30代で家が買えないってみじめ…泣←全く思わなくていい4つの理由

「30代で家が買えないなんてみじめ…」
「貧乏だから家が買えないなんて、銀行は不公平すぎる…」

30代にもなれば、結婚し子供も産まれ、「次はマイホームだ!」と意気込む方も多いと思います。

ただ、その一方で特に金銭&職業上の理由から「家が買えない…」と悩んでいる方も少なくないんです。

で、そもそもの疑問です。

なぜ家を買えない30代はみじめなんでしょうか?
そう思わなくてはいけないんでしょうか?

ニシダ社長-不動産業界15年-ニシダ社長-不動産業界15年-

教授!今日は、家が買えないと悩む30代の方に向けたテーマです。

レオ教授レオ教授

うむ、このままずっと賃貸暮らしなのかと悩んでいる人も多い
1つの考え方を学べる話にしたいの~
以下が目次じゃ!

そこで今回の不動産とーくは『30代で家が買えないってみじめ…泣←全く思わなくていい4つの理由』を始めていきましょう!

家が買えない現状に悩む30代のあなたへ、希望になる前向きな考え方を解説していきます。

30代で家が買えないってみじめ…なぜそう思うの?

家が買えないとみじめに
「30代で家が買えないってみじめ…」

そんなマイナスな気持ちになる原因は、「収入が少ない」「貯金が少ない」「借金がある」「貧乏」という経済的な理由がほとんどでしょう。

「家を買いたい」と思っても、収入は簡単には上がらないのが現状。
貯金が貯めるのにも時間がかかります。
仮に借金がある場合は、その額によっては返済も簡単ではなく、家の購入どころではないでしょう。

経済的な問題があると、

「どうせ自分は家を買えない」
「貧乏だからマイホームは夢で終わる」

などと考えて、みじめな気持ちになるのも当然のことと思います。

レオ教授レオ教授

マイホーム購入を考えるほど、理想と現実のギャップに耐え切れず、みじめな気持ちになるんじゃろうな。

さて、あなたが経済的な問題を悩みながら、家を買うことを諦めている現状の中、


  • 友人や会社の同僚がマイホームを買った
  • 親や上司から家を買うよう勧められる
  • SNSでマイホーム関連の投稿が目に付く
  • 近所に新築の家ができた

など、周囲でマイホームの話題がよくあがりませんか?
不思議なもので、自分が強く関心をもっている事柄に関連した話って、周囲に起きやすいんです。

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

よく言う「引き寄せの法則」の一種でしょうかね。

ただ、家が買えないからといって、みじめに感じる必要はありません。

30代でも、家を買わない人も本当にたくさんいます。
それに、無理に買うと、人生を棒に振るレベルで失敗する可能性もあります。

大事なのでもう一度声を大にして言うと、

家が買えないからといって、みじめに感じる必要はありません。(断言)

そこで次項では、家を買えないとしてもみじめに思わなくていい理由について解説していきます。

30代で家が買えないってみじめ…全くそう思わなくていい4つの理由

家が買えずに落ち込む
家が買えないとしても、みじめなんて思わなくていい理由は以下の4つです。

  1. 「家を買って男は一人前」なんて格言は時代遅れ
  2. 近年はあえて賃貸を選ぶ人が多い
  3. 条件に合う家は簡単には見つからない
  4. 家を買ってときめくのは最初の数年だけ

1つずつ解説していきます。

1.「家を買って男は一人前」なんて格言は時代遅れ

「家を買って男は一人前」
「一国一城の主にならないと」

など、賃貸住まいの30代に、親や親戚、職場の上司などがよく言いがちなセリフ。
ムダに反応して気持ちに焦りが生まれていませんか?

しかし結論から言えば、こういった格言は時代遅れです。

日本人は、昔から「持ち家信仰」が強い傾向にあります。
つまり、マイホームを所有している人こそ偉いと言うかのように信じています。
そのため、周囲には自分と同じように持ち家を勧めることが多いわけです。

親世代の頃は、20代から給与が上がり続け、30~40代で管理職につき、50代以降も終身雇用が約束され、多額の退職金で老後も安泰という時代だったかもしれません。

しかし、今では終身雇用が崩壊に近い。
順風満帆かつスムーズに人生が進むとは言い切れません。

収入が安定した時代で家を買った親世代とは、今の時代の状況はまったく違います。
ですから、「家を買って男は一人前」など格言やアドバイスは時代に合わないと強く言いたいです。
言われる度にみじめだなんて思わないようにして正解です。

