住み替えたい…でも売れなかったら?取れる対策・賢い売却計画[各3つ]
住み替えたい…でも売れなかったらどうしよう…
ずっと売れなかったら住み替えできないままか…

住み替えにも今の家が売れなかったら、資金の目途が立たず身動きできない人がほとんどです。

あなたも住み替えを行動に移す前の段階かと思います。

実際に売れなかったらどんな対策が取れるのでしょうか?
スムーズに住み替えをするために、どんな売却計画を立てるべきでしょうか?

よく一緒に読まれる記事
ニシダ代表ニシダ代表

今の家が売れず、満足に住み替えできない人も多いですね

レオ教授レオ教授

希望価格で売れず、住み替え自体を取りやめにする人も少ないないの~

今回の不動産とーく『住み替えたい…でも売れなかったら?取れる対策・賢い売却計画[各3つ]』では、不動産業界16年の知識と経験にもとづき解説します。

この記事を読めば、住み替えのカギとなる「売却」への不安を解消するきっかけになるはずです。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界歴16年。相談件数2,800件超・査定件数2,000件超。不動産コンサルティング事業を行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。≫詳しいプロフィール
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

住み替えで実際に売れなかったら取れる対策[3つ]

住み替えで売れなかったら取れる対策
住み替え目的で今の家を売り出したはいいが、実際に売れなかったら取れる対策は以下の3つです。

レオ教授レオ教授

売却活動を開始した後、売れない状況に直面した場合の対策じゃ!

対策1.売り出し価格の値下げ

『売り出し価格の値下げ』は、住み替えで実際に売れなかったら取れる対策の1つです。

実際「売れなかったら→値下げして売り切る」のが一般的です。
大半の不動産は値下げすれば売れるからです。

中には、経済的に余裕をもって住み替えるために、高く売りたい人は多いです。

ただ、周辺相場より高く売るには、立地・間取り・内装などがよほど魅力的でなければ叶わないでしょう。

特に、物件情報の新鮮さから、最初の3ヶ月間が一番売りやすいです。
最初の売り出し価格の設定を間違えないように、不動産会社としっかり相談して決めておきたいところです。

一方で、今の家にまとまった住宅ローンがある場合は、「〇〇〇〇万円以上で売却しないと完済できない」といった事情もあると思います。

しかし、住み替えを優先するなら、無理に相場以上で売却しないことです。

つまり、住宅ローンの完済には一部現金を用意して、今の家の売り出し価格を相場に合わせて売却することも1つです。

対策2.不動産会社を変更する

『不動産会社を変更する』は、住み替えで実際に売れなかったら取れる対策の1つです。

不動産会社によって、顧客数・広告戦略・営業マンの人数・知名度・実績などが異なるからです。

レオ教授レオ教授

また、どの不動産会社にもエリアの得意or不得意が必ずあるんじゃ

あなたの町にも多くの不動産会社があると思います。

もちろん最初に依頼する会社が重要ですが、「このまま売れなかったら…」「早く住み替えたいのに…」と不安になる場合は、不動産会社を変更することも効果的な対策の1つです。

レオ教授レオ教授

不動産会社を変えた途端、問い合わせが増えたなどはよく聞く話じゃ

ケイスケケイスケ

不動産会社はしっかり比較が必要ということですね

対策3.買取業者に売却する

『買取業者に売却する』は、住み替えで実際に売れなかったら取れる対策の1つです。

不動産会社の買取では、提示された価格に納得すれば即売却できるからです。
「売れなかったら…」と悩む必要はなくなります。

しかし、一般的に市場で売却する相場の7~8割程度になることはデメリットです。

不動産会社は買取後に、自社物件として利益をのせて再度販売するため安くなります。

レオ教授レオ教授

早く売ってでも住み替えを優先するかどうかの選択じゃな

ただ、実際に売れないから買取では、買い叩かれる可能性には注意です。

最低3社以上に買取査定を出して比較し、より高く買い取ってくれる不動産会社を見つけるといいでしょう。


以上、住み替え目的で今の家を売り出したはいいが、実際に売れなかったら取れる対策を解説しました。

もし住み替え前に売れなかったら必ず原因を探る

住み替えを前にもし今の家が売れなかったら、まずは原因を探りましょう。

早く住み替えしたい焦りから、安易な理由で対策を繰り返しても何も改善しないからです。
あくまでも原因に沿った対策を実行に移すことが大事です。

代表的な売れない原因は、

  • 不動産会社の売却力不足
  • 相場より売り出し価格が高い

よくある失敗として、

  • 原因は「不動産会社の売却力不足」なのに売り出し価格を下げてしまう
  • 原因は「相場より売り出し価格が高い」のに不動産会社を変更してしまう

これでは、いつまでも経っても売れないループにハマってしまいます。

対策に踏み切る時は、必ず原因を明確にした上で実行することが大事です。


そもそもスムーズな住み替えを進めるためには、売り出す前にしっかり売却計画を立てることが重要になります。
住み替えを賢く進めるための売却計画を続けて解説します。

売れなかったらイヤ…住み替えを賢く進める売却計画[3つ]

