実家の持ち家はヤバいと言われる理由・相続前にやるべき事は?
「実家の持ち家はヤバいって聞くけどなぜ?」
「実家が持ち家と賃貸とでは違いがあるの?」

実家が持ち家だけど、それが原因で面倒な事に巻き込まれるなんて嫌ですよね。

結論から言えば、持ち家の場合は財産であるがゆえに、相続後に問題の生じるケースが多々あります。

この記事では、不動産業界18年のプロが『実家の持ち家はヤバい?賃貸と違いは?実家相続前にやるべき事は?』と題して徹底解説します。

最後まで読めば、賃貸との違いを理解し、これから解説するヤバい問題を未然に防ぐ対策ができるはずです。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界18年。累計3,000人以上の売却・購入・住み替え等をサポート。不動産コンサルティングを行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。当ブログ累計PV116万超。記事数130超。 ≫運営者情報
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

実家の持ち家はヤバいと言われる理由[2つ]

実家の持ち家はヤバいと言われる理由
早速、賃貸と違い、実家の持ち家はヤバいと言われる理由は2つです。

レオ教授レオ教授

いずれも相続後の問題じゃ!

特に「維持管理できない問題におちいる」の割合が目立って多いです。

では、それぞれ詳しく解説します。

売れない実家の場合
維持管理できない問題におちいる

維持管理できない問題におちいる
『売れない実家の場合、維持管理できない問題におちいる』は、実家の持ち家はヤバいと言われる理由の1つです。

レオ教授レオ教授

想像通り、地方や田舎の実家に多いぞ!

需要がない不人気な立地では、金額が高い低いの問題ではなく、そもそも簡単には家が売れません。

売れなければ維持管理を続けるしかなく、固定資産税・火災保険料・草刈り費・帰省交通費・水道光熱費など多額の維持費に悩まされている人は大勢います。(定期的な修繕費も)

年間維持費の負担例は?

一戸建ての実家の場合で、年間維持費の負担例をあげると、

固定資産税 13万円
火災保険料 5万円
草刈り費 3万円
帰省交通費 3万円
水道光熱費 1万円
合計 25万円
マチ③

これはヤバいですね!

レオ教授レオ教授

おおよそ平均的な負担例じゃ!
4年維持すると100万円も飛ぶ計算になる

ここに災害に備えた定期的な修繕費もかかると、実家の維持費は相当な負担になることでしょう。

解体更地にすると固定資産税が増える?

修繕費や火災保険料など建物の維持費をなくすため、実家を解体して更地にすると、今度は固定資産税の負担が増えます。

固定資産税の課税標準額は、建物がある住宅用地に軽減措置が取られているからです。(200㎡以下の部分1/6・200㎡超の部分1/3)

築年数が古い場合、固定資産税の負担はほぼ土地。
解体すれば軽減措置がなくなるため、現状の税額が軽く3倍以上に増える計算になります。

ケイスケ

これもヤバいですね…

これらから『売れない実家の場合、維持管理できない問題におちいる』は、実家の持ち家はヤバいと言われる理由の1つになります。

評価額の高い実家の場合
相続税が払えない問題におちいる

相続税が払えない問題におちいる
『評価の高い実家の場合、相続税が払えない問題におちいる』は、実家の持ち家はヤバいと言われる理由の1つです。

実家の課税価格が基礎控除額より多い場合は、原則「現金一括納付」で相続税を納める必要があります。

参考基礎控除額=3,000万円×(600万円×法定相続人の数)
※引用:相続税の計算|国税庁

まず、相続税がかかるかどうか税務署や税理士へ早めに確認すべきです。

持ち家がヤバいと言われるのは、相続税がかかる場合に、実家を売らなくても路線価等をもとに算出した課税価格に従って納税義務があり、無申告で納税しなかった場合は罰則が生じる点です。

