家なんて買うんじゃなかった…経験者が心底後悔した理由[10選]

「家なんて買うんじゃなかった…」
「どうして家なんて買ってしまったんだろう…」

念願のマイホームを購入して充実した生活を送る方がいる反面、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する方が意外に多いんです。

一般に、家の購入は人生で一番大きな買い物。
この人生設計のなかでも、特に大きなイベント「マイホームの購入」においては、絶対に後悔をしたくないのは当然のことと言えます。

では、購入経験者は「家なんて買うんじゃなかった…」と、どんなことに後悔をしているのでしょうか?

本ページで学べること・家の購入経験者が「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する理由
・賃貸にはない持ち家のメリット
・「家なんて買うんじゃなかった…」購入後に耐えられない人におすすめの売却方法
ニシダ社長ニシダ社長

学長!
「家なんて買うんじゃなかった…」こんな悩みに寄り添った話、そしてこれから家を購入する方が後悔しないための話をお願いしたいのですが、どうでしょう?

レオ教授レオ教授

うむ、任しておけ。
家は金額が大きい分、少しの後悔が後々大きな後悔になることも多いんじゃ。
詳しく話していこうかの~

それでは、今回の不動産とーく『家なんて買うんじゃなかった…経験者が心底後悔した理由[10選]』を始めていきましょう!

本記事では実際に家を購入した方たちが、購入後にどういった理由で「家なんて買うんじゃなかった…」後悔しているのかを詳しく見ていきます。

ではいきましょう!

後悔に耐えられない方へ
「家なんて買うんじゃなかった…」と今現在後悔に耐えられない方は、「売却」という選択肢を考えてみるのも1つです。
いくらで売却可能か、まずは知ることから行動を起こすといいでしょう。

「家なんて買うんじゃなかった…」経験者が心底後悔した理由[10選]

家なんて買うんじゃなかった…と後悔

すでに家を購入した方たちが「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する理由を下記の10こ紹介していきます。

  1. 住宅ローンが生活を圧迫している
  2. 住んでみると間取りや部屋の広さに不満
  3. 立地・環境が悪い
  4. 遠方に転勤になった
  5. ハウスメーカー&工務店選びを間違った
  6. キッチンや風呂などの設備に不満
  7. 収納が少ない
  8. 設計時と入居時のイメージの違い
  9. ベランダが狭い&小さい
  10. 車庫が狭くて出し入れしにくい

ほとんどの方にとって家の購入は未経験なことから、見落としがちなポイントが多数あります。
1つひとつ見ていきましょう。

レオ教授レオ教授

それでは紹介していくぞ!

1.住宅ローンが生活を圧迫している

『住宅ローンが生活を圧迫している』ため、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人が多いです。

購入前の試算では、月々のローン支払いが従来の家賃と同じ程度で、問題なく返済が可能と考えていた方に多い理由です。

長期間の住宅ローン返済

しかしながら実際には、ローン返済が生活を圧迫する状況に後悔を覚えることも少なくありません。

レオ教授レオ教授

たとえば下記のような事例じゃ。

・子供の出産を機に購入したものの、育児関連の支出とローンが重なって負担が大きい
・家の購入に伴って課税される固定資産税と都市計画税の負担が大きい
・割安と思って購入した中古住宅だが、設備等の修繕費が高い
・両親の介護費用とローンが重複するため負担が大きい

このように、月々の住宅ローン返済に加えて、想定外の継続的な支出が生活を圧迫する主な原因となっています。
先の想定外な支出は、一つひとつが決して安くはない金額であることから、住宅ローンの返済期間と重複した際は、問題となることが多いんです。

こうした状況に直面した際、もし住居が賃貸であれば、負担を減らすために家賃の安い物件に引越すという選択肢がありますが、持ち家の場合にはそう簡単にいきません。

以上の経済的な理由から「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する方がいるわけです。

なお、住宅ローン返済に関連した、後悔しないための対策としては下記が挙げられます。

・衣食住を含め、そのほかのライフプランに係わる月々の支出を試算すること
・銀行は、金利の比較と信頼の可否で選択すること
・住宅の購入に際しては貯金を全額使わず、余剰金を残しておくこと

