あなたに最適なハウスメーカーの選び方!6つの手順でプロが解説!

「ハウスメーカーの選び方がわからない…」
「ハウスメーカーってどんな基準で選んだらいいの?」

一生に一度の家づくり。
ハウスメーカー選びで失敗したくないですよね。

一部の専門家が語る「ハウスメーカーは◯◯を重視して選ぶべき!」という持論は、半分正解で半分間違い。

統計的な一般論としては正解ですが、1人1人の希望や価値観が無視されている点が間違いなわけです。

もちろんそんな選び方は参考にしかなりません。

あなたはどうでしょう?
やはり、あなただけの最適な「ハウスメーカーの選び方」を知りたいのではないでしょうか?

それでは、今回の不動産とーく『あなたに最適なハウスメーカーの選び方!6つの手順でプロが解説!』を始めていきましょう。

あなたに最適なハウスメーカーの選び方!6つの手順でわかりやすく解説!

あなたに最適なハウスメーカーの選び方を、下記6つの手順にそって解説していきます。

  1. 住宅に求める希望の整理
  2. 1の希望を強みにしているハウスメーカーをピックアップ
  3. カタログや資料請求をしてみる
  4. モデルハウスや展示場へ実際に行ってみる
  5. プラン作成や見積もりを依頼する
  6. 最適なハウスメーカーを決定する

住宅に求めるものは、人によって違うため、選び方は人それぞれです。

あなただけの希望を叶えるためには、あなたに合ったハウスメーカー選びをする必要があります。

ここでは、あなたの希望を叶えてくれるハウスメーカーの選び方を手順にして解説していきます。

手順1.住宅に求める希望の整理

あなたに最適なハウスメーカーの選び方『住宅に求める希望の整理』が最初の手順です。

「なぜ住宅を購入したいのか」「どのような家を作りたいか」など、住まいにもとめる条件や目的などを事前に明確にしていきましょう。

この優先順位化を間違うと、目的に合わないハウスメーカーを選んでしまうだけでなく、以降全ての手順が意味のないものになります。

では本題ですが、
「住宅を購入したい」、その動機は人によってさまざまです。

理想のマイホーム①

例えば、

  • 憧れのマイホームで幸せに暮らしたい
  • 子供の小学校入学前に家を購入したい
  • 身体が不自由になった親と一緒に暮らす家が欲しい
  • 残せる資産として家を購入したい
  • 夫婦二人暮らしになったので、小さな家に住み替えたい

など。

また、具体的に「どのような家を建てたいか」も人それぞれでしょう。

理想のマイホーム②

例としては、

  • とにかく安く建てたい
  • 子供が走り回れるアスレチックみたいな家にしたい
  • 地震で倒れない家にしたい
  • 光熱費がかからない家にしたい
  • おしゃれな家にしたい
  • 吹き抜けがある風通しの良い家にしたい
  • アレルギーと無縁な住まいにしたい
  • お風呂やキッチンが広々とした家にしたい
  • 家族もペットも安心して暮らせる家にしたい
  • おじいちゃん、おばあちゃんが暮らしやすいバリアフリーな家にしたい
  • 木の香りがする落ち着いた家がほしい
  • 屋上でバーベキューができる家にしたい
  • アウトドアリビングのある家にしたい
  • コンパクトに住める家にしたい
  • 広い書斎のある家にしたい