ケイスケ

つまり、納税のための現金が必要ってことですか…

レオ教授レオ教授

それも、相続の開始を知った日の翌日から10ヶ月以内が期限じゃ…

人気な立地や土地建物の面積が大きな実家の場合は、基礎控除額を超えることが多々あり、数百万円単位の相続税の支払いに悩まされている人が少なくありません。

結果、納税期限までに売却を余儀なくされ、兄弟姉妹との急な遺産分割の話し合いや手続きに翻弄される人も多いです。

このことから『評価の高い実家の場合、相続税が払えない問題におちいる』は、実家の持ち家はヤバいと言われる理由の1つになります。

※記事内の相続税関連の制度内容は、2023年1月1日現在の国税庁HPに公開された情報をもとに執筆しています。くれぐれも最新の制度内容も合わせてご確認下さい。


以上、賃貸と違い、実家の持ち家はヤバいと言われる理由を解説しました。

世の中は少子高齢化が進んで年々高齢者が増え続けており、これら2点のヤバい問題もその数に比例して増え続けていると言っても過言ではありません。

マチ②

うちの実家も持ち家です…
何か対策はないのでしょうか?

レオ教授レオ教授

うむ、まず最低限やるべきことを解説するぞ!

実家の持ち家を相続する前に必ずやるべき事は?

実家の持ち家を相続する前に必ずやるべき事
持ち家の場合は「実家の査定額を相続前に必ず確認すること」です。

事前に査定額がわかれば、すでに解説した2つのヤバい問題を未然に防ぐために、取るべき選択がクリアになります。

実家の査定額を確認して
『維持管理できない問題におちいる』事態を避ける

実家の査定額を確認しておけば、

  • 値段がついて売れそうなら相続して売却する
  • 値段がつかず売れそうにないなら相続放棄する

これらの選択が事前にできるため、維持管理できない問題を回避できます。

レオ教授レオ教授

特に、地方や田舎の実家の場合じゃな

ただ、値段がついて売れそうな場合でも、人口が減少している等で今後の不動産市況に不安がある地域の実家は、親と相談して相続前に売って問題を未然に防ぐ選択も1つでしょう。

※相続放棄は、一切の財産を相続しない仕組みです。そのため、現金や預貯金、株券、実家以外の不動産など、他にプラスの財産がある場合は、安易に選択すると損するので要注意です。

実家の査定額を確認して
『相続税が払えない問題におちいる』事態を避ける

実家の査定額を確認しておけば、相続税の納税に向けて売却をスムーズに進めるために、遺産分割の話し合いなどの準備を始めることができます。

仮に、今の時点で高く売れるなら、親と相談し、相続前に実家を売って現金化することも1つの選択になるでしょう。

レオ教授レオ教授

特に、立地が良い、規模が大きいなど
評価の高い実家の場合じゃな

ケイスケ

早めに行動すれば、
選択肢も増えますね


以上、実家の持ち家を相続する前に必ずやるべき査定額の確認について解説しました。

マチ②

でも、査定額の確認なんて
不動産会社に行ったりで面倒な気が…

レオ教授レオ教授

それなら「無料査定サイト」を使えばいいぞ!

実家の持ち家を相続する前に
プロ18年厳選の無料査定サイト3選

実家がいくらで売れるか査定サイトで簡単比較

今は、実家がいくらで売れるか簡単に査定比較できるサイトがあるので、とても便利です。

レオ教授レオ教授

おすすめは下記3サイトじゃ!
どれも1~2分あれば依頼できるぞ!

横にスクロールできます→→
スーモ売却 HOME4U イエウール
スーモ売却公式サイト HOME4U公式サイト イエウール公式サイト
おすすめ ★★★★★ ★★★★ ★★★☆☆
査定地域 日本全国 日本全国 日本全国
査定候補 大手+地元会社 大手+地元会社 大手+地元会社
運営開始  2009年~  2001年~  2014年~
おすすめ
ポイント

・信頼の大手+地元に強い会社充実
・各社の売却実績数を見て依頼OK
・500万以上も差が出る事例多数
・芸能人CMも多く人気知名度◎
・当ブログからの査定件数No1