いずれも基本的なことですが、案外抜けがちな点です。

2.住んでみると間取りや部屋の広さに不満

『住んでみると間取りや部屋の広さに不満』をもち、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人も多いです。

手狭な間取り
賃貸の場合、家族構成の変化などで間取りや部屋数に不満が出てきた場合は、より適した物件へと引越す選択ができます。

一方で、マイホームの場合はまず売却が必要なため、簡単に引越すことはできません。

間取りや部屋の広さの不満は、家の価格や立地を優先して購入した場合によくみられます。

レオ教授レオ教授

家の価格が安い代わりに床面積が小さい、もしくはインフラが整っている便利な立地じゃが購入した坪数が少なかったなどのケースじゃ。

この場合、実際に住んでみたら家の狭さや部屋数に後悔を覚える事例となります。

こうした後悔の対策としては、購入予定の家において、実際に住んだ際のシュミレーションを詳細におこなうことが重要です。

具体的には、家の購入を検討する際に図面に家具や設備を記入したり、住宅メーカー等が開催している内覧会に参加し、さまざまな家の中を直接見て回るなどの方法が挙げられます。

3.立地・環境が悪い

『立地・環境が悪い』ことで、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人も多いです。

家がいくら綺麗でも、町並みに不満があり、治安や生活環境に後悔する方も…。

古い建物の町並み

また、こうしたケースは子供の有無によって、内容や程度が異なるのが特徴です。

大人だけなら我慢できるが、子供の学校の行き帰り等、やはり親としては心配なものです。

家庭に子供がいる場合は、その年齢に応じて、保育園、幼稚園、小学校、中学校、公園、図書館や児童館など、近隣に必要な施設は異なります。

こうしたインフラ以外にも交通量、治安や騒音など、周辺環境に関連した不満の程度も、子供の有無によって変わってくるのではないでしょうか。

4.遠方に転勤になった

『遠方に転勤になった』ことで、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人も多いです。

なかでも多いのが、ようやくマイホームを購入したと思ったら、会社の都合で転勤が決まったケースです。

転勤辞令

こうした原因で、多大なコストをかけて手に入れたマイホームを、購入間もない時期に手放すという選択肢が生じるのは残念な話です。

なお、転勤に関連した対処法には以下の3つが挙げられます。



単身赴任する

一般的には、家族を残して本人は単身赴任をする選択が多くみられます。

この背景として、子供の転校など家族全員での引越しが現実的でないといった事情が考えられます。

なお例外的に、子供が幼稚園前であれば一緒に引越すという選択もみられます。

賃貸に出す

次の、家を賃貸に出すという対策は、購入したマイホームを売却したくない方に適しています。

これは、転勤で不在となる期間はマイホームを賃貸に出し、その際の家賃収入を得る方法になります。

なお、この対策は転勤の期間が比較的短い場合に多い傾向があります。

その反面、転勤が長期に及ぶ場合には、賃貸よりも家の売却を選択する割合が大きくなります。

[注意点]
※ただ、住宅ローンを借りている持ち家を賃貸に出すことには注意が必要です。
なぜなら、住宅ローンは、「購入者自身が居住する目的」の低金利ローンになるためです。
賃貸目的で住宅ローンを借りることは原則できないことが多いです。

売却する

最後の対策は、残念ですが購入したマイホームを売却に出すという方法です。

理由の一例として、転勤先から戻る目途が立たない状況において、月々の住宅ローンと転勤先の家賃を二重に負担することは、金銭面以上のストレスがかかることが挙げられます。

5.ハウスメーカー&工務店選びを間違った

『ハウスメーカー&工務店選びを間違った』ことで、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人もたくさんいますね。