などなど。

まずは、箇条書きで書き出してみるのがおすすめです。

レオ教授レオ教授

家族みんなで、家づくりに求めることをどんどん出していくんじゃ。

箇条書きで書いた項目のうち、あなたとあなたの家族に共通する希望を優先して順位をつけてみましょう。

「これは譲れない!」「これは絶対!」など、書き出した箇条書きすべて「最優先」にすると、家づくりは難しくなってしまいます。

お金がすごくかかったり、ハウスメーカーとの打ち合わせが難航したり、プランに無理が生じたり…など、なかなか家づくりが進まないかもしれません。

家づくりで大事なのは、「住宅に求める希望に優先順位をつけること」です。

それを、家づくりの「芯」にしていくことで、スムーズに進んでいけるわけです。
家が欲しいと思ったら、まずは時間をかけて、どんな家にしたいか考えていきましょう。

家への希望はあなただけではなく、あなたの家族や一緒に住む予定の人にも相談して決めることが大切です。

以上が、あなたに最適なハウスメーカーの選び方の最初の手順『住宅に求める希望の整理』でやることです。

手順2.1の希望を強みにしているハウスメーカーをピックアップ

あなたに最適なハウスメーカーの選び方『1の希望を強みにしているハウスメーカーをピックアップ』が2つ目の手順です。

ハウスメーカーを選ぶとき、いろいろと情報収集をするかと思います。
ただ、今は情報過多の時代。
選び方の手順1で優先順位化した希望にそった情報だけに絞るようにしましょう。

レオ教授レオ教授

情報収集の方法は、「インターネット」「本・雑誌」でいいと思うぞ。

インターネット

インターネットでハウスメーカーの情報収集をするときは、あなたの希望で検索してみることが大事です。

例えば、「ペットが住みやすい家」を希望するなら、「ペット ハウスメーカー」という感じで検索です。

そうすることで、あなたが考える希望からブレの少ないハウスメーカー選びができます。

ただ、インターネット検索ではいくつかの注意点があります。

ネット情報には、間違った情報もあるので、情報の正確性や信頼性を重視すべきです。
事実と違った情報が書かれているケースには、注意しましょう。

各ハウスメーカーの「公式サイト」を中心に調べると、正しい情報が得られるので安心です。

また、まとめサイトや比較サイトなどは手軽な上、情報収集には便利なことは確かです。
サイトによっては、実際に住んでいる人の生の意見が掲載されていることもあるでしょう。

「建てて良かった」という成功談のほかに、「これは失敗した」という失敗談ももちろんあります。
家づくりでは、こういった失敗談も参考になるので、しっかりと読みたいところですね。

レオ教授レオ教授

ただ、情報を集め過ぎた結果、「どれを信頼したらいいか」と混乱することもあるから、何でもかんでもはダメじゃ。

例えば、まとめサイトAでは評判が良いのに、まとめサイトBでは酷評されているというケースです。

情報が多く入ることで、どちらを信じたら良いのか分からなくなることがあります。
混乱しないためには、まとめサイトなどの情報は参考程度にするといいでしょう。

本・雑誌

本や雑誌は、インターネットよりも情報がしっかりしており、比較的信頼性が高いです。
写真や図も多いので、家づくりのための情報収集にはぴったりです。

書店の雑誌コーナーには、住まい関連の本がたくさん売られています。
手順1の優先順位のキーワードをもとに、あなたの家づくりの参考となりそうな本を探してみましょう。

次に、最新住宅雑誌を見ると、家づくりにおける流行を知ることができます。
「このおしゃれな住宅はどこのハウスメーカーで建てたの?」「光熱費がこんなにかからない住宅はどこのハウスメーカーかな?」というように、ハウスメーカーのピックアップに役立ちます。

また、「まだどんな家を建てたいか悩み中」「住宅作りに向けて家族で話し合っている途中」というように、家に求める希望がまとまっていない段階でも、最新住宅雑誌がヒントになることがあります。
雑誌を読んだことで、「こんな家にしたい」と希望が明確になることもあるでしょう。

