[悲報]20代サラリーマンが不動産投資でカモに…未然に防ぐ対策5選

「20代のサラリーマンは不動産投資でよくカモられるって本当?」
「自分は絶対ダマされないって思うけど、正直不安…」

今や20代の若い世代が不動産投資を始める時代。
成功しているサラリーマン大家の不動産投資ブログやSNSがまさにその火付け役です。

「自分も儲けたい!」「この人みたいになりたい!」と気持ちが盛り上がっている人も多いのではないでしょうか?

ただ、大きなお金が動く不動産業界はそんな甘い世界ではありません。
儲けたい気持ちを逆手にとり、収入が安定し始めた20代サラリーマンをカモにする業者が多いことが現実です。

ニシダ社長-不動産業界15年-ニシダ社長-不動産業界15年-

近年、多くのサラリーマンが不動産投資でカモにされてますね…
何とか防ぎたいものですが(汗)

レオ教授レオ教授

特に20代はかわいそうじゃ
人生これからって時に…
では、今日の目次じゃ!

今回の不動産とーく『[悲報]20代サラリーマンが不動産投資でカモに…未然に防ぐ対策5選』では、不動産業界15年の知識と経験にもとづき、実際の不動産コンサルティングで話すレベルの内容を無料で解説していきます。

この記事を読めば、これから不動産投資に挑戦する20代のサラリーマンが、間違った情報を避けて取り組むための良いきっかけになると思います。

どこに罠が潜んでいるかわかりません。
絶対にカモにされたくないあなたは必見です!

20代の相談者年々増加(汗)サラリーマンが不動産投資でカモに…

独立行政法人 国民生活センターの調査によると、不動産投資用マンションの全体の相談件数は減少傾向の一方で、20代の相談件数は年々右肩上がりが続いています。

投資用マンションの20歳代の相談件数と平均契約購入金額

20代の相談件数に当たるピンクの棒グラフを見ると、2013年度の160件から年々増加し、2018年度にはなんと「405件」と約2.5倍に上っています。(2019年2月28日時点)

2018年度以降の調査発表は未定ですが、インターネット広告の活発化を考えると、さらに右肩上がりが続いていると予想できます。

同調査によると、具体的な相談事例は以下の通りです。

【事例1】
投資用マンションをしつこく勧誘され、事業者が怖くて契約をしてしまった
【事例2】
街頭アンケートに記入したら投資用マンションを勧誘され契約してしまった
【事例3】
家賃保証があると勧誘され投資用マンションを購入したが、赤字になっている
【事例4】
事業者に指示されて虚偽申告をしローン等を組んだが支払えない

不動産投資業界では、知識武装していないとカモ情報にすぐ引っ掛かります。

「つり下げられた美味しそうなアンパンに食いついたら、実はあんこが入っていなかった…」、こんな物件紹介が日常茶飯事です。

レオ教授レオ教授

事前にわかればいいんじゃがな
だいたい買ったあと失敗に気づくのが不動産投資のこわいところじゃ

「自分は大丈夫!」と、どこか他人事に考えている人ほどカモにされるケースも多いようです。

ではなぜ、20代のサラリーマンが狙われるのでしょうか?
その理由を解説していきます。

不動産投資で20代サラリーマンがカモられる4つの理由

悪徳な不動産会社
20代サラリーマンが不動産投資でカモられる理由は以下の4つです。

  1. 投資の知識にうといから
  2. 自分の影響力を高めたい人が多いから
  3. 収入が安定+住宅ローンが無い人が多いから
  4. 単身者が多いから

理由1.投資の知識にうといから

まず、20代のサラリーマンは『投資の知識にうといから』カモの対象になります。
投資の知識がないばかりに、営業マンの巧みな話術に騙されやすいわけです。

「この立地で利回り15%の物件なんてなかなか出てきませんよ!」
「2,000万円ぐらいのローンなんて20代サラリーマンならみんな普通に組んでますよ」
「将来を真剣に考え始めた人から不動産投資を始めてるんです!みんなに差をつけたくありませんか?」

こう言われたらどうでしょう?