ハウスメーカーの現場監督

住宅の購入においては、大手のハウスメーカーや工務店に依頼すれば問題ないと考えるのは、消費者心理としては当然といえます。

しかしながら、大手とはいえ安心できない事例もあるため注意が必要です。
具体的には下記のようなケースがあります。


・地震以外の原因で、基礎や壁に亀裂が…
・無償保証に該当する項目が有償に…
・メンテナンス担当者からの返信がない…
・引き渡し後、営業担当の対応が悪化…


これらの事例は、いずれの一つをとっても後悔するには充分な理由となります。

高額な買い物にみあったハウスメーカーを決める理由には、大手というブランドイメージだけでは不十分です。

それぞれのハウスメーカーには独自の得意分野があることから、事前に複数の業者を回り、相性のよいメーカーを慎重に検討することが大切です。

6.キッチンや風呂などの設備に不満

『キッチンや風呂などの設備に不満』を感じ、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人も多いですね。

キッチンなどの家の設備の使い勝手などは、購入前にはわからないことも多いですからね。

キッチン

たとえば、システムキッチンなどの新築に採用する設備は、一般的にパンフレットなどを参考して決定します。
ただ、実際は相性が悪く、使い勝手に不満が出てくるのは購入して住み始めた後となります。

また、資料に掲載された写真のなかには理想的なイメージ図が使われていることも多々。
実物とのギャップに違和感を感じることが少なくありません。

そのほか、当然ながら中古物件では設備自体が古いため、最新のものと比較して機能と外観が劣ります。

7.収納が少ない

『収納が少ない』ことで、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人は多すぎるぐらいです。

家を購入した当時には問題がなくとも、後に収納不足が生じることがあります。

少ない収納スペース

たとえば、夫婦二人もしくは子供がまだ小さい時期は、家財が比較的少ないため、収納への問題は少ないと思われます。
しかし、子供の成長や家族の増加に伴って家財も増加し、収納の不足が生じることがあります。

将来の家族構成を考慮しておかないと、収納について後悔する可能性があります。

8.設計時と入居時のイメージの違い

『設計時と入居時のイメージの違い』を感じ、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人もたくさんいます。

建築前や建築中の新築の場合は、売買契約の前に実物がないため、設計図面などの情報から購入の判断をしなければなりません。

よって、実際に完成した建物と頭で描いていたイメージが異なる場合があります。

家の間取り設計

このようなイメージの違いに後悔したくない方には、ある程度完成した段階で契約可能な物件をおすすめします。

ただし、人気の立地などの物件は早期に完売のおそれがあります。
建物の完成まで待っていては、そもそも物件がない場合もあるので注意が必要です。

いずれにせよ、できる限り現地を訪れて、完成した物件を詳細にイメージしてから契約することが大切です。

9.ベランダが狭い&小さい

『ベランダが狭い&小さい』ことを理由に、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人も多いです。

奥行きが狭いベランダ

家財と同様に、家族構成の変化に伴って、家庭全体の衣類の量も増えていきます。

このため、家の購入時は小さなベランダでも問題なく洗濯物を干せていたのが、徐々に干場のスペースが不足してきます。

最終的にはすべての洗濯物をベランダで一度に干せなくなり、一部は部屋干しという状況になる可能性もあります。

こうしたケースの対策も、家を購入するにあたって、事前に将来の家族構成をよく考えておく必要があります。

10.車庫が狭くて出し入れしにくい

『車庫が狭くて出し入れしにくい』ことで、「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人もいます。

たとえば、狭い車庫では毎日の車の出し入れが面倒なだけでなく、車を傷つけたり、出入り口で通行人と接触するなどのリスクがあります。

車庫入れしにくい

また、当初は軽自動車で問題は無かったが、買い替えによって大型化した車には手狭となり、車庫入れがストレスになるケースもあります。
こうした理由から、あらかじめ車庫が広めの物件を選択するのがよいでしょう。

レオ教授レオ教授

自転車やバイクの駐輪スペースも必要になるからの~


以上、「家なんか買うんじゃなかった…」と、購入経験者が後悔する理由を、大小とわず紹介してきました。

レオ教授レオ教授

いかがじゃったかの~?