希望をまとめるため、参考にしてみるのもおすすめです。

以上が、あなたに最適なハウスメーカーの選び方2つ目の手順『1の希望を強みにしているハウスメーカーをピックアップ』でやることです。

手順3.カタログや資料請求をしてみる

あなたに最適なハウスメーカーの選び方『カタログや資料請求をしてみる』が3つ目の手順です。

インターネットや雑誌などで気になったハウスメーカーのカタログや資料を、実際に請求してみましょう。

ただ、写真や記事を読んでいると、たくさんのハウスメーカーが気になりますよね。
それら全てのハウスメーカーに資料請求をしてもいいですが、多すぎると迷ってしまいます。
3〜5社程度に絞った方が混乱せずに済むでしょう。

レオ教授レオ教授

ハウスメーカーのカタログや資料はどこも手が込んで綺麗じゃからの~。
ほどほどにじゃ。

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

ここでも優先度の高い希望にそっているか、確認しながら見ていくのが重要ってことですよね?

レオ教授レオ教授

その通りじゃ!
迷ったら目的や希望に立ち戻るんじゃ。

「資料を取り寄せるための時間がない」と忙しい人、「どのハウスメーカーの資料を取り寄せたらいいか分からない」と迷ってしまう人は、資料一括請求サービスがおすすめです。

以上が、あなたに最適なハウスメーカーの選び方3つ目の手順『カタログや資料請求をしてみる』でやることです。

手順4.モデルハウスや展示場へ実際に行ってみる

あなたに最適なハウスメーカーの選び方『モデルハウスや展示場へ実際に行ってみる』が4つ目の手順です。

カタログや資料を見て気になったハウスメーカーがあれば、実際にモデルハウスや展示場へ行ってみましょう。
比較するために、最低でも3社程度は行っておくのがおすすめです。

実際の建物を見学することで、「ハウスメーカーが得意とするデザイン」「住居内の空間や仕上げ材のイメージ」「キッチン、浴室などの住設仕様」などが確認できます。

カタログや図面だけではイメージができない部分は、モデルハウスを見学して目で確認しておくといいでしょう。

レオ教授レオ教授

百聞は一見にしかずじゃ!

ただ、ひとつ注意点があります。
モデルハウスや展示場は、豪華に見せるためたくさんのオプションがついています。

展示場のスタッフに「どこからどこまでがオプションなのか」を忘れずに聞きましょう。
つまり、標準仕様の確認です。

せっかくモデルハウスや展示場に行くのですから、気になったことは遠慮せず、何でも聞くことが大切です。
聞くだけならお金はかかりません。

また、モデルハウスや展示場にいるスタッフから、あなたやあなたの家族の希望をどんな方法で形にしてくれるのか、話を聞くことができます。

手順1でまとめた住宅に求める希望を伝えると、希望に沿った提案をしてくれるので、より具体的な話ができます。
あらかじめ、希望をまとめた紙を持参して行くとスムーズです。

以上が、あなたに最適なハウスメーカーの選び方4つ目の手順『モデルハウスや展示場へ実際に行ってみる』でやることです。

手順5.プラン作成や見積もりを依頼する

あなたに最適なハウスメーカーの選び方『プラン作成や見積もりを依頼する』が5つ目の手順です。

モデルハウスや展示場を見て気に入ったハウスメーカーに、「設計プラン作成」や「見積もり」を依頼してみましょう。
1社だけでは比較ができないので、これも最低3社にはお願いしたいところです。

また、「担当スタッフの比較」も重要です。
提案力や経験、あなたとフィーリングが合うかも比較しておきましょう。

担当スタッフを見極めるポイントは

  • 聞いたことに丁寧に答えてくれる
  • 専門用語を分かりやすく伝えてくれる
  • 不安な点がないか、確認してくれる
  • 全力で提案してくれる
  • 契約を急がせず、納得できるまで待ってくれる
  • メリットとデメリットをしっかりと伝えてくれる

