません。
大きなメリットですね。

ただ、
「不動産業者の変更は先方に悪い…今まで頑張ってくれたから…」
「まだ媒介契約の有効期間中のためペナルティがあるのでは?」

こうした理由で不動産業者の変更をためらう方もいると思いますが、媒介契約の解約では問題ありません。

マスターマスター

あなたの目的は、「土地の早期売却」です。
長く買い手を見つけることができなかった不動産業者は、いさぎよく手を切ることも必要です。

マチマチ

断るのって勇気いります(汗)
私にできるかなぁ…

また、媒介契約は期間を定めたうえで締結しますが、実際にはいつでも解約できます。
もちろん、この解約手数料は無料です。

一般的に不動産業者が仲介する取引においては、業者への報酬は成約時にはじめて発生します。
このため、現在の土地の売却が成立していない状態では、媒介契約の解約に伴う費用も発生しないんです。

媒介契約の解約後は、買取対応が可能かも含めて新たな不動産業者の探します。
また、この業者探しの際には、候補業者のこれまでの「買取実績のチェック」が欠かせません。
現在ではインターネットを利用し、こうした実績だけでなく口コミや評価などの情報も、比較的簡単に入手できます。

よって、こうした具体的な取引事例などを参考に新しい買取業者をピックアップし、そのあとで再度買取査定を依頼することもおすすめです。

2.今は売りに出していない場合

ここからは、土地を売りに出してはいたが、長く売れないため一旦販売を中止している場合です。
売れない土地の買取を進めるには、以下の方法になります。

1.買取可能な不動産業者に査定依頼

買取可能な不動産業者に査定依頼

売れない土地が買取できるのか、評価を把握するため、不動産業者に査定を依頼しましょう。
ここで注意したいのは「査定を複数社に依頼すること」です。

これは買取の査定金額がそれぞれの不動産業者で異なることが理由です。
たとえば、同じ土地であっても業者によっては100~500万円以上の違いがあることも少なくありません。

マチマチ

100~500万円!?
そんなに差がひらくこともあるんですか(汗)

マスターマスター

なかには自社の利益を優先し、明らかに相場よりも低い金額を提示する業者もいます。
こうした業者との契約を回避するうえでも、買取査定は複数社、できれば3社以上に依頼するのがベストです。

また、複数の査定金額を比較すると、あなたの土地について買取相場を把握することができます。
さらに、ここまでの過程で得られた各社の営業担当との相性や、買取査定の根拠などの情報を総合的に判断したうえで、最終的に買取を依頼する不動産業者の決定ができます。


ここまでは売れない土地の処理方法として、不動産業者に買取依頼をする方法を紹介してきました。
続いては、売れない土地を買取に出すメリット&デメリットについて紹介していきます。

売れない土地を買取に出すメリット&デメリットは?

売れない土地を買取に出すメリット&デメリットには、いったいどんなものがあるでしょうか?
それぞれ注意点と併せて紹介していきます。

買取のメリット

売れない土地を買取に出すメリットは以下の3点です。

1.直接買取なら仲介手数料がかからない

たとえ、なかなか売れない土地であっても、現在契約をしている不動産業者に直接買取を依頼する場合には仲介手数料が不要です。

通常、不動産取引における仲介手数料は数十から数百万円と高額のため、この手数料のかからない直接買取が成立すれば、それだけで大きなメリットとなります。

2.価格が合えば即売買できる

不動産業者が直接買取をする場合、その取引の迅速さはメリットの一つといえます。

一般的な取引では買主のリサーチから売却活動が始まるため、場合によっては数ヵ月も希望者を探し続けるといったリスクがあります。
最悪の場合には買い手がみつからず、売れない土地に伴う心労や税金などの負担ばかりがかかることも想定されます。

さらには、買主が見つかった場合でも、価格交渉、契約日時の調整、住宅ローンの手続き待ちなど、猥雑な手続きと時間がかかるケースもあります。

一方で不動産業者による買取では、一度金額が合意すればそのままスムーズに手続きをすすめることが可能です。

このように、業者の買取は土地の引き渡しまでがルーチン化しているため、速やかな売却および現金化を希望する方には大きなメリットになります。

3.瑕疵担保責任がない

売れない土地の不動産業者による買取には、瑕疵担保責任がないというメリットがあります。
原則的に、買主が一般個人の場合には土地を売却した後に瑕疵担保責任が生じます。

