マンションを高く売るには?プロ直伝!成功する売却方法[11選]

「自宅のマンションを1円でも高く売りたい」
「マンションを高く売る方法が知りたい」

愛着のあるあなたのマンション。
できれば、高く売りたいですよね。

マンションの売り出し価格については、不動産会社に相談の上、売主が自らが設定できます。
ただ、希望通りの価格で売れるかどうかは話は別です。

特にマンションには「相場」が確立されている場合が多く、その相場からかけ離れた価格を設定してもうまく売れません。
では、「マンションを高く売りたい!」、この希望を叶えることはできないのでしょうか?

ニシダ社長-不動産業界15年-ニシダ社長-不動産業界15年-

教授、マンションを高く売るにはどうすればいいか?
今日はこの話でいきましょう!

レオ教授レオ教授

うむ、任せとけぃ!

そこで今回の不動産とーくは『マンションを高く売るには?プロ直伝!成功する売却方法[11選]』と題して、マンションを高く売る方法などについて解説していきます。

プロが教える!マンションを高く売る方法11選!

マンションを高く売る方法

マンションを高く売るにはどうすればいいのか、解説したい方法は下記11こです。

  1. マンション売却が得意な不動産会社を選ぶ
  2. 実際の広告やWebページを確認する
  3. 新築時のパンフレットを不動産会社へ提供する
  4. 値下げ交渉の余裕をもって価格を設定する
  5. 販売開始の週はできるだけ在宅する
  6. 室内はすっきりと整理整頓する
  7. 良い天気の眺望などを撮影しておく
  8. 内見時は全ての照明を点灯する
  9. 内見時は近からず遠からず距離を保つ
  10. 管理組合の維持管理の状況を把握する
  11. 簡易的なリフォームできれいに見せる