などです。

「お客様の立場に立ち、見下した態度を取っていないか」
「長くお付き合いしたい、信頼できる担当者か」
についても、重要ですね。

話をしながら、「これから家づくりをまかせたい」と思えるような信頼できる担当スタッフか確認してみましょう。

以上が、あなたに最適なハウスメーカーの選び方5つ目の手順『プラン作成や見積もりを依頼する』でやることです。

手順6.最適なハウスメーカーを決定する

いよいよ、『あなたに最適なハウスメーカーを決定する』が最後の手順になります。

設計プランや見積もりから、あなたの希望に一番近いハウスメーカーを決定したら、仮契約を進めていきます。

「仮契約後は後戻りできない」と考えて、慎重にハウスメーカーを決定しましょう。

仮契約は「仮」とはついていますが、ハウスメーカーによっては解約時に違約金や設計料がかかるところもあります。
解約するケースも想定し、仮契約を結ぶ時には、手数料がかからないかどうかは確認しておきましょう。

そして、ハウスメーカーを決定するときに注意したい点があります。
「とにかく契約を急ぐハウスメーカー」は一歩引いて警戒しましょう。

例えば、仕様について質問したとき、「こんなものです。」「標準的な仕様です。」と詳しい説明がないまま押し切る姿勢が見られた時です。

また、「今契約すれば値引き可能」などのうたい文句でお客を惹きつけ、仮契約を急がせるハウスメーカーにも注意です。

決断を急がせる「あおり」行為をされると、判断能力が鈍ってしまいます。
急いだ結果、ハウスメーカー選びに失敗してしまうこともあります。

あなたとあなたの家族の理想の住まいです。
納得いくまで、検討しましょう。


あなたに最適なハウスメーカーの選び方を、下記手順にそってまとめてきました。

  1. 住宅に求める希望の整理
  2. 1の希望を強みにしているハウスメーカーをピックアップ
  3. カタログや資料請求をしてみる
  4. モデルハウスや展示場へ実際に行ってみる
  5. プラン作成や見積もりを依頼する
  6. 最適なハウスメーカーを決定する

モデルハウスや展示場で実際の建物を見学することは特に大事。
最低でも3社は回ってみましょう。

「百聞は一見にしかず」というように、目で見て体感することで、住宅に求める希望の気づきが得られ、より具体的に整理できます。

手順通りおこなっても、やはり納得いかないと思ったら、迷わずに手順1からを繰り返しましょう。

少し時間や手間がかかりますが、あなたやあなたの家族が満足できる家づくりができるハウスメーカーを選ぶことが最も大切なことだからです。

絶対にやってはいけないハウスメーカーの選び方[5選]

絶対にやってはいけないハウスメーカーの選び方を5つ解説します。

  1. そのハウスメーカーの建築条件付で仕方なく
  2. 1人で選ぶまたは家族任せにして選ぶ
  3. メーカーの知名度だけで選ぶ
  4. 見積もり比較をせずに選ぶ
  5. 建築の坪単価のみで選ぶ

ハウスメーカー選びは、たくさん情報収集をし、しっかり納得して選ぶことが大切です。

ハウスメーカーのやってはいけない選び方を1つ1つ見ていきましょう。

1.そのハウスメーカーの建築条件付で仕方なく

『そのハウスメーカーの建築条件付で仕方なく』は、やってはいけない選び方の1つです。

「建築条件付き土地」の場合、その敷地に家を建てるには指定されたハウスメーカーしか選べません。
価格の比較ができずに、他社と比べた値下げ交渉がやりにくいのもデメリットです。

プランやデザインの交渉も難しく「これが当社のデザインなので変更は無理です」と言われることも。
ハウスメーカーが選べないばかりに、この一言で済まされるのは嫌ですよね。