生徒:マチ生徒:マチ

気持ちが少しグラッときました(汗)

レオ教授レオ教授

危ないの~

不動産投資の知識にうとい20代サラリーマンの大半は、営業マンの話す内容が本当かどうか判断できません。
なのに、興味があるとくれば「絶好のカモ」になってしまいます。

さらに、知識がない状態で成功体験ばかり並べられるとどうでしょう?

自分もそうなりたい欲から、不動産投資特有のリスクに目も当てるスキもなく、質の悪い物件や割高なマンションをつかまされてしまうわけですね。

2.自分の影響力を高めたい人が多いから

20代にはSNSなどで『自分の影響力を高めたい人が多いから』、そのエネルギッシュな気持ちに付け込み、カモにするわけです。

レオ教授レオ教授

あなたもインフルエンサーなどに憧れをもっとらんか?

「20代で不動産投資に成功なんてカッコいい」
「若くして資産家になったらモテるはず」
「SNSで影響力が高い人になりたい」

など、自分をもっと良く見せる目的に不動産投資に手を出す人もいます。

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

これは危険な気がします

「とにかく儲かる投資物件を早く手に入れたい」という気持ちが先行することから、物件の特徴や細かな利回りなどは、それほど真剣に考えない人が多いです。

不動産会社からすれば、これほどカモにしやすい人はいません。

自分の影響力を高めたい気持ちを、不動産投資に興味を持つ「きっかけ」にするのは何ら問題ありません。
ただし、「目的」にするのは絶対に避けるべきですね。

3.収入が安定+住宅ローンが無い人が多いから

20代サラリーマンは『収入が安定+住宅ローンがない人が多いから』不動産投資でカモの対象になります。

サラリーマンは毎月の収入が安定しており、銀行からの信用も高く、ローンを組むのは比較的スムーズ。
一方、自営業やフリーランスの人は収入が不安定なため、ローンの審査も厳しくなる傾向です。

また、サラリーマンの中でも20代は賃貸に住む人が多いので、さらに審査は通りやすいと言えます。

レオ教授レオ教授

マイホームの購入で住宅ローンを組んでいる人は、投資物件のローンが通りにくいんじゃ

生徒:マチ生徒:マチ

30代や40代はマイホームを所有している割合が多いと聞きますもんね

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

だから20代がカモにされやすいわけですか

不動産投資の知識にうとい上にローンが通りやすいとなれば、20代サラリーマンは格好のカモになりますね。

4.単身者が多いから

20代サラリーマンは『単身者が多いから』カモられやすいと言えます。

単身者の場合、基本的に誰かの許可を得る必要がなく、自分1人の判断で自由にお金を使うことができますからね。

一方、結婚をしているとそうはいきません。
自分自身は不動産投資に挑戦したいのに、奥さんが反対するケースは多々あります。

レオ教授レオ教授

女性は特に慎重じゃからな

そうすると、不動産会社にとって奥さんの存在は面倒かつ厄介でカモにしにくいわけです。
よって、単身者の多い20代サラリーマンが不動産投資のカモにされやすいんです。


以上、20代サラリーマンが不動産投資でカモられる理由を解説しました。

  1. 投資の知識にうといから
  2. 自分の影響力を高めたい人が多いから
  3. 収入が安定+住宅ローンが無い人が多いから
  4. 単身者が多いから
生徒:マチ生徒:マチ

教授、なんとか対策はできないものでしょうか?

レオ教授レオ教授

うむ、今日の本題じゃ
対策を解説していくぞ!