なお瑕疵担保責任とは、売却した土地に不具合や不備がある場合に売主が責任を負うことです。
たとえば、買主が建築工事を開始した際に、当該の土中から廃材や廃棄物が見つかった場合には売主の責任となります。

一方で、不動産業者による買取では取引相手が一般個人でないことから、瑕疵担保責任が免除されるのが通常です。
よって、本方法では売却後の懸念なく取引を完了することが可能です。


以上、売れない土地のメリットを解説しました。
売れない土地の処分方法である不動産業者による直接買取には、場合によってはデメリットが生じることもあります。
続いては、売れない土地の買取に関連したデメリットと注意点をみていきましょう。

買取のデメリット

売れない土地を買取に出すデメリットは以下の2点です。

  1. 市場で売る価格より安くなる
  2. 中には悪徳な不動産業者がいることも

1.市場で売る価格より安くなる

売れない土地を、一般の買い手ではなく不動産業者による買取は、利便性が高い反面、売却価格が2~3割安くなるのが一般的です。

これは不動産業者の提示する買取金額に、様々な経費や利益が考慮されるのが理由です。
このように一般的な市場価格よりも売却価格が安価になることは、買取における最大のデメリットといえるでしょう。

2.中には悪徳な不動産業者がいることも

先述のとおり、不動産業者による買取は市場価格より安いのが通常ですが、なかには相場よりも明らかに安い金額を提示する悪徳業者もいるため注意が必要です。

一般的に、不動産業者は買取価格(仕入れ値)よりも高額で土地を売却し、その利益で収入を得ています。
このため、買取価格(仕入れ値)はなるべく安く抑えたいのが不動産業者の心理です。

しかしながら悪徳業者のなかには、長い間売れない土地といった事情を逆手にとり、相場から逸脱した買取金額での取引を持ち掛けてくることもあります。
よって、売れない土地の買取の場合には、いかに信頼できる業者を選ぶことがとくに重要となります。

デメリットは以上です。


ここまで、売れない土地を買取に出すメリットとデメリットについて解説してきました。
続いての記事は、売れない土地を持ち続けるリスクについて、認識していきましょう。

売れない土地を持ち続けるリスクとは?

冒頭でも触れましたが、長い間売れない土地はただ保有しているだけでも様々な問題が生じる可能性があります。
売れない土地に関連するリスクについては下記3点が考えられます。

  1. 税金がかかり続ける
  2. 土地を管理・維持しないといけない
  3. 価格の値下がりリスク

リスクを避けるためにも、売れない土地は早く買取してもらいたいものですね。
それでは1つずつ説明していきます。

1.税金がかかり続ける

不動産においては、建物だけでなく土地にも固定資産税と都市計画税がかかります。
これらは毎年1月1日時点での所有者を対象としているので、年内に売れない土地である限り、固定資産税および都市計画税は毎年課税され続けます。

2.土地を管理・維持しないといけない

売れない土地で問題となるのが、放置して繁茂した草木の隣地への侵入や、ゴミの投棄といった衛生上の課題です。

こうしたケースはあなた自身だけでなく近隣住人にとっても迷惑な土地となります。
売れない土地は保有しているだけで、税金以外にも管理費用や様子見といった時間的なコストがかかります。

3.価格の値下がりリスク

売れない土地を保有し続けるリスクには土地価格の値下がりも含まれます。
もちろん、なかには地価が上がるケースもありますが実際には稀です。

さらに、売れない土地では地価の下落に伴って市場評価も下がっていくのが一般的です。
市場評価の低下例としては、長期にわたる同価格での広告掲載や売り物件の看板掲示など、「売れ残り」のイメージを購入検討者および近隣住民に与えるケースが挙げられます。

実際には相場価格で売却可能な土地であっても、こうした長期間売れないことによる風評には要注意です。


以上、売れない土地を持ち続けるリスクについて、3点あげました。
売れない土地は買取に出して、気持ちを早くスッキリさせたいものです。
ただ、そもそも売れない土地なんて買取してくれるのでしょうか?そんな良心的な不動産業者があるのでしょうか?、深掘りしてみていきます。

そもそも売れない土地なんて買取してくれるの?