・約2,300店舗!地方田舎もカバー
・運営20年超!日本初の一括査定
・55万件突破!豊富な査定件数

・2,300店舗以上!大手+地元会社
・年間20万件以上の売却サポート
・初心者に優しいチャット式依頼
安心
ポイント

・審査通過の不動産会社のみ登録
・91%の高い利用満足度で安心
・大企業リクルート運営で信頼◎

・審査通過の不動産会社のみ登録
・97.5%の高い利用満足度で◎
・常にパトロールで悪徳会社排除

・クレームの多い会社は登録解除
約60秒で簡単に査定依頼できます
約60秒で簡単に査定依頼できます
約60秒で簡単に査定依頼できます

※2024年3月1日時点の公式サイト掲載情報です。
査定後に売却するorしないは自由です

各不動産会社で300~500万円の差はごく普通に出るため、複数社の査定結果を取り寄せて比較することで、正確な売却相場と高く売れる見込みがわかります。

信頼性の高い不動産会社のみ集めた査定サイトが少ない中、これら3サイトなら安心しておすすめできます。(もちろん無料です

  • スーモ売却HOME4U
    運営企業の審査に通過した主要大手+地域密着の不動産会社に限定して査定依頼できる
  • イエウール
    クレームの多い悪徳会社を除いた主要大手+地域密着の不動産会社へ査定依頼できる

査定に出しても必ず売る必要はないので、まずは「あなたの実家がいくらで売れるか?」を知ることから始めてみて下さい。

もし査定サイト選びに迷ったら?

実家の持ち家を相続する前の査定サイト選びに迷ったら?

  • 人気知名度+運営会社の信頼性を重視するなら
    スーモ売却(年間売上6,500億円超の大手リクルート運営)
  • 売却査定件数+運営年数の実績を重視するなら
    HOME4U(査定50万件超と運営20年超の日本初一括査定)
  • 近年の注目度+利用者の多さを重視するなら
    イエウール(2014年の運営開始から急成長中の人気一括査定)

中でも「スーモ売却」と「HOME4U」の2サイトは、査定方法に「簡易査定(机上査定)」を選択できるので、おおよその査定額をササッと知りたい場合には特におすすめです。

簡易査定(机上査定)とは?立地、土地建物の面積、築年数、駅までの距離、法規制などの机上で知りえる情報の他、周辺で売買された類似物件の事例などのデータをもとに算出するスピーディーな不動産査定。

レオ教授レオ教授

早ければ、当日~2日くらいで結果が出揃うぞ!

ちなみに、紹介した3サイトはどれも登録する不動産会社数が多い全国対応の有名サイトです。

ただ、地方はどうしても不動産会社の数が限られるため、サイトによっては査定可能な会社が少ない、または査定不可の場合もあります。

その場合は、例えば、『スーモ売却』→『HOME4U』→『イエウール』の順に見ていき、複数のサイトを併用してもOKです。(参考:スーモ売却で1社+HOME4Uで2社=計3社に査定)

