定年までに住宅ローンが終わらない…定年後に払えない人の対策2つ+α
「定年までに住宅ローンが終わらない…」
「住宅ローンなんて定年後は払えない…」

定年までに住宅ローンが終わらない将来を考えると、不安で仕方がないですよね。

ただでさえ退職金や年金に期待を持てず、さらには老後に最低2,000万円必要と言われる世の中。
不安を解消するために、今どんな対策を取るべきなのでしょうか?

今回の不動産とーく『定年までに住宅ローンが終わらない…定年後に払えない人の対策2つ+α』では、不動産売却経験17年の経験にもとづき解説していきます。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界歴17年。取引件数は400件超・相談件数は2,800件超の実績。不動産コンサルティング事業を行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。≫詳しいプロフィール
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

住宅ローンが定年後に払えない人の対策[2つ]

住宅ローンが定年後に払えない人の対策
マイホーム購入者の8割は、住宅ローンを35年で組みます。
つまり、誰もが定年までに住宅ローンが終わらない仕組みで借りているわけです。

その上で、定年後に住宅ローンが払えない事態に備えた対策は以下の2つです。

対策を取る前にまずは現状把握です。
銀行にもらった返済予定表などで「今現在」と「定年後」の住宅ローン残高、借入金利を確認しておきましょう。

レオ教授レオ教授

それでは対策を1つずつ解説するぞ!

1.少しずつ繰り上げ返済する

『少しずつ繰り上げ返済する』は、定年後に住宅ローンが払えない事態に備えた対策の1つです。

働ける今の内に繰り上げ返済して、定年後の毎月支払い額をできるだけ少なくします。

借入年数や金利にもよりますが、たとえ数十万の返済でも毎月支払額が数千円単位で変わることが多いです。

繰り上げ返済のシミュレーションなら、知るぽるとが便利です。

2.借り換えして支払い額を減らす

『借り換えして支払い額を減らす』は、定年後に住宅ローンが払えない事態に備えた対策の1つです。

2022年現在はネット銀行の参入もあって、各銀行の金利競争が激化しています。

数年前までは0.6%切ると超低金利と言われていましたが、今ではどこも普通にやってます。

ケイスケ

この前0.3%台を見ました

レオ教授レオ教授

銀行にすれば赤字金利じゃな(笑)

借り換えは早ければ早いほど、後の支払いが得になるので、定年後に備えてぜひ検討してみて下さい。

今1番低い金利で借り換えたいなら「モゲチェック」のオンラインサービスが便利です。

「無料」の一括比較で実際に減らせる額とおすすめの銀行が簡単にわかります。≫モゲチェック


以上、定年後に住宅ローンが払えない事態に備えた対策を解説しました。

定年までに住宅ローンが終わらないのは一般的です。
その上で、定年後に向け、余裕をもって対策を進めてみて下さい。

定年後の払えない住宅ローンを売却で備える方法

定年後の払えない住宅ローンを売却で備える方法
定年後ほんとうに住宅ローンが払えない場合は「売却」するしかありません。

繰り上げ返済や借り換えがうまくいかないことを想定して、今から売却にも備えておくと、万一の不安がクリアになります。

まずやることは、

  • 今現在の査定額
  • 定年後の査定額(予測)

以上2点を不動産会社に出してもらいます。

ここで、それぞれの査定額が各時期の住宅ローン残高を上回るかどうか確認します。

レオ教授レオ教授

家の売却には住宅ローン完済が条件になるからじゃ!

マチ

銀行の返済予定表で照らし合わせですね

定年後の査定額はあくまで予測でしかないので、厳しめに見ておくことをおすすめします。

査定額が住宅ローン残高を下回る場合は要注意

特に、定年後の査定額(予測)が、定年後の住宅ローン残高を下回る場合は要注意です。

もし売却して現金を足しても完済できないと、定年後に売りたくても売れない事態になるからです。

一方の今現在の査定額で今の住宅ローンを完済できるなら、早めに売却して住み替えることも選択肢の1つです。

ケイスケ

ちなみに、定年後に住宅ローンを払えない状態が続くとどうなるんでしょう?