これまでに何度か売却を試みた売れない土地であっても、不動産業者に買取を依頼する価値は十分にあります。

なぜなら、買取業者も多様であり、それぞれの会社によって物件に対する評価が異なるからです。
たとえば、実際に取引されている土地には、敷地面積の違いや、郊外や駅前といった立地条件、そのほか面積は広いけれど不整形といった様々な特徴があります。

不動産業者によっては、その特徴による土地の得意&不得意は異なるんです。

マスターマスター

例えば、高低差がある土地の造成工事が得意な業者、前道や間口が狭い土地の建築が得意な業者など、様々なんですよ。

あなたの土地が、その業者の得意に当てはまれば、他社より評価が高くなる場合もあるわけです。

また、土地の特徴だけでなく、各業者の評価には売上げ決算(3月末まで等)の関係上できるだけ物件を獲得したいといった時期的な事情もあるんです。

このため、売れない土地という先入観にとらわれず、まずは業者への買取査定を依頼してみることをおすすめします。

複数の不動産業者へ一気に買取査定を依頼するなら「一括査定」が便利!

売れない土地の買取には、一括査定での依頼が大変便利です。
これは複数の不動産業者に買取の査定を依頼可能なシステムで、土地の売主に様々なメリットがあるため近年では広く普及している手法です。
そこで、ここからは一括査定のメリットについて説明していきます。

不動産一括査定をおすすめする理由

1.無料で依頼できる

複数の不動産業者に買取査定を依頼する際に心配なのが手数料などのコストですが、一括査定は無料で利用できます。

よって、土地の売却に関わる費用を浮かせたい方にとって、一括査定は大きなメリットとなります。

2.適正価格がわかる

一括査定には土地の適正な買取価格を把握できるメリットもあります。
これは、買取査定を依頼したそれぞれの不動産会社から評価額が提出され、これらを比較することで適正価格かどうかの判断が可能となるためです。

もし土地の買取査定が一社だけの場合には、その価格が適正なのかを判断できません。
よって、一括査定には市場の相場観、買取の相場観を養ううえでも有用なサービスとなります。

3.信頼できる会社で査定ができる

不動産一括査定には信頼のおける会社選別にも役立ちます。

残念ながら、不動産業者のなかには自社利益を優先し、売主の利益をないがしろにする会社も少なからず存在します。

一方で、一括査定に登録されている不動産業者は規定の審査基準を満たした会社に限られていることが多いです
このため、買取査定により算出された評価額は、相場を反映した適正額として比較できます。

売れない土地を簡単に買取査定!「不動産一括査定サイト」ランキングはこちら!

先述のとおり不動産の一括査定は非常に利便性が高く、現在では多くのサイトが存在しています。
そこで、とくにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングにしましたので、利用の際に参考にしていただければ幸いです。

第1位『ライフルホームズ』
日本最大級の不動産情報サイトの一括査定

ライフルホームズの不動産売却査定
査定利用者が470万人を突破した<『LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)不動産売却査定』。

ライフルホームズの良さは何といってもその情報量にあります。
参加している不動産会社の数は全国で1700社を超えており、膨大な情報とネットワークが大きな魅力です。

さらに特徴的なのが各不動産会社についての情報がとてもきめ細かい点。
各不動産会社の強みや、資格所有者がいるかどうか、どんなイベントを行っているのか等が全てチェックすることができます。

売れない土地の買取には、査定をする不動産会社選びはとても大事なステップ。
これだけたくさんの情報量があれば、失敗しない不動産会社を選ぶことができるでしょう。

[運営概要] 
エリア日本全国(47都道府県)
登録社数1,700社以上
依頼可能社数最大10社
査定可能な不動産・マンション
・一戸建て
・土地
・倉庫
・工場
・投資用(一棟物件)
・投資用(区分所有)
利用者数476万人以上
査定費用無料
運営会社株式会社LIFULL
(東証一部上場)

ライフルホームズでは、個人情報の適正な取扱いを徹底するとともに、ユーザー数・使いやすさでも国内トップクラス。
「満足できる不動産売却」に重要な会社探しを手厚くサポートしてくれます。
人気のライフルホームズで、あなたにぴったりの不動産会社を見つけてみてはいかがでしょうか。