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

住んでからわかることが結構多いですね…

生徒:ケイスケ生徒:ケイスケ

私もそう思いました。
私たち購入者は素人ですし、色々調べたり、経験者に聞いたり、専門家にアドバイスを受けたり、恥ずかしがらず絶対にすべきだなと感じました。

つづいて反対に、持ち家の意外と気づいていないメリットについて、触れていきたいと思います。

賃貸にはない持ち家のメリットは?後悔の前に確認しておこう!

持ち家のメリット
「家なんて買うんじゃなかった…」というネガティブな内容にかわって、賃貸にはない持ち家のメリットにも触れていきましょう。

後悔の裏には、それを吹き飛ばすぐらいのメリットが隠れていることもよくあります。

レオ教授レオ教授

ここからは、持ち家のメリットについてじゃ!
明るい話題でいこうかの~!

賃貸にはない持ち家のメリットとして、下記8つを紹介していきます。

  1. 持ち家は資産になる
  2. あなた好みにリフォームできる
  3. 将来建て替えができる
  4. 老後の住まいを心配しなくてもいい
  5. 将来賃貸にすることもできる
  6. 社会的信用にもつながる
  7. 住宅ローン控除が手厚い
  8. 万一の場合、ローンの支払いがなくなる
レオ教授レオ教授

それでは1つ1つ掘り下げていくぞ!

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

よろしくお願いします!

1.持ち家は資産になる

持ち家の購入のメリットとしてよく取りあげられるのが、土地と家が資産になるということです。

住宅が賃貸もしくは持ち家のいずれでも、家賃や住宅ローンといったコストは毎月かかります。
しかし、賃貸の場合では、いくら家賃を払い続けてもその物件はあなたのものにはなりません。

一方で、持ち家の場合は将来的に住宅ローンを完済すれば、その物件があなたの所有物となります。
さらに万一、持ち家の購入後に引越しを余儀なくされても、資産として売却することが可能である点も、賃貸と比較してメリットがあるといえます。

2.あなた好みにリフォームできる

賃貸の場合は一般的に、既存の間取りや設備などを変更することなく、現状のまま使用しなくてはなりません。
しかしながら持ち家の場合は、間取りなどを自由に変更することが可能です。

リフォーム業者

たとえば、元は3LDKの間取りを部屋を合わせて2LDKに変更したり、キッチンなどの設備もより機能的なものに更新することができます。
さらには、自分でフルリノベーションすることを前提に、あえて中古の安い物件を購入する方もいます。

3.将来建て替えができる

持ち家のメリットの一つに、老朽化した家屋の建て替えが可能という点が挙げられます。

新築に建て替え

たとえば、土地も一緒に購入している一戸建ての場合には、古い建物を取壊して、同じ土地に新しい住居を建築することができます。
この自由度の高さは賃貸と異なり、持ち家の大きなメリットといえます。

4.老後の住まいを心配しなくてもいい

持ち家は老後にも安心
賃貸と異なり、持ち家の場合は住宅ローンを完済すれば、毎月の家賃支払いは不要です。
このため、ローン完済後であれば退職したあとに働かなくとも住居が確保できます。
一方で賃貸の場合は、年金収入のなかから毎月家賃をやりくりする必要があります。

また、高齢になった後に新しく賃貸を探す場合は、オーナーや管理会社が万一を想定して入居を断るケースも多いんです。
こうした老後の備えとしての機能も、持ち家のメリットといえます。

5.将来賃貸にすることもできる

住宅ローンを完済した住宅は自分の財産であり、賃貸物件として第三者に貸し出すことが可能です。

先述したような、遠方への転勤、別に住宅を購入、相続などの理由で持ち家を使わない場合、売却という選択肢に加え、賃貸に出して家賃収入を得るという選択が可能です。
ただし住宅ローンの返済中は原則的に当該物件を賃貸に出すことができないので注意が必要です。