1.マンション売却が得意な不動産会社を選ぶ

マンションを高く売るには、
『マンション売却が得意な不動産会社を選ぶ』ことが1つ目です。

マンション売却が得意な不動産会社

もし、あなた自身が不動産取引に詳しい場合は別ですが、一般的に売却活動は不動産会社を介しておこないます。

とはいえ、不動産会社には老舗の店舗から全国展開といった事業規模などの違いがあります。

さらには個々の会社によって得意分野が異なることも少なくありません。

よって不動産会社を選ぶ際には、マンションを高く売る方法に熟知した会社でないと、積極な営業活動がおこなわれず、その結果として高く売ることはできません。

このため、まずはマンション売却を得意とする業者をみつけることが、あなたのマンションを高く売るには不可欠といえます。

2.実際の広告やWebページを確認する

マンションを高く売るには、
『実際の広告やWebページを確認する』ことが2つ目です。

マンションを高く売る方法に熟知した不動産会社をみつけて、実際の売却活動が開始されると、インターネットや折込広告などの広告活動が行われます。

ここで大切なのは、これら広告に載せる情報を不動産会社に丸投げせず、あなた自身でも内容を確認することです。

不動産広告

なぜなら、そのマンションについて最も詳しいのは売主自身です。

協力することで、セールスポイントを一つでも多く掲載することにつながるからです。

なかでも日常生活に関するセールスポイントは効果的なため、マンションを高く売るには欠かせない情報といえます。

たとえば、他のマンション住人とコミュニケーションが簡単にとれる場があるなどの情報は、購入希望者が新しい環境への不安を解消するのに役立ちます。

そのほか、便利な買い物施設や、マンションの防犯対策の充実度など、実際の生活から見えるポイントは不動産会社では見落としがちです。

よってマンションを高く売るには、不動産会社が経験のみのセールスポイントだけでなく、住民視点の情報を加えた広告活動が重要となります。

3.新築時のパンフレットを不動産会社へ提供する

マンションを高く売るには、
『新築時のパンフレットを不動産会社へ提供する』ことが3つ目です。

不動産会社では紙面広告やインターネットを使った売却活動の際に、セールスポイントを物件情報欄へ記載してアピールします。

ここでのセールスポイントですが、その情報源として一番参考となるのは新築販売時にもらったパンフレットです。

なぜなら、こうしたパンフレットには、マンションを建築したプロの販売会社目線で、建物の構造、設置設備、周辺環境などの各種セールスポイントがまとまっているからです。

もちろん、中古物件の売却時にも不動産会社の担当はできる限りのセールスポイントを考えてくれます。

プラス材料として、新築時の情報があれば、さらに魅力的な物件情報を広告することができるでしょう。

4.値下げ交渉の余裕をもって価格を設定する

マンションを高く売るには、
『値下げ交渉の余裕をもって価格を設定する』ことが4つ目です。

マンションを高く売る方法を紹介しているのに、値下げ交渉を前提とするのには違和感を感じるかもしれません。

しかしながら、これは購入希望者の心理をあらかじめ想定した考えです。

マンションの販売価格設定

一つ例をあげると、新築とは異なり中古のマンションでは傷や汚れがつきものですよね。

これは居住者がどれだけ気を使っていても、壁紙の焼けなどの経年劣化や日常生活による汚れは避けられません。

これに対し、購入希望者はたとえ中古のマンションであっても、可能な限り綺麗な物件で新生活を送りたいのが通常の心理です。

このため、購入後に壁紙の交換やハウスクリーニングなど、簡易的なリフォームを実施する購入者も多くみられます。

こうしたリフォーム費用は本来であれば購入者の負担ですが、場合によっては値下げ交渉の材料として使われるケースがあります。

よって、この交渉をあらかじめ想定した売出し価格を考えておくことで、その後の交渉が気持ちの上でもスムーズになります。

5.販売開始の週はできるだけ在宅する

マンションを高く売るには、
『販売開始の週はできるだけ在宅する』ことが5つ目です。

中古マンションを高く売るには、販売を開始した週の対応が特に重要です。

その理由は、販売を開始した週末および翌週の週末に内見希望が集中しやすいためです。

よって、販売開始の週は家族の誰かができるだけ在宅すべきです。

在宅風景

通常、中古マンションの販売を開始するとその物件の新鮮な広告がおこなわれます。

現在ではインターネットなどを情報配信が一般化。

そのため、情報の伝達速度はかなり早く、特に新しい物件を狙っている購入希望者にはタイムリーな情報となります。

このため、販売開始の週には、マンション購入に前向きな検討者からの問い合わせが集中しやすいので、マンションを高く売るには重要な時期となります。

こうした背景から、購入希望者には、先に購入されまいとする心理も働きやすく、マンションを高く売るチャンスとなります。

6.室内はすっきりと整理整頓する

マンションを高く売るには、
『室内はすっきりと整理整頓する』ことが6つ目です。

これは言うまでもありませんよね。

整理整頓された洋室

内見時に整理整頓が不十分だと、部屋が狭い印象を与えることになり、マンションを高く売るには不利となります。

よって、売却活動の開始時には、不要な家財を処分し、室内をすっきり整理整頓することが大切です。

また、どうしても家財が整理しきれない場合には、トランクルームを期間限定で借りるのも選択肢の一つです。

7.良い天気の眺望などを撮影しておく

マンションを高く売るには、
『良い天気の眺望などを撮影しておく』ことが7つ目です。

晴れた日に、バルコニーからの眺望や、室内の日当たりが良好な写真を撮っておくことをおすすめします。

バルコニーからの眺望

一般的に購入検討者が内見に費やす時間は短く、長くても30分程度です。

この短時間にあなたのマンションすべてをアピールするのは難しく、もし内見の日が悪天候であれば、せっかくの眺望や日当たりなどの情報を伝えることができません。

よって、購入検討者へできる限り良い情報を届けられるように、普段から写真での記録を心がけておくことが大切です。

撮影した写真は不動産会社の担当に共有して、インターネットの物件ページなどに活用してもらいましょう。

多くの購入検討者へ良いイメージをアピールすることが可能となります。

8.内見時は全ての照明を点灯する

マンションを高く売るには、
『内見時は全ての照明を点灯する』ことが8つ目です。

マンションを高く売るには、内見時に室内を明るくする演出も重要です。

照明をつけた洋室

一般的にマンションはリビングダイニングを中心に陽が当たるよう設計されているため、反対に玄関や廊下は日照条件が悪くなる傾向があります。

たとえば、バルコニーが南向きの物件であれば、玄関はもちろん北側に配置されることが多くなります。

人間関係において第一印象の大切さは言うまでもありませんが、これはマンションの内見にも当てはまります。

そして、内見で第一印象の対象となるのは、入り口である玄関です。

このため、もし購入検討者を最初に迎えるのが暗い玄関であった場合、あなたのマンションに良いイメージを与えるのは少し難しくなります。

よって、室内を明るく演出するために、玄関と廊下はもちろん、必ず全ての照明を点灯した状態で購入希望者を内見に望みましょう。

9.内見時は近からず遠からず距離を保つ

マンションを高く売るには、
『内見時は近からず遠からず距離を保つ』ことが9つ目です。

購入検討者との適切な距離感ですね。

マンションの内覧

たとえば洋服店でのショッピングの際、店員が常に密着するタイプの接客を受けた経験はありませんか?