仮に、「親や親戚が購入を勧めたから」という理由で家を買うとします。
しかし、購入後に何かが起こっても、親や親戚が直接的にサポート・対応をすることはほぼありませんよね。
家を購入して何か問題が生じれば、責任を取るのはあなた自身です。

今と昔では時代がまったく違います。
時代遅れの格言やアドバイスに惑わされないようにしましょう。

2.近年はあえて賃貸を選ぶ人が多い

近年はあえて「家は借りて住む」と賃貸を選ぶ人も多いです。

賃貸には、


  • ライフスタイルの変化に対応しやすい
  • 分譲並みの設備が付いている物件も多い
  • 築年数が古くなれば家賃が安くなる
  • ローンを利用しなくていい

などのメリットがあります。

ライフスタイルの変化には、持ち家は相性が悪い。
「その家を売却するか?」などの問題が起こり、簡単には住み替えができません。

賃貸なら、
「子供が生まれたので広い間取りへ引っ越しをしよう」
「子供が小さい時は郊外、大きくなったら都市部で生活をする」
「仕事はリモートワークなので、色々な地域に引っ越しをしたい」
「転職したので、新しい職場近くに引っ越しをする」

などのように、ライフスタイルの変化に対応しやすいのが魅力です。

また、


  • 共用施設
  • グリル
  • 床暖房
  • 食洗機
  • 浴室暖房乾燥機
  • インターネット無料
  • 宅配BOX

など、分譲マンション並みに豪華な設備を備えた賃貸もたくさんあり、快適で心地良い生活を送ることができます。

生徒:ケイスケ生徒:ケイスケ

持ち家は将来的に資産になるのでは?
やはりそのメリットを捨てるのはどうにも…

「不動産は資産」とは言うものの、資産価値が将来も維持されるような不動産はほんの一部です。
住宅ローンを組んで買えば、将来に渡って金利が膨らみます。
結果、支払い総額と資産価値を比較すると、支払総額、つまり負債の方が大きくなることが多いのが現状です。

このように、「ライフスタイルの変化に対応しやすいこと」や「ローンを利用せずに済む」などの理由から、あえて賃貸を選ぶ人は多いです。

家が買えないからと、みじめに思う必要はありません。

3.条件に合う家は簡単には見つからない

今では、40代や50代になってから家を買う人もたくさんいます。
30代で条件に合う家は簡単には見つからなければ、長い目でマイホーム購入計画を立てるようにしましょう。

また、「収入が少ない」「借金がある」「貧乏」などの理由で家が買えないなら、余裕ができた40代や50代で全然いいと思います。

周囲の「マイホームを買った」という話を聞いたからと、焦ることはありません。

何とか資金を工面して無理に家を買っても、「理想の家ではなかった…」と後悔しては意味がないですよね。
「自分は自分、他人は他人」です。

「何としてでも30代に!」ではなく、「将来的にマイホームを持てたらいい」「時間をかけて理想の家を見つけたい」と気長に構えることも大切です。

4.家を買ってときめくのは最初の数年だけ

あなたの中で、マイホームのイメージを美化しすぎていませんか?

確かにマイホームを持てば、いくつものメリットがあります。
「持ち家」が生み出す一種の優越感のような気持ちも出てくるかもしれませんね。

しかし、家を買ってときめきを感じるのは、最初の数年間だけのことが多いです。

なぜなら、購入当時に新築だった家も築年数はどんどん経過し、古くなっていくからです。
特別な感情はうすれ、慣れていきます。

また、古くなっても住宅ローンや固定資産税の支払いは変わらず続きますし、リフォーム費用も必要です。
家を維持するために、金銭的な問題も出てくるでしょう。

そのため、マイホーム購入を美化しすぎてしまうと、購入数年後に現実とのギャップに苦しむかもしれません。

新しい家を買ったばかりでマイホーム購入の良さを話す人、SNSにアップしている人も、数年後にはマイホームの話題が出てきません。

家を買ってときめくのは最初の数年だけなので、周りに影響されすぎてはいけませんね。


以上、30代で家が買えないことをみじめに思わなくていい4つの理由を解説しました。

  • 「家を買って男は一人前」なんて格言は時代遅れ
  • 近年はあえて賃貸を選ぶ人が多い
  • 条件に合う家は簡単には見つからない
  • 家を買ってときめくのは最初の数年だけ

つづいては、その逆。
家を買った方がみじめになる場合について、解説していきます。

逆に家を買った方がみじめになる場合がある?