たまたま希望のハウスメーカーであったなら問題ありませんが、選んだ土地が建築条件付きの場合には注意が必要です。

2.1人で選ぶまたは家族任せにして選ぶ

『1人で選ぶまたは家族任せにして選ぶ』ことは、やってはいけないハウスメーカー選び方です。

家は、あなただけではなく、家族みんなで住むものです。
住み始めてから後悔がないように、ハウスメーカー選びもみんなで相談しましょう。

住宅は長く、人によっては一生付き合っていく大事な資産ですので、家族のみんなが納得するハウスメーカーを選ぶことが大事です。

3.メーカーの知名度で選ぶ

『メーカーの知名度だけで選ぶ』ことは、やってはいけないハウスメーカー選び方です。

ハウスメーカーを選ぶとき、ハウスメーカーの知名度が決め手になることもあるでしょう。
でも、知名度のみで選ぶと失敗する可能性があります。

特に、大手のハウスメーカーはCMでも馴染みがあり、なんとなく安心感があるかもしれません。
でも、たくさんの人に知ってもらうため、CMをはじめ多額の広告費をかけて宣伝しています。

レオ教授レオ教授

その広告費がどこから出ているのかを考えてみるべきじゃな。

生徒:カエデ生徒:カエデ

…私たちが依頼する建物の利益からってことね。

知名度が高いハウスメーカーでの家づくりでは、その分コストが高くなるかもしれません。

デザインや金額の安さを重視したい場合は、逆にローコストハウスメーカーを選ぶことで、あなたの要望を叶えられることも多いので、知名度のみでは選ばないようにしましょう。

4.見積もり比較をせずに選ぶ

『見積もり比較をせずに選ぶ』ことは、やってはいけないハウスメーカー選び方です。

「このハウスメーカーが気になる」と候補をある程度絞ったら、それらすべてのハウスメーカーから必ず見積もりをとりましょう。

見積もり1社だけでは、金額について「適切なのか」「高いのか」が比較できません。

また、「この希望だけは叶えたい」という具体的な条件を提示して見積もり依頼するのもおすすめです。
ハウスメーカーごとに、いろいろな提案があり、内容の比較できるでしょう。

その結果、「自分では思いつかなかった」「思っていたよりもコストが下げられた」などのアイデアを提案してもらえることもあります。

5.建築の坪単価のみで選ぶ

『建築の坪単価のみで選ぶ』ことは、やってはいけないハウスメーカー選び方です。

坪単価の安さが、ハウスメーカー選びの決め手になることもあるでしょう。
でも、それだけで、ハウスメーカーを選ぶのもよくありません。

坪単価の計算方法は、ハウスメーカーによって基準が違います。

玄関ポーチや吹き抜け、ベランダを施工床面積に含めて計算しているハウスメーカーもあれば、含めていないハウスメーカーもあります。

これらを施工床面積に含めて計算している場合は、建築費を純粋な床面積だけで割るより、安い坪単価になり、「割安」と感じてしまいます。

これはちょっとしたトリックなので、気を付けましょう。

「坪単価が安い」と思ったら、どこまでを面積に含んでいるか確認し比較してみましょう。

また、どこまでを建築費用に含めるかによっても坪単価は変わります。

標準的な仕様のものだけを「建築費」とし、オプションについては別途となっていることもあります。

これを床面積で割ると、当然割安な坪単価となってしまいます。

これもトリックです。

このように、ハウスメーカーごとに、面積の含め方により金額の計算方法が異なるので注意しましょう。

まとめ

今回の不動産とーく『あなたに最適なハウスメーカーの選び方!6つの手順でプロが解説!』のまとめです。

レオ教授レオ教授

この記事のハウスメーカーの選び方は参考になったかの~?

本記事で解説したこと・あなたに最適なハウスメーカーの選び方
・絶対にやってはいけないハウスメーカーの選び方

ハウスメーカーの選び方がわからない、失敗したくないあなたに向けて、最適なハウスメーカーの選び方を解説してきました。

ニシダ社長-不動産業界15年-ニシダ社長-不動産業界15年-

あなたの幸せな家作りの参考になれば幸いです。

以上、『あなたに最適なハウスメーカーの選び方!6つの手順でプロが解説!』でした。

▽ よく一緒に読まれる記事 ▽