行き過ぎた接客について、親切というよりも圧迫感を受ける方が多いでしょう。

よって、物件の案内は経験豊富な不動産会社の営業マンに一任し、売主は直接質問を受けたときだけ対応するのが適切といえます。

このため、内見時には購入希望者の妨げにならないよう、少し離れた場所で待機するのが理想的です。

なお、この際に営業マンの説明に間違いがあれば訂正するのは問題ではありません。

また、購入希望者に伝えておきたいポイントがある場合には、事前に担当者へ伝えておきましょう

いずれにせよマンションを高く売るには、内見時に売主が裏方に徹することが重要です。

10.管理組合の維持管理の状況を把握する

マンションを高く売るには、
『管理組合の維持管理の状況を把握する』ことが10こ目です。

なぜなら、マンションの管理状況が物件の資産価値に与える影響は大きく、購入検討者の大きな検討材料の1つにもなっているからです。

定期メンテナンス資料

なお、通常であればマンションの維持管理に関する情報は、定期的におこなわれている管理組合の総会で手に入れることができます。

こうした総会では管理方法だけでなく、現在のマンションの状況や問題点、また今後の管理の方向性といった情報も議題となります。

よって、過去の総会資料を事前にピックアップして準備しておけば、内見時の購入検討者からの質問には十分対応できるでしょう。

このように、マンションを高く売るには購入希望者からのリクエストに丁寧に対応し、信頼を積み重ねていくことが重要となります。

11.簡易的なリフォームできれいに見せる

マンションを高く売るには、
『マ簡易的なリフォームできれいに見せる』ことが最後11こ目です。

整理整頓の項目で説明したとおり、マンションを高く売るには物件の見た目が重要なポイントとなります。

このため、もし目立つ汚れなどの問題があれば、購入検討者にマイナスのイメージを与えることは避けられないでしょう。

特に見た目の悪さは物件をぞんざいに扱っている印象を与えるため、「その他にも問題があるのでは?」という購入検討者の疑いにもつながります。

このため外見上の問題が明らかな場合には、簡単なリフォームの実施をおすすめします。

壁紙のリフォーム

なお、リフォーム費用は部屋数や㎡数(平米数)にもよりますが、ハウスクリーニングで10万円程度、壁紙貼替えで15〜30万円程度が一般的です。

これらは決して安くはない出費ですが、マンションを高く売るだけでなく早期の成約にも有効な方法となります。

よって、内見の反応が芳しくない場合には、不動産会社の担当者に相談したうえでリフォームを検討してみましょう。

ただし、気をつけたいのはリフォームは本格的なものでなく応急手当程度とすることです。

なぜなら、購入検討者も購入後のリフォームを前提にしているケースがあるからです。

たとえ室内すべてをリフォームしたとしても、購入者がその後に再リフォームするのであれば、どちらにも余計な出費となってしまいます。

よって、マンションを高く売る目的だけのリフォームであれば、購入検討者へのマイナスイメージの解消に絞って検討しましょう。


以上、ここまでマンションを高く売るにはどうすればいいのか、11点のポイントや方法を説明してきました。

しかしながら、これらすべてに適切に対応するのは難しいと思います。

そこで、11点の中から特に意識しておきたい項目を「5つ」に絞って解説していきます。

マンションを高く売るにはこの「5つ」にまず絞る!

解説した11この方法の内、マンションを高く売るには最低限下記5つは実施しましょう。

  1. マンション売却が得意な不動産会社を選ぶ
  2. 実際の広告やWebページを確認する
  3. 値下げ交渉の余裕をもって価格を設定する
  4. 室内はすっきりと整理整頓
  5. 内見時は全ての照明を点灯する

なかでも重要なのは1つ目の「マンション売却が得意な不動産会社を選ぶ」といえます。

なぜなら、マンション売却を得意とする不動産会社をパートナーにできれば、あとのポイントはそのノウハウを持った担当者から適宜アドバイスを受けられるからです。

マンション売却の提案

なお、マンション売却が得意な不動産会社を見つけるのには、複数の会社を比較するのが確実です。

しかしながら多くの方にとっては、その候補となる業者についても情報不足。

どうやって選べばいいのか、頭をかかえるのではないかと思います。

このような悩みをお持ちの方にはマンションの一括査定サイトがおすすめです。

一括査定では運営会社があなたに代わり、それぞれの売却案件に適した不動産会社を簡単に選ぶことができます。

つまり、マンション売却が得意な業者を手間をかけずに見つけることができるんです。

まとめ

今回の不動産とーく『マンションを高く売るには?プロ直伝!成功する売却方法[11選]』のお話もいよいよまとめです。

マンションを高く売るには、相場に基づいた適切な売却査定額を知るだけでなく、購入希望者により良く物件を見てもらうことが重要です。

ここでは高く売る方法として11個の手法を紹介しましたが、経験に乏しい売主がすべてに対処することは簡単ではありません。

よって、まず最初は適切なパートナーとなる不動産会社を見つけることが鍵です。

ここで紹介したように、マンション売却においてあなた個人で1から情報収集するのは大変な手間となります。

このため、マンションを高く売るだけでなく、手間削減のメリットある一括査定は、今後の売却を検討している方すべてにおすすめできるツールです。

あなたのマンション売却に際し、本記事が役に立てば幸いです。

以上、『マンションを高く売るには?プロ直伝!成功する売却方法[11選]』でした。

さらに、マンション売却でよくやる失敗について知っておくと、より理解が深まります。