無理して家を購入

実は、家を買った方がみじめになる人もいるんです。

  • 無理して家を買った場合
  • 資産価値の低い家を高値で買った場合

この2つのケースです。
家が買えないことにばかり目を向けるのではなく、広い視野で見ていきましょう。

ケース1.無理して家を買った場合

時期にこだわり無理して家を買うと、日常生活がみじめになる可能性があります。

経済的な余裕がないのに、多額の住宅ローンを組めば返済がきつくなるのは当然。
その結果、生活が困窮することがあるからです。

マイホームは、購入してから20年30年と住宅ローンの返済が続きます。
長い目で見て、「この支払いなら大丈夫!」と経済的に問題がないと判断できなければ、家を買うべきではありません。

「周りにマイホームを持っている人が増えている」
「親や親戚から家を買うように言われる」
「気持ちが盛り上がっている今買おう」

など、今だけの短期的な視点で、焦りや勢いを理由に購入するのは危険です。

たとえばマンションを購入した場合には、住宅ローンの他、管理費や修繕積立金、駐車場代などの費用を毎月支払っていかなければなりません。
固定資産税の支払いも毎年あります。

また、築年数が古くなれば、部屋のリフォームや、設備の修繕などの費用もかかるでしょう。
住宅ローン控除などの優遇制度がありますが、ずっと続くわけではありません。

家を買うときには、ついつい住宅ローンの支払いに目が行きがちですが、これからかかる住まいの維持費についても知っておく必要があります。

マイホーム購入後に家計の負担が増えたことで、支払いが厳しくなっている世帯は多々。
残業を増やし、節約する毎日に明け暮れた結果、家族との時間が少なくなり、生活の満足度は下がるなど、特に育ちざかりの子供に我慢をさせることが増えては意味がありません。

無理して家を買った結果、家族の気持ちが離れたり、生活がみじめなる恐れもあるので充分注意したいですね。

ケース2.資産価値の低い家を高値で買った場合

たとえば、資産価値が2,000万円の家を2,800万円で買ったような場合です。
実際の価値よりも800万円も高く支払っていること、想像できるでしょうか?

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

何がなんでもそれは気づきませんか?

レオ教授レオ教授

いや、ざらにあるんじゃ。

不動産の知識がないばかりに、営業マンの巧みなトークを信じ、このような家を購入してしまう人は結構多いです。

実際は高値で購入したことにさえ気づいていない人が多いです。
ただ、購入後、価値のわかる人に指摘された時の気持ちはどうでしょう。

買ってしまった後悔とみじめな気持ちですよね。
聞かない方が良かったのかもしれません。

資産価値が低い家を高値で買ってもローン返済は続きます。
支払いが厳しく売却を考えたとしても、安価でしか査定がつかない場合が多いでしょう。
ローン残債に売却金額が満たなければ、そもそも家を売ることができないわけです。

資産価値の低い家を高値で買ってしまうと、みじめどころか将来大変な思いをしてしまいますので注意してください。

結論「家を買う=万人の正解ではない」

価値観や目的にあった住まい選び

「30代で家が買えない」ことを、みじめに感じることはありません。
周囲の意見に惑わされず、あなたの価値観や目的にあった住まい選びをすることが大切です。

「家を買う=万人の正解ではない」、この考えはライフスタイルの変化が激しい今の時代にマッチしていると言えます。

何も「家を買う」そのものを否定しているのではありません。
家を買う人、家を買わずに賃貸で暮らす人、個人の「価値観」によって自由でいい、そういう話です。

あなたの価値観で「賃貸」と決めたのなら、それはベストな選択。
仮に経済的な理由だとしても、「賃貸」は将来を考えたベストな選択です。

「家を買う=正解」、この考えをフィルターにするから、みじめな気持ちが生まれてしまいます。
時代に合わない古い考えは、今すぐ捨ててしまっていいと思います。

まとめ

今回の不動産とーく『30代で家が買えないってみじめ…泣←全く思わなくていい4つの理由』のまとめです。

レオ教授レオ教授

今回の記事はどうじゃったかの~

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

こり固まった考え方を見直すいい機会になりました。

生徒:ケイスケ生徒:ケイスケ

私は小さい頃から貧乏で育ちましたから、とても共感できる内容でした。

本記事で解説したこと・なぜ30代で家が買えないことをみじめに思うのか
・30代で家が買えないことをみじめに思わなくていい4つの理由
・逆に家を買った方がみじめになる2つのケース
・「家を買う=万人の正解ではない」ということ

家を買うことは、必ずしも正解ではありませんし、幸せを保証するものでもありません。
あなたに合った住まい選びをすることを心がけてくださいね。

以上、『30代で家が買えないってみじめ…泣←全く思わなくていい4つの理由』でした。