住宅ローン+車のローンで毎月苦しい…対策は?経験者はどちらを売却?
「住宅ローンと車のローンのダブルは苦しい…」
「毎月毎月…支払いの度におっくうになる…」

当初は支払いに問題ないと思って借りた住宅ローンと車のローン。

年月が経ち、収入や支出の変化、家族が増えるなどして、毎月苦しい状況に悩む人は多いです。

この記事では、『住宅ローン+車のローンで毎月苦しい…対策は?経験者はどちらを売却?』と題して徹底解説します。

この記事を執筆した専門家
西田 喜宣(ニシダ ヨシノブ)
西田 喜宣|クラウドハーツ・リアルエステート代表
不動産業界17年。取引件数は400件超・相談件数は2,800件超の実績。不動産コンサルティング事業を行なうクラウドハーツ・リアルエステート代表。≫詳しいプロフィール
【資格】公認 不動産コンサルティングマスター|宅地建物取引士|2級ファイナンシャル・プランニング技能士

住宅ローン+車のローンで苦しい場合
まずは余計な出費を見直そう!

毎月の支払が苦しい場合、負担の大きな住宅ローンや車のローンから先に目がいきますが、他の出費を洗い出すことで改善されるケースは多々あります。

まず、通帳やクレジットカード明細を見ながら、住宅ローンを含めた全生活費をピックアップして「変動費・固定費」にわけて、無駄がないか確認しましょう。

変動費
生活の中でその時々に変動する支出
固定費
毎月必ず発生する一定額の支出

家計は人それぞれで正解はないため、可能な範囲でチェックしてみて下さい。

変動費

  • 食費(外食代も含む)
  • 日用品費
  • 趣味娯楽費(映画、音楽、ゲームなど)
  • 交際費(飲み代など)
  • レジャー費(お出かけ代、施設利用費など)
  • 被服費(洋服、クリーニング代)
  • 美容代
  • 健康医療費(サプリなども含む)

固定費

  • 住宅ローン
  • 車のローン
  • 水道光熱費
  • 教育費(学費、習い事など)
  • 車維持費(駐車場、ガソリン代など)
  • 通信費(携帯、家庭内WiFiなど)
  • 保険料(医療、学資など各種)
  • 定額利用料(月額サービスなど)

「約○万円」「約○千円」の単位でいいので、わかる出費からスマホのメモや紙にまとめてみて下さい。

レオ教授レオ教授

そして、まずは「固定費」から無駄がないかチェックじゃ!

毎月必ず発生する固定費は、一度見直せば削減効果がこの先ずっと続くからです。

支払いが苦しい場合は「固定費」を優先して改善しましょう。

出費を見直してもムリ…
住宅ローン+車のローンで苦しい場合の対策[2選]

各種固定費を見直しても住宅ローン+車のローンが苦しい場合は、下記2点を検討してみて下さい。

対策1.高い金利で買った家なら
借り換えで住宅ローン負担を軽減

2023年現在はネット銀行の参入もあって、各銀行の住宅ローン金利競争が激化しほぼ底値です。

数年前までは0.6%切ると超低金利と言われていましたが、今ではどこも普通にやっています。

家の購入当時、営業マンに言われるがまま特に比較もせず住宅ローンを組んだ人は、苦しいながら高い金利を支払っている場合が多く、借り換えの検討価値ありです。

レオ教授レオ教授

住宅ローンの借り換えは、早ければ早いほど後の支払いが得になるぞ!

借り換え先の比較なら、迷わず「モゲチェック」のモゲレコをおすすめします。

たった5分の入力で、実際に減らせる額とおすすめ銀行が無料でわかるからです。

また、希望すればプロのアドバイザーに質問や相談もできるので、失敗せずお得に借り換えたい人は特に使う価値アリです。

対策2.頻繁に乗らない車なら売却して
レンタカー+シェアカー利用

車はローンの他に、所有するだけで、ガソリン代・保険代・各種交換代(タイヤ、バッテリー、エンジンオイル等)・自動車税などがかかります。

車を思い切って手放すだけで、苦しい状況がかなり改善されますので、頻繁に乗らない人は特におすすめです。

遠出する際にはレンタカー、一時的に使う場合はシェアカーなどを利用すれば、自家用車がなくてもそれほど不自由にはならないと思います。


以上、各種固定費を見直しても住宅ローン+車のローンが苦しい場合の対策について解説しました。

対策2にもあるように、車や家を売却してローンが苦しい状況を根本から解決する人も多いです。

実際に売却した経験者はどちらを優先して売却したのでしょうか?

住宅ローン+車のローンで苦しい…
経験者86人はどちらを売却した?

住宅ローンと車のローンの支払いが苦しい場合、早かれ遅かれどちらかを売却する人も実際に多いです。

参考として、過去に両方借りて苦しい思いをした86人に「結果的にどちらを売却しましたか?」と聞いてみると、

アンケート:家と車どちらを売却しましたか?
※対象:86人/期間:2022.12.26~12.31/方法:Webアンケート
車を売却した70人(81.4%)
家を売却した13人(15.1%)
両方売却した3人(3.5%)

86人中70人で「車を売却した」人の方が多い結果になりました。

現実にあなたが家と車のどちらかを売却する場合は、もちろん車→家の順に検討がいいでしょう。

ただし、住宅ローンだけでも家計を相当圧迫している場合は、まずいくらで売れるか知った上で、一度は住み替えの検討をおすすめします。

車や家の売却を検討する際の注意点は?

車の売却にしろ、家の売却にしろ、「売ったお金でローンを完済できるか?」が条件になります。

まずは「いくらで売れるか?」を知った上で、実現可能か確認しましょう。

最近は、ネットで簡単に査定依頼できるサイトが増えてとても便利です。

まとめ

今回の不動産とーくは『住宅ローン+車のローンで毎月苦しい…対策は?経験者はどちらを売却?』と題して、下記の項目を解説しました。

レオ教授レオ教授

いかがじゃったかの~?

よく一緒に読まれる人気記事
よく一緒に読まれる人気記事

以上『住宅ローン+車のローンで毎月苦しい…対策は?経験者はどちらを売却?』でした。