20代サラリーマンが不動産投資でカモられない対策[5選]

20代サラリーマンが不動産投資でカモられない対策
20代サラリーマンが不動産投資でカモられないための対策は以下の5つです。

  1. 知識を習得する
  2. 不動産投資経験のある良き相談者を見つける
  3. 実質利回りのシミュレーションに慣れる
  4. 新築の投資物件に手を出さない
  5. うたい文句が「儲かる」「保証される」の案件はまず疑う

カモられないためには「情報の取捨選択」「失敗を避ける投資判断」、この2点ができるようになることです。
では対策1つずつ解説していきます。

対策1.知識を習得する

カモられない1つ目の対策は『知識を習得する』ことです。
勉強して基礎知識からしっかり学べば、カモってくる不動産会社から自分を守ることができます。

「あれ?これおかしくない?」

と、営業マンのうまい話に客観的な視点をもって冷静な判断ができるようになるでしょう。

20代サラリーマンが不動産投資を1から勉強するなら、「本」「セミナー」がおすすめです。
特に本は、わずか1,000円〜2,000円ほどで、経験豊富な不動産投資家のノウハウを勉強できます。

ただし、同じ著者の本ばかり何冊も読むと知識や考え方がかたよりますので、著者の異なる本を5冊以上読んで、より幅広く知識を習得しましょう。

本で基礎知識を勉強しながら、セミナーへ積極的に参加するとより知識が深まります。

レオ教授レオ教授

参加費無料や初心者向けのセミナーも多いから、ものは試しで行ってみるとええぞ

全国の不動産投資セミナーを探せるページのリンクを貼っておきます。

セミナーは基本的に主要都市部で行われることが多いです。
遠くてなかなか行けない方はオンラインセミナーもあるのでおすすめです。

20代サラリーマンが不動産投資でカモられないためには、まず『知識を習得する』ことが大切ですね。

対策2.不動産投資経験のある良き相談者を見つける

カモられない2つ目の対策は『不動産投資経験のある良き相談者を見つける』ことです。
やはり勉強した知識だけでは、投資判断が難しい場合も多いからです。

レオ教授レオ教授

投資の世界では経験に勝るもの無しじゃ

初めての物件選び、銀行選びなど、不動産投資経験が無い20代サラリーマンには疑問に思うことは多いものです。
そんな時に、友達や知人の身近な経験者からのアドバイスがあれば心強いです。

レオ教授レオ教授

なにげに親戚に経験者がいたりすることも多いぞ

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

早速聞いたら、おじが経験者でした

生徒:マチ生徒:マチ

不動産会社に相談したらダメなんですか?

不動産会社への相談はおすすめできませんね。


  • 相談した営業マン自身に投資経験が無いことが多い
  • どうしても業者寄りの返答になることが多い

以上の理由からです。

一方、友人や知人、親戚などの不動産投資経験者なら、中立な立場でアドバイスをしてもらえます。

レオ教授レオ教授

セミナーや物件見学に同行してもらえば、心強い存在にもなるじゃろ

20代サラリーマンがいざ不動産投資でカモられないためにも『不動産投資経験のある良き相談者を見つける』ことも大事です。

対策3.実質利回りのシミュレーションに慣れる

カモられない3つ目の対策は『実質利回りのシミュレーションに慣れる』ことです。
不動産投資の世界で利回りの根拠を知らないと、カモ情報にすぐ騙されてしまうからです。

利回りには「表面利回り」と「実質利回り」の2種類があることを知っていますか?
内容の違いは下記の通りです。

表面利回り
物件購入価格に対してどのくらい家賃収入が見込めるか、あくまで表面的な収益性を判断する数値です。
※計算式は「年間家賃収入÷物件購入価格×100=○%」で表すことができます。
実質利回り
物件購入価格に経費も加えて、実際に見込める手取り家賃収入から具体的な収益性を判断する数値です。
※計算式は「(年間家賃収入−年間経費)÷(物件購入価格+購入時経費)×100=○%」で表します。

簡単な違いは、「購入時と運営時の経費」を考慮しているかどうかです。
経費を加味している実質利回りの方がもちろん低くなり、より現実に近い数値になります。

そこで、20代のサラリーマンをカモにする不動産会社はこの利回りの仕組みをうまく利用します。
つまり、「表面利回り」を前面に出してシミュレーションし、あたかも収益性が高いと思わせ、特定の物件を売りつけてくるわけです。

レオ教授レオ教授

フタを開けたらそれ程儲からない結果が待っているというわけじゃ

よって、不動産投資でカモられないためには『実質利回りのシミュレーションに慣れる』ことです。

まず、「表面利回り」で投資対象に値するかどうか検討します。
その上で「実質利回り」を計算し、投資判断をする手順をクセ付けておきましょう。

そして、将来売却する時の資産価値まで考えることができればベストです。

レオ教授レオ教授

税金の存在も忘れるでないぞ!

