「土地の有効活用って難しいの?」
「土地の有効活用にはどんな方法がある?」

活用されず放置したままのあなたの所有する土地。
うまく活用して、収益を得たり、社会に貢献できたりしたらいいですよね。

今の日本の人口構造は、65歳以上人口が全人口の21%超である超高齢社会と呼ばれる状況です。
これは第二次世界大戦が終わってからのベビーブーム世代が65歳以上の年齢を迎えていていることが一つの要因です。

これに伴い、親から子への相続事案も増加し、特に土地の有効活用のあり方が問題になってきました。

親世代が何らかの形で土地を利用してきたものの、親から引き継ぐことになった土地をどうやって活用しようか悩まれるケースも非常に多く見受けられます。放置しているとプラスにならないどころか、毎年固定資産税を取られてしまいます。

土地を有効活用するには、大なり小なり初期投資をする必要があります。
ただ、いきなり多額の初期費用をかけるのは気が引けますよね。
そこで、今回の記事では初期費用をできるだけ抑えた土地の有効活用についてアドバイスしていきたいと思います。

初期費用を抑えた土地の有効活用ってどんな方法があるの?

土地の有効活用を考える場合、マンション経営やアパート経営といったものがすぐに思いつくのではないでしょうか?

インターネットや雑誌で調べてみても、土地の有効活用のあり方として、マンション経営、アパート経営というキーワードはすぐに出てきます。
しかし、比較的初期費用を抑えた、初心者でも取り組みやすい土地の有効活用という点に着目すると、マンション経営やアパート経営は基本的に該当しません。

初期費用を抑えた土地の有効活用の方法としては、次の4つが挙げられます。

1.駐車場経営

初期費用を抑えた土地の有効活用として、まず挙げたいのは「駐車場経営」です。

土地の上にマンションやアパートなどの建物を建てて経営をするとなると、数千万の初期費用が生じるのが一般的です。
その点、駐車場経営の場合は比較的安価に始めることができます。

駐車場経営の初期費用は、敷地のアスファルト舗装、外構などの整備・清掃、固定資産税などの税金などです。
※月極駐車場、コインパーキング、その他駐車場の運営方式により初期費用は異なります。

また、狭い土地であっても収益を生み出すことが可能な点も魅力的です。

駐車場経営に向いている土地

・近隣に駅やバスセンター、大型商業施設など人が集まる施設がある
・駐車場の少ない大型マンションが密集している
・住宅地の周辺にあるコインパーキングや月極駐車場の稼働率が満車に近いぐらい高い
・車の出入りがスムーズな間口の広さがある

駐車場経営のメリット

・比較的初期費用が安く参入しやすい
・小さな面積でも始められ制約が少ない
・運営をプロに任せることもできる

駐車場経営のデメリット

・投資利回りは低め
・固定資産税において住宅用地の特例を受けられず納税額が最大6倍になる
・相続税において貸家建付地等の評価減を受けられない
・釣銭や車両内の盗難リスク対策に費用が掛かる

2.トランクルーム

郊外に出向くと、たくさんの大型トランクルームを貸し出している業者を見かけるようになりました。

自宅の収納だけでは到底収納できない、洋服、靴といったものや、コレクションしていた書籍の数々、年に数回しか使うことのないキャンプ用品や釣り具といったものをトランクルームに収納する人が多いようです。

ここ最近、個人によるトランクルーム運営だけでなくフランチャイズ形式による運営が各地で進出しており、トランクルームの需要は上昇基調にあるといえます。

トランクルームの運営に向いている土地

・郊外の土地である
・コンテナを10機以上設置できるぐらいの土地の広さがある
・周辺に住宅地がある
・車の出入りがしやすいスペースが取れる

トランクルーム運営のメリット

・毎月の維持費用が少なくて済む
・管理に対する手間がかからない

トランクルーム運営のデメリット

・借り手を見つけるのが困難
・固定資産税の軽減措置を受けられない
・同業他社との差別化が図りにくい

3.資材置き場として土地賃貸

資材置き場による土地の有効活用は、初期費用が必要ありません。
借り手がいれば、すぐにでも賃貸して活用することができます。

資材置き場にはまとまった大規模な土地の方が適しているイメージですが、小規模の土地でも工務店等の建築業者が借りてくれる場合もあります。

資材置き場に向いている土地

・トラックが進入できる前道
・間口の広い土地
・住宅が隣接していない土地

資材置き場のメリット

・すぐに賃貸できる
・土地の管理も任せられる
・別の用途に転用しやすい

資材置き場のデメリット

・収益が少ない
・近隣の土地所有者へ迷惑がかかる場合がある

4.太陽光発電

人気の少ない郊外や山間地に行くと、広い敷地に多数のソーラーパネルが設置されているのを見たことはありませんでしょうか?

中〜大規模な土地であれば、ソーラーパネルの設置も土地の有効活用としてよく知られた方法の1つです。

太陽光発電は法律で定められた電力の固定買取制度により安定した収益を期待できるのに加え、地球環境に配慮したエネルギーの活用という側面もあります。
毎年買取価格が安くなってきている問題はありますが、技術の進歩により安く効率のよいソーラーパネルを手に入れられるようになっており、まだまだ土地活用の方法として太陽光発電を選ぶのは悪くない選択だといえます。

太陽光発電の運営に向いている土地

・郊外で日当たりが良い立地
・将来を含めて周囲に高層階の建物が建つ恐れがないこと
・地盤が安定していること

太陽光発電運営のメリット

・法律により固定価格が決まっているため長期安定した収入が期待できる
・ソーラーパネルの維持費や手間がそれほどかからない
・集客が不要のため人の住みにくい土地でも活用できる

太陽光発電運営のデメリット

・天災や盗難などに対するリスク対策に費用が掛かる
・転用しづらい

初心者が土地の有効活用に失敗しないための方法とは?