6.社会的信用にもつながる

持ち家のメリットの一つとして、社会的なステータスがあります。

自信と信用

たとえば、営業職などのお客さんを直接相手にする職種の場合、住宅が持ち家か賃貸かの違いで、相手から受ける印象が異なる場合があります。

これは一般的に、「持ち家=給料の高い人」というイメージが普及しているため、持ち家の場合は仕事ができると周囲から認識されるのが要因と思われます。
こうした、社会的な信用が得られる点も持ち家のメリットといえます。

7.住宅ローン控除が手厚い

持ち家購入後の住宅ローンの返済期間には、税制上の様々な控除や手当を受けることができます。
その代表的なものが「住宅ローン控除」です。

住宅ローン控除

住宅ローン控除では、購入から最大10年間にわたって、ローン残債額の1割に当たる金額を所得税から控除することができます。

このほかにもすまい給付金制度など、家の購入に伴って国から受けられる支援制度が複数あります。
こうした情報は住宅メーカーの担当者も詳しいため、購入を検討する際には相談してみるとよいでしょう。

8.万一の場合、ローンの支払いがなくなる

購入者本人ではなく家族のメリットとなりますが、「団体信用生命保険」という制度があります。

団体信用生命保険

団体信用生命保険は、契約者に万一のことがあった場合にローンの返済義務が免除されるもので、住宅ローンを組む際には本保険への加入が原則条件となっています。

直接本人に還元されるものではありませんが、残された家族にとっては大きなメリットになりうる制度です。


ここまでは、家の購入を検討している方を対象として、購入後に後悔する理由、持ち家のメリットを中心に述べてきました。

では、ここからは対象を変更して、既にマイホームを購入して「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔している方に、おすすめしたい対策とサービスを紹介していきます。

「家なんて買うんじゃなかった…」どうしても耐えられないなら売却して楽になろう!

不動産売却

どうしてもの対策は、「家の売却」です。

現在、経済的にひっ迫している、もしくはそれに相当するような重大な要因から「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔しているのであれば、思い切って売却するのも選択肢の一つです。

多大なコストをかけて購入した家ではありますが、そのためにより大きなストレスが生じるのであれば、売却は有力な解決法といえます。

まずは家の査定から!複数の不動産会社へ一括査定できるサービスが便利

持ち家などの不動産を売却する場合、まずは不動産会社による査定が必要です。

しかしながら一社だけに査定を依頼した場合には、算出された査定額が相場に応じた適切なものか判断がつきません。

このため、査定の際には3社以上の複数社に見積もりを依頼することが重要です。

不動産にも一括査定ができるサービスがありますので、気になる方は確認してみて下さい。

まとめ

「家なんて買うんじゃなかった…」記事のまとめ

今回の不動産とーく『家なんて買うんじゃなかった…経験者が心底後悔した理由[10選]』のお話もいよいよまとめです。

レオ教授レオ教授

「家なんて買うんじゃなかった…」
今日は少しマイナスな話じゃったが、どうじゃったかの~?

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

僕も家を探しているんで、とても勉強になりました。
安易に不動産情報を見ているクセがあるんで、これを機会に気持ちを引き締めます!

生徒:ケイスケ生徒:ケイスケ

今日の話で「家なんて買うんじゃなかった…」と後悔する人が、1人でも多く減ってくれたら嬉しいですね。

繰り返しになりますが、住宅の購入は人生の中で一番大きな買い物です。

これは人生の中で1度きりのイベントというだけでなく、不動産という特殊で高価な買い物になります。
このため、事前の検討を怠ると「家なんて買うんじゃなかった…」と大きな後悔を長期にわたってひきずる可能性があります。

実際に不動産会社の話のみを鵜呑みにして購入し、後悔するケースも少なからずあります。
文字通り夢のマイホームとなるように、今後の人生設計なども考え、情報収集と検討を十分におこなってから購入するようにしましょう。

以上、『家なんて買うんじゃなかった…経験者が心底後悔した理由[10選]』でした。

本記事に関連して、20代の方に絞ってまとめた記事があります。
20代では、社会的な経験が少ないことに加え、将来設計を安易に考えている方が少なくないのが現状です。

その結果、家を早く買いすぎたと後悔する人も多々。
参考にしてみて下さい。