対策4.新築の投資物件に手を出さない

カモられない4つ目の対策は『新築の投資物件に手を出さない』ことです。
20代サラリーマンが最もカモられて失敗している不動産投資物件が「新築」だからです。

新築の物件価格には、不動産会社の広告費や人件費、利益などが含まれています。
つまり、相場以上に価格が上乗せされているため、マイナススタートの不動産投資と考えてもらっていいと思います。

レオ教授レオ教授

新築はカギを開けた瞬間に、「2割」は価値が下がると言われるの~

生徒:マチ生徒:マチ

…2割もですか(汗)

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

たしかに一度鍵を開ければ「中古」になりますもんね

しかも、新築は価格が高いため、まとまったローンを組むケースが大半です。
家賃収入の一部が毎月のローン返済額に当てられ、さらには経費と税金を除いてやっと手取りです。

新築は家賃を高く設定できはしますが、同時にローンの返済額も高くなります。
多額の初期投資(借金)をしたわりには利回りは低く、また、空室の発生や将来家賃の下落が起こった場合には相当なリスクです。

よって、『新築の投資物件に手を出さない』ことを肝に銘じておくといいでしょう。

20代サラリーマンが不動産投資を始めるなら「中古戸建」がベター。
まずは、価格が安い中古戸建から始め、少ないリスクで不動産投資の経験を積むのがいいでしょう。

対策5.うたい文句が「儲かる」「保証される」の案件はまず疑う

カモられない5つ目の対策は『うたい文句が「儲かる」「保証される」の案件はまず疑う』ことです。

投資の世界では、リターンとリスクは表裏一体。
「儲かる」、つまり高いリターンには高いリスクが付いてまわるからです。

簡単に「儲かる」と口にする営業マンや不動産会社を信用してはいけません。
リスクの説明がほとんどない場合は、自分がカモの対象にされていると思った方が賢いです。

購入の判断に困ったら、「なぜ初心者の自分のところへ儲かる物件の情報がくるのか?」、こう自問自答して客観的かつ冷静にみることが何よりの対策になります。

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

昨日今日会った営業さんが、初心者の自分にわざわざ紹介してくれるなんて、たしかに裏がありそうですね

また、「儲かる」の他、「保証される」のうたい文句の案件にも注意しましょう。
例えば、「空室でも家賃が保証されるので安心」などです。

もちろん案件によりますが、空室でも家賃保証する反面、契約上の縛りがきついことが多いからです。
本来もらえる家賃が相場より低い設定になっていることも少なくありません。

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

仕組みが理解できない内は手を出すべきではなさそうですね

レオ教授レオ教授

途中で保証を打ち切られてトラブルになるケースも多いからの~

20代サラリーマンが不動産投資でカモられないためにも『うたい文句が「儲かる」「保証される」の案件はまず疑う』ことを心掛けましょう。


以上、20代サラリーマンが不動産投資でカモられないための対策を解説しました。

  1. 知識を習得する
  2. 不動産投資経験のある良き相談者を見つける
  3. 実質利回りのシミュレーションに慣れる
  4. 新築の投資物件に手を出さない
  5. うたい文句が「儲かる」「保証される」の案件はまず疑う
生徒:マチ生徒:マチ

不動産投資って色々ハードルが高そうですね(汗)

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

教授、大前提で20代のサラリーマンが手を出していい投資なんでしょうか?

