中古物件で所有者居住中の理由はなぜ?売物件は空き家じゃないの?
「売却中の中古物件なのに居住中?理由は?」
「売りに出ている物件は全部空き家じゃないの?」

あなたも同じく疑問に感じていますか?

前提として、居住中の状態は何も珍しいことではなく、地域によってはむしろ居住中の方が多いです。

この記事では、不動産業界18年のプロが『中古物件で所有者居住中の理由はなぜ?売物件は空き家じゃないの?』と題して徹底解説します。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界18年。累計3,000人以上の売却・購入・住み替え等をサポート。不動産コンサルティングを行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。当ブログ累計PV116万超。記事数130超。 ≫運営者情報
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

売却中の中古物件が居住中である理由[2つ]

売却中の中古物件が居住中である理由は、

レオ教授レオ教授

たいていの場合、
どちらかじゃな!

理由1.所有者が売却後に住み替えを予定している

『所有者が売却後に住み替えを予定している』は、売却中の中古物件が居住中である理由の1つです。

中古物件の売主は、ほとんどの場合が一般の「個人」で、今の家の売却しないことには、住宅ローンの残債を完済できず、住み替え先の購入もできない人が大半です。

レオ教授レオ教授

そのため、居住中のまま先に
売却する必要があるというわけじゃ

リョウヘイ

そういえば、友人は居住中で
売却と新居の建築を並行してました

一方で、経済的に余裕がある売主は、先に住み替えた後、空き家の状態で売却することもあります。

ただ、先に空き家にすると、防犯上の管理がおろそかになるため、数としては少ないでしょう。

理由2.不動産投資用の物件で賃借人が住んでいる

『不動産投資用の物件で賃借人が住んでいる』は、売却中の中古物件が居住中である理由の1つです。

レオ教授レオ教授

つまり、収益物件として
売却をしているわけじゃ

このケースでは、売買の引き渡し時に賃借人が退去するorしないが様々なので、あなたがマイホームとして中古物件を検討しているなら要注意です。

引き渡し時に賃借人が退去することを不動産会社に確認した上で、検討を進めるようにしましょう。

マチ

物件ページの概要をちゃんと
見ておく必要がありますね

レオ教授レオ教授

投資用物件の場合は、現況欄に
「賃貸中」と書かれてあるはずじゃ


以上、売却中の中古物件が居住中である理由を解説しました。

ちなみに、空き家の中古物件は、売主が先に住み替えたか、売主が不動産会社や一般法人であるケースになると思います。

まとめ:売却中の中古物件が居住中はよくある

今回の不動産とーくは『中古物件で所有者居住中の理由はなぜ?売物件は空き家じゃないの?』と題して解説しました。

レオ教授レオ教授

疑問に答えられたかの~?

冒頭でも触れたように、居住中のまま売却している中古物件は何も珍しいことではなく、よくあることです。

そのため、安心して内覧を進めて問題ありません。

ただ、内覧は居住中の売主が在宅している時に限られますので、窓口の不動産会社には余裕をもって内覧予約をしましょう。

以上『中古物件で所有者居住中の理由はなぜ?売物件は空き家じゃないの?』でした。

居住中の中古物件を内覧する際にはマナーも大事ですので、気になる人は下記の記事も合わせてチェックしてみて下さい。

よく一緒に読まれる人気記事

その他、この記事を読んだ人には下記の記事もおすすめです。

よく一緒に読まれる人気記事
よく一緒に読まれる人気記事