第2位『イエウール』
利用者数1000万人の大人気一括査定

イエウール公式サイト

売却成立サポート件数が年間20万件を突破する『イエウール』。
全国1600社以上の不動産会社から選ぶことができ、利用者数も最大級の人気サイトです。

特徴は大手不動産会社もさながらに、全国の地方・地域密着不動産会社とも多数提携していること。
しかも、お客様からの評判が悪い不動産会社はイエウール側から登録を解除することもあるため、厳選された不動産会社だけが提携しているので安心できます。

売りたい土地が郊外や地方にある場合にもおすすめ。
大手不動産会社よりも地域密着型の不動産会社の方がその土地の情報を詳しく知っており、買取査定が好条件に働くことがあります。

[運営概要] 
エリア日本全国(47都道府県)
登録社数1,600社以上
依頼可能社数最大6社
査定可能な不動産・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟アパート、一棟マンション
・区分マンション(収益)
・一棟ビル
・区分所有ビル(ビル一室
・店舗、工場、倉庫
・農地
・その他不動産
利用者数1000万人以上
査定費用無料
運営会社株式会社Speee

イエウールで、大手不動産会社や地域密着型の業者をあわせて、買取一括査定してみてはいかがでしょうか。
サービスの詳細や一括査定の依頼は、公式サイトで確認してみて下さい。

第3位『イエイ』
テレビCMも公開/実績10年の一括査定

イエイ 不動産一括査定
サービス誕生から10年、400万人超が利用している不動産一括査定『イエイ』。
10年以上の実績があり、テレビでもおなじみの信頼感のあるサイトです。

選べる不動産会社は大手から地元密着の有力会社まで、厳選された1000社以上。
その中から最大6社を選び、最短60秒で査定価格を比較できます。

イエイの特徴は、充実のサポート体制。
専門知識を持った専任スタッフが常在しているので、税金のこと、相続のことなど、不動産買取に係る様々なことを相談可能です。

売れない土地は持っているだけで不安ですよね。
土地の買取でわからないことが多いとさらに不安になになります。
イエイでは、万全のサポート体制が用意されているので、安心して買取査定を進められるのが魅力です。

[運営概要] 
エリア日本全国(47都道府県)
登録社数1,700社以上
依頼可能社数最大6社
査定可能な不動産・分譲マンション
・一戸建
・土地
・ビル一室
・マンション一棟
・アパート一棟
・ビル一棟
・工場、倉庫
・その他不動産
利用者数400万人以上
査定費用無料
運営会社セカイエ株式会社

相談も査定も無料なので、もし色々相談しながら進めていきたいのであればイエイはおすすめ!
詳細は公式サイトをチェックしてみて下さい。

まとめ

売れない土地の買取の流れについて、解説してきました。

マスターマスター

今回のテーマはいかがでしたか?

ケイスケケイスケ

売れない土地は持っているだけで、落ち着きませんね。
業者への買取ってもっとハードルが高いものと思ってましたが、意外と簡単なんですね。

マチマチ

今回もとっても勉強になりました。
売れない土地をもつ売主さんには、早く安心してほしいです。

売れない土地の存在は「このまま売却できないのか…」といった不安だけでなく、税金、管理費用、価格下落のリスクなど様々なデメリットの要因となります。
しかしながら、この有効な解決策のひとつとして、仲介手数料がかからず、かつ早期に現金化が期待できる不動産業者の買取があります。

ただし、なかには悪徳な業者も存在するため、一括査定サイトを活用した複数業者への査定依頼などで適正な相場観を養うことが大切です。

買取業者によって土地の得意&不得意は様々ですので、なかなか売れない土地でも一括査定によって買取契約がマッチする可能性は十分にあります。

このため、現在売れない土地の処分にお困りのあなたには、まずは無料の一括査定サイトの利用をおすすめします。

以上、『売れない土地って買取できる?早く処分したいなら一括査定で売却!』でした。


ケイスケケイスケ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

マスターマスター

あなたのお役に立てましたでしょうか?

マチマチ

もしよかったら、お友達やお知り合いの皆さんにもシェアしていただけると嬉しいです♪

マスターマスター

それでは、あなたにまたお会いできることを楽しみにしています!