土地の有効活用には上記に掲げたもの以外にも数多くの方法があります。

利用していない土地を持っているのなら、その土地を有効活用して安定した収益を生み出す仕組みを知りたいと思うのではないでしょうか。

どのような土地活用においても、土地活用に成功して法人成りして遊休土地を買い取り、複数のアパート経営や、駐車場経営、太陽光発電の設置というように事業規模を着々と拡大させている方をよく見かけます。
ただその一方で、1年に満たないぐらいの短期間で活用をあきらめて撤退されたという例もたくさんあります。

つまり、土地の有効活用を不動産投資と強く結びつけるなら、ある程度リスクを覚悟した上で、進めるべきです。

土地の有効活用に関する情報を調べていると、多くの情報を得られますが、一方で初心者にしてみれば何がどのように正しいのかよくわからなくなります。

そこで、以下で初心者が土地の有効活用に失敗しないための最低限を心掛けておきたい対策や方法について解説します。

1.自分が所有している土地の立地状況を把握する

まずは自分が所有している土地の立地状況を把握しましょう。

例えば、近隣に大型の観光施設がある場合には駐車場経営に乗り出すほうが得策であると考えることができます。

また、住宅地が密集している場合にはファミリー層向けにコインランドリーを始めることを考えられるでしょう。

このように、自分が所有している土地の立地状況を把握して、自分の土地に適した活用法をある程度絞ることをおすすめします。

2.土地の有効活用方法を1つに限定しない

土地の有効活用は複数あります。
あなたが「◯◯の方法で有効活用したい」と考えても、その思いに土地の条件が合致していないことも多くあります。
初期投資をして実際に土地活用を始めてから、他の方法の方が適していた…と知り、後悔することはよくある話です。

土地の有効活用にあたっては、可能性のある複数の方法をピックアップして調査し、比較検討することが大変重要です。

3.土地の有効活用についてプロから提案を受ける

土地の有効活用を考えるにあたり、ある程度の範囲までであれば自分自身でも可能かと思います。
ただ、全くの初心者が1つの土地の最適な有効活用方法を判断するのは困難です。

そこで実践してほしいのが、土地活用の提案をプロに依頼してみること。
不動産のことは、不動産のプロに任せるのが一番であり、手っ取り早く、なにより安心できます。

また、相談することで、プロ目線での土地の有効活用の知識も得ることができます。

土地の有効活用はどの方法を選ぶか、入口が肝心です。
今は無料で提案してもらえるサービスもありますので、そうしたサービスを利用してプロに相談してみるとよいでしょう。

あなたの土地にピッタリの有効活用に「無料」で出会う方法とは?

実は不動産投資のプロの方から、無料であなたが所有している土地にぴったりな有効活用法を紹介してくれるサービスがあります。

インターネットで検索すると、土地の有効活用に関する無料アドバイスを行っている不動産業者は非常に多く存在します。
初心者の方にしてみればどの不動産業者が良いのかよくわからないのではないかと思います。

そこで、厳選して以下の2つのサイトをご紹介します。

リビンマッチ土地活用
利用者440万人突破/無料で一括資料請求

リビンマッチ土地活用は150社以上の不動産会社から条件を絞って資料請求できるようになっています。

投資スタイルなど、指定した条件で不動産会社を絞ることができるため、より相性のよい不動産投資会社を見つけられる点が魅力だといえるでしょう。

資料請求後は、気に入った不動産会社と実際にやり取りすることができます。

資料請求をきっかけに複数の不動産会社と面談をしたうえで、所有している土地の状況や立地に応じた土地の有効活用プランを提供してもらうようにしましょう。

なお、プロに相談したからといって、最終的な投資の判断は投資者自身でするものです。

プロの提示する土地活用プランを、実際にどのように土地活用するかを決める際の材料とするとよいでしょう。

タウンライフ土地活用
全国200社以上が登録/無料で一括資料請求

タウンライフ土地活用は大手の不動産会社から中堅の不動産会社まで全国200社以上の企業が参加している、信頼性の高いサービスです。

実際の一括請求時には、3分程で手続きが終了します。

簡単な入力だけでオリジナルの土地有効活用プランを提供してくれるのはタウンライフ土地活用ならではの魅力です。

土地活用プランの提示を受けた後は、自分の考えに近しい不動産会社と面談してみて、あなたの考えを理解してくれる不動産会社に出会うきっかけとするとよいでしょう。

まとめ

初期費用を抑えた土地の有効活用を中心にお話ししてきました。

文中でもお伝えしていますが、土地は単に持っているだけでは毎年固定資産税がとられるだけです。

何らかの事情で遊休状態になっている土地があるのなら、土地活用を考えてみるとよいでしょう。

ただ、土地を有効活用するにしても、多額の初期投資が必要なマンションやアパート経営に手を出すのは少々気が引けるところがあります。

そうした方は本記事でご紹介した、初期費用を抑えた土地活用をぜひ検討してみてください。

以上、『土地の有効活用に失敗しないためには?初期費用を抑えた方法4選』でした。