住み替えを賢く進める売却計画
住み替えを賢く進めるための売却計画は以下の3つです。

「売れなかったら…」と不安な感情を取り除くには、事前に売却計画をしっかり立てておくことが一番です。

1.不動産会社はしっかり比較して選ぶ

『不動産会社はしっかり比較して選ぶ』と、住み替えを前に「売れなかったら…」と悩むことが少なくなります。

売れない場合の対策でも触れましたが、不動産会社によって、顧客数・広告戦略・営業マンの人数・知名度などが異なるからです。

「売却成功の8割は不動産会社選びで決まる」と言っても過言ではありません。

家の査定は3社以上に依頼し、査定を通じて各社の対応・実績・強み・評判などを比較することをおすすめします。
効率よく比較するなら不動産一括査定が便利です。

「この会社なら!」「この人なら!」とあなたが信頼できる不動産会社・営業マンに任せて、スムーズな住み替えを進めましょう。

良い不動産会社とめぐり会えるだけで、住み替えの成功率は格段に上がります。

2.不動産会社と一緒に住み替え計画を立てる

『不動産会社と一緒に住み替え計画を立てる』と、住み替えを前に「売れなかったら…」と悩む気持ちが少なくなります。

不動産会社は、売却活動はもちろんのこと住み替えのサポートに関してもプロだからです。

希望の住み替え時期や条件をしっかり共有して計画を立てると、住み替え実現に向けて具体的なイメージができるはずです。

また、不動産会社と住み替え計画をしっかり共有すれば、

  • 住み替え時期を視野に入れた広告活動の強化
  • 住み替え時期を遅らせないための適切な価格設定
  • 住み替え時期に合わせた値下げタイミングの相談

などを提案してくれるはずです。

ただし、どの不動産会社も同様の対応をしてくれるとは限りません。
1.不動産会社はしっかり比較して選ぶ」で解説した通り、不動産会社・営業マンの比較には時間をかけるべきです。

3.買取保証を依頼して付けておく

『買取保証を依頼して付けておく』と、住み替えを前に「売れなかったら…」と悩む必要が無くなります。

買取保証とは、市場での売却活動を経て、希望の住み替え時期までに売れなかったら、事前に提示された買取価格で売却する方法です。

例えば、4ヶ月後には住み替えを完了させたいとします。

まずは希望価格で売却活動を行ない、もし仮に3ヶ月を目安に売れなかったら買取に移行。
残りの1ヶ月で買取による売却手続きを済ませて、4ヶ月後には住み替えを完了させるイメージです。

レオ教授レオ教授

売却活動に保険をかけておく感じじゃな

ただ、前半の「対策3.買取業者に売却する」でも解説しましたが、買取価格は一般的な売却相場の7~8割程度に落ち着きます。

そのため、特別な事情などから「必ず〇月までに住み替えを完了させたい」など強い希望がある場合は、事前に相談するといいでしょう。

市場での売却活動を経て希望価格で売却できれば御の字。
もし売れなかったら、買取保証で住み替えは完了できるので、安心感をもって進めることができます。

ただし、不動産会社によって買取保証「できるorできない」があるので注意です。


以上、住み替えをスムーズに進めるための売却計画を解説しました。

最後に記事のまとめです。

まとめ:安心感をもった売却で住み替えを進めよう!

今回の不動産とーくは『住み替えたい…でも売れなかったら?取れる対策・賢い売却計画[各3つ]』と題して、下記の項目を解説しました。

よく一緒に読まれる人気記事
よく一緒に読まれる人気記事
レオ教授レオ教授

疑問は解決できたかの~?

住み替えが具体的になればなるほど、「もし売れなかったらどうしよう…」と不安が大きくなるのは当然のことです。

家の売却は売り出してみないとわからないと話す専門家も多いです。
ただし、売却成功の可能性を上げるためにできることはあります。

この記事で解説した内容を参考に、

売却計画を立てる→売れなかったら→対策を取る

この流れで進めてみましょう。

しっかり計画して、万一売れなかったらの対策もちゃんと用意しておくと、安心感をもって住み替えを進められるはずです。

以上『住み替えたい…でも売れなかったら?取れる対策・賢い売却計画[各3つ]』でした。