レオ教授レオ教授

うむ、そこは解説しておいた方が良さそうじゃな

そもそも20代サラリーマンが不動産投資に手を出して大丈夫?

20代サラリーマンに流行りの不動産投資
結論から言うと「大丈夫です」
ただし、「不動産投資=不動産賃貸業」、ビジネスの自覚を持って取り組むことが必要かなと思います。

本気で取り組む姿勢があるなら、20代のサラリーマンが不動産投資を行なっても、成功する可能性は充分にあります。

不動産投資では思っている以上に色んなことが起きます。


  • 空室のままなかなか入居者が決まらない
  • 周辺に競合物件が多くでてきた
  • 近くのショッピングモールが閉店した
  • 地震や台風などの災害で修繕が必要になった

レオ教授レオ教授

あなたをカモにする不動産会社から身も守らにゃならん

ビジネスでは壁にぶつかることが当たり前。
日々の努力はもちろん、多くの失敗と経験の上にビジネスは成り立つものです。

あなたはその覚悟をもって乗り越えていけそうでしょうか?
サラリーマンである本業をおろそかにすることなく、挑戦を続けていけそうでしょうか?

目的をもって「大丈夫、やれる!」と思えたなら、ぜひやるべきです。
「ちょっと難しいかな…」と思ったなら、もっと低リスクで手間のかからない投資信託など別の投資に目を向けるべきかもしれません。

不動産投資は「○半不労所得×不労所得」のイメージ

不動産投資で得られる家賃収入は「不労所得」と言われますが、私は完全にそうとは思いません。


  • 買う物件の地域には賃貸需要があるか
  • コストをどれだけ削減できるか
  • リフォームはどの程度かけるべきか
  • 入居者の満足度を高めるにはどうすればいいか
  • 空室が発生したらどう対処すべきか

安定した収益を得るに当たっては結構考えて実践することが多い投資です。
実際のところ「半不労所得」のイメージが近いかなと思います。

忙しいサラリーマンが手を出した結果、「…大変だな」と感じ、途中で挫折する人って何人もいますからね。

「サラリーマンの本業収入↑不動産投資の家賃収入↑」を目指せるかがカギ

20代ならなおさら会社でバリバリ仕事を任されて、出世もしていく大切な時期でしょうから、不動産投資とのバランスを考えるべきです。

「サラリーマン本業収入↑家賃収入↑」を目指すべきなところ、不動産投資にかける時間が大変すぎて「サラリーマン本業収入↓家賃収入↑」では本末転倒なわけです。

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

何のために不動産投資を始めたかわかりませんね(汗)

生徒:マチ生徒:マチ

本業がおろそかになって出世できなかったら…

よって、「サラリーマンの本業収入↑不動産投資の家賃収入↑」、この状態をうまくコントロールして目指せるなら20代でも挑戦する価値はあります!

まとめ

今回の不動産とーくは『[悲報]20代サラリーマンが不動産投資でカモに…未然に防ぐ対策5選』と題して、下記の項目を解説しました。

本記事で解説したこと

  • 不動産投資における20代サラリーマンの相談件数など
  • 不動産投資で20代サラリーマンがカモられる4つの理由
  • 20代サラリーマンが不動産投資でカモられない対策[5選]
  • そもそも20代サラリーマンが不動産投資に手を出して大丈夫なのか
レオ教授レオ教授

どうじゃ?
あなたも不動産投資へのヒントはつかめたかの~

投資は自己責任と言われるように、不動産会社の営業トークを最終決断の材料にしてはいけません。
あくまで「参考」や「きっかけ」にとどめて、最終的に手を出すかどうかはあなたの知識をもって正しく取捨選択しなければいけません。

20代で不動産投資に興味をもち、将来のことを真剣に考えるあなたは素晴らしいと思います。
その思いを良い形で叶えるためにも本記事がお役に立てばうれしいです。

以上、『[悲報]20代サラリーマンが不動産投資でカモに…未然に防ぐ対策5選』でした。

▽ よく一緒に読まれる記事 ▽