レオ教授レオ教授

3~6ヶ月程度の滞納が続くと競売になり、強制的に安値で売却されて借金だけが残ってしまうんじゃ…

マチ

…それは避けなくてはいけませんね

くれぐれも定年までに終わらない住宅ローンは、「少しずつ繰り上げ返済する」「借り換えして支払い額を減らす」での対策がまずは基本です。

売却での備えは、繰り上げ返済・借り換えでどうにもならない場合の選択肢として用意しておくイメージです。

3社以上の不動産会社の査定額を入手する

話を戻して、まずやることは、

  • 今現在の査定額
  • 定年後の査定額(予測)

以上2点を不動産会社に出してもらい、それぞれの時期で住宅ローン残高を完済できるかチェックです。

その際、必ず「3社以上の不動産会社の査定額を入手する」ことです。

査定額は各不動産会社で異なるからです。

レオ教授レオ教授

「3社以上」は比較の精度を上げるためじゃ!

例えば、3社へ一度に今現在の査定を依頼した場合、以下のように必ず差が出ます。(実際にあった査定結果です)

A社 2,760万円
B社 2,470万円(最安値)
C社 3,010万円(最高値)
マチ③

わっ、結構大きく差が出るんですね!

レオ教授レオ教授

定年後の査定額(予測)はもっと差が出るはずじゃ!

ポイントは各不動産会社に査定額の「根拠」を確認することです。

そうすれば、実際に売れる価格の妥当なラインが見えてくるはずです。

レオ教授レオ教授

その妥当なラインの価格で、住宅ローン残高を完済できるかどうかじゃ!

マチ②

でも、3社以上の不動産会社に依頼なんてハードルが高すぎる気も…

レオ教授レオ教授

それなら良い方法があるぞ!

3社以上には
「不動産一括査定」で一気に依頼すれば簡単

3社以上への査定依頼が大変なら「不動産一括査定」を使うと簡単です。

不動産一括査定なら、たった1~3分程度で一気に依頼できるからです。

具体的なメリットは、

  • 1社1社探す必要がない
    →地域に対応した不動産会社がリストアップされる
  • 来店する必要がない
    →スマホorパソコンからどこでも依頼できる
  • 同じ説明が何度も必要ない
    →たった一度だけ情報を入力すればOK
  • 結果が揃うまで何日もかからない
    →依頼後すぐに査定が開始されるのでスピーディー
レオ教授レオ教授

しかも「無料」で使えるぞ!

また、一括査定後の売却するorしないは自由なので気軽に利用できます。

業界17年のプロが教える!
今おすすめの不動産一括査定サイトは?

スーモ売却査定の公式サイト

スーモ売却査定無料)』がおすすめです。

全国2,000店舗と提携しており、大手から地元の不動産会社まで幅広い範囲で査定依頼できるからです。

しかも、運営会社はゼクシィやリクナビなど有名サービスを展開する大手リクルートなので安心感があります。

マチ

知名度が高いと信頼もできますね!

査定額に500万以上も差が出る場合も多いので、ぜひあなたも依頼してみて下さい!

[公式]スーモ売却
\かんたん60秒で入力完了!/
来店不要・24時間OK
※おおよその情報で依頼できます
浅井 香織さん(37歳・岡山県)

37歳女性
とにかく早く査定額を知りたかったので、スピーディーな対応に感謝です。
遠山 尚樹さん(46歳・静岡県)

46歳男性
300万も差が出たので驚いた。
複数社で相見積もりすることの大切さがわかった。
望月 栄太さん(41歳・兵庫県)

41歳男性
お金を払ってもいいレベルの丁寧な査定結果をもらいました。
結果的に売却はしませんでしたが無料でした。
[公式]スーモ売却
\かんたん60秒で入力完了!/
来店不要・24時間OK
※おおよその情報で依頼できます

まとめ:定年までに終わらない住宅ローンは早めに対策

今回の不動産とーくは『定年までに住宅ローンが終わらない…定年後に払えない人の対策2つ+α』と題して、下記の項目を解説しました。

よく一緒に読まれる記事
よく一緒に読まれる記事

大半の人は住宅ローンを35年で組みます。
そのため、誰もが定年までに住宅ローンが終わらない仕組みで借りています。

昔のように住宅ローンを退職金で完済できる時代ではなくなりました。
定年後に払えない不安のある人は早めに対策してみて下さい。