実家の持ち家はヤバい…
悲惨な目にあった体験談

実家の持ち家はヤバい…悲惨な目にあった体験談
「実家の持ち家はヤバい…」、身をもって経験した人の体験談を紹介します。

維持管理できない問題におちいった人の体験談

八木さん(33歳男性/兵庫県)
相続した実家は地方の田舎です。
一度は移住も考えましたが、地方には仕事がなく転職ができない状況でした。
数年に一度は実家の様子を見に行くのですが、かなり荒れていて廃屋に…維持管理できていません。
酒井さん(35歳女性/千葉県)
新潟県魚沼市にあった昔ながらの古民家で、総面積が200平方メートル、茅葺(かやぶき)屋根の母屋と離れの実家でした。
茅葺屋根の場合は葺き替え費用だけでも200万円以上のコストが掛かり、2年に1回のペースで支払い余裕はなく、維持管理が困難でした。
堀内さん(76歳男性/北海道)
相続した実家は車で1時間位の距離でしたが、北海道なので冬季は雪の処理が大変になります。
家の前の除雪をしないと近所迷惑になりますし、屋根に積もった雪が周囲の家の敷地に落ちたりする事もあって、維持管理が大変になりました。
すぐ近くならば対処のしようもありましたが、雪が降るたびに実家に駆けつけるわけにもいかず、解体して土地を売却しました。
天野さん(49歳男性/兵庫県)
築50年以上で天候不順にみまわれる度に何らかのトラブルが発生します。
風がキツければ雨どいが外れるし、雨漏りもしょっちゅうです。
ネズミなどの害獣被害もひどく、実家へ1ヶ月に数回顔を出すぐらいではどうもできず、痛みはひどくなっています。
結局、メンテナンス費用が厳しくなり、維持管理ができなくなってきました。
石塚さん(33歳男性/岡山県)
相続した家は築30数年くらいの一戸建てでした。
土地が元気で、何かを植えなくとも、どこからか飛んだ花粉などで勝手に植物が育って困りました。
1番困ったのは、野生のツタが伸びて家の壁の一面を覆ってしまったことです。
こうなるともう個人の管理では手が周りません。
また、庭だけでも厄介なのに、内部は水道の水漏れ、雨樋が破損して壁から浸水などの事故がありました。
メンテナンス費用に加えて固定資産税もあることから、もう維持が無理だと思うようになりました。
細川さん(42歳女性/宮崎県)
古い実家と田んぼを相続しました。
田んぼはもう米を作っておらず、貸したり売ったりも考えましたが、なかなか見つからなかったです。
そのままにしていましたが、実家も田んぼも草がどんどん生えてしまい、近隣住民が困っていると自治会長さんから連絡を受けました。
そこで、シルバー人材センターへ定期的に草刈りをお願いしてたんですが、年間の維持費が60万になり管理できなくなりました。
平井さん(40歳女性/北海道)
福岡にある相続した実家でも定期的に帰るようにしていますが、年に数回が限界で、実質的には管理できていない状態です。
固定資産税や保険などかかっていますが、人に貸そうにもまずは整理しなければなりません。
そこまでの時間がなく、お金だけがかかっているように思います。
売却も視野に入れていますが、思い出の詰まった家を手放す決断ができず、何年も経ってしまいました。

相続税が払えない問題におちいった人の体験談

米田さん(51歳男性/岡山県)
実家が工場を経営していたことから、父の名義で不動産が多数ありました。
フタをあけると、工場や倉庫の借地権が設定された底地で、事業とセットのため、売却できるような不動産ではありませんでした。
ただ、相続税の評価対象で結構な納税額になり、現金の捻出はとてもできず大変でした。
三上さん(33歳男性/岡山県)
相続する意志はあったのですが、まさかそこまで大きな額とは思っていませんでした。
ゆっくりでいいと思っていたら、支払い期限が迫っていると知って焦りました。
すぐに税金を支払うだけの用意がなく、人生で初めてカードローンを使って奔走しました。
ゆっくり構えていると、ある日突然支払いの催促がきます。

まとめ:実家相続後のヤバい問題は未然に回避しよう!

今回の不動産とーくは『実家の持ち家はヤバい?賃貸と違いは?実家相続前にやるべき事は?』と題して、下記の項目を解説しました。

レオ教授レオ教授

疑問は解決できたかの~?

実家の持ち家はヤバいと言われる2つの理由をおさらいすると、

特に、維持管理の問題では、何も考えず相続してしまい「売れない・貸せない・維持できない」の3拍子にひどく悩まされている人が本当に大勢います。

ただ一方で、息子や娘にあとあと面倒を残さないように、実家の親が相続前に整理しておくべきだという考え方もあります。

しかし、高齢の親世代はネット社会での情報の取得が得意ではないため、やはり子世代が一緒になって解決する問題であると考えます。

この記事が、持ち家の実家の相続問題を解決するきっかけになれば幸いです。

以上『実家の持ち家はヤバい?賃貸と違いは?実家相続前にやるべき事は?』でした。

よく一緒に読まれる人気記事

※この記事に掲載中の口コミや体験談は独自にWeb募集の上でまとめたものであり、氏名はプライバシー保護のため仮名です。