築50年の築古マンションは売れない?未来なしの古いマンション売却方法
「築50年…こんな古いマンション売れないよね?」
「未来のない築古マンションなんて…売れるの?」

築50年のマンションにもなれば「価値は限りなく低い」と考えられます。
築年数だけ聞けば「売れない」と判断されるのが一般的です。

やはり築50年では売却を諦めるしかないのでしょうか?

ニシダ社長-不動産業界15年-ニシダ社長-不動産業界15年-

築50年の築古マンション…うまく売却して手放せるか不安ですよね

レオ教授レオ教授

長期間売れないストレスに疲れている人も多いからの~
今日の目次じゃ!

今回の不動産とーく『築50年の築古マンションは売れない?未来なしの古いマンション売却方法』では、不動産売却15年の経験と実績をもとに、どこよりも信頼性の高い内容を心がけて解説していきます。

この記事を読めば、築50年のマンション売却に明るい未来が見えるはずです。
ぜひ最後までどうぞ!

▽ 一戸建てはこちら ▽

未来なし?築50年の築古マンションはそもそも売れない?

築50年の築古マンション

築50年の築古マンションとはいえ、全く値段がつかないわけではありません。
「古い=売れない」と結論付けるのはまだ早いです。

マンションの価値は築年数だけで決まるものではないからです。

1つでも多く魅力的な特徴があれば、素直に売れる可能性は高いと言えます。

レオ教授レオ教授

まずは築年数以外の特徴を知ることじゃ!

築50年でも売れるマンションの特徴は?

築50年でも売れるマンションは、

  • 立地
  • 駅までの距離
  • 買い物の利便性
  • 間取り
  • 階数
  • 日当たり
  • 眺望
  • 維持管理の状態
  • 管理会社の信頼性

などの特徴が複数に渡って優れています。

たしかに、築年数はマンション価値の大部分を占めます。
ただ、古い築年数をカバーする優れた特徴をもったマンションであれば、充分に売却できると判断していいでしょう。

「築50年でもこの立地なら買いかな!」
「築50年でもこの日当たりと眺望はなかなかない!」
「築50年でも大型ショッピングモールが近いのが嬉しい!」

など、築年数に代わる魅力的な特徴をしっかりアピールして、買主の購入意欲を高められたら勝ち。
あとは売り出し価格次第で、意外と早く売れる築古マンションも多いんです。

レオ教授レオ教授

特に「立地」「駅までの距離」じゃな!
立地は築年数に勝ることが多いぞ!

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

古いマンションの売却に少し未来が見えてきましたね!

以上から「築50年のマンションが古いだけで売れない」と判断するのは間違いなわけです。

では、実際に築50年の築古マンションを買ってくれる人はどんな人でしょうか?
購入目的に触れながら解説していきます。

どんな人に売却できる?築50年の築古マンションを買う人は?

築50年の古いマンションを売却できる人

築50年のマンション売却にあたり、実際に買ってくれる人、つまりターゲットの把握がとても重要です。
以下3つの購入目的をもった人を売却対象に進めます。

  1. 居住目的の人
  2. 投資目的の人
  3. 転売目的の人(不動産会社)

マンションの購入者には新築や築浅にこだわる人がいる一方で、築40年・築50年など価格の安い築古マンションを好んで選ぶ人も多いです。

売れるも売れないも買う人次第。
では、売却対象を1つずつ見ていきます。

1.居住目的の人

居住用

「居住目的の人」が、築50年のマンションの売却対象です。
言うまでもなく、居住目的の買主への売却が基本になります。

築年数の古いマンションも含めて居住用に探している人は、

  • 購入予算がない
  • 自由にリフォームしたい

上記いずれかの理由で、できるだけ安く購入したい人が大半です。
予算の限られたシニア世帯、好みのデザインに部屋をリフォームしたい若い世帯などが売却対象の例にあげられます。

特に築50年の築古マンションであれば、価格が安く交渉もしやすいと考えているでしょう。

2.投資目的の人

投資用

次に「投資目的の人」も、築50年のマンションの売却対象です。

売れない築古マンションも、最後は不動産投資家が買っていったなんて話はよく聞きます。

不動産投資家にとって、初期費用が抑えられる築古マンションは充分な投資対象。
築50年でも比較的状態の良い中古マンションを安く買い、リフォームして適正な家賃で貸すわけです。

レオ教授レオ教授

築古マンションも一部の不動産投資家からは意外と狙い目なんじゃ!

3.転売目的の人(不動産会社)

転売用

最後「転売目的の人」も、築50年のマンションの売却対象です。

主に「不動産会社の買取」ですね。
地域のニーズを理解した地元の不動産会社が買取してくれるケースが多いです。

ボロボロで一般人が引くほどの古いマンションでも、プロのスキルでリフォームして第三者に転売します。
このやり方を得意とする不動産会社は日本全国にとても多いです。

売れない築50年のマンションでも買取価格に納得できればすぐ売れます。
よって、早く手放したい人が転売目的の不動産会社に売却することもよくあります。


以上、築50年の築古マンションをどんな人に売却できるのかを解説しました。

  1. 居住目的の人
  2. 投資目的の人
  3. 転売目的の人(不動産会社)
レオ教授レオ教授

複数のニーズを知れば、売れない不安にも少し明るい未来が見えるじゃろ!

そして何より重要なポイントは、物件や地域により異なる売却ニーズを無駄なく把握し、適切な売却活動を行なってくれる「不動産会社選び」です。
売れない未来を未然に防ぐために、続けて解説していきます。

築50年のマンション売却では「不動産会社選び」が最も重要!

マンション売却に強い不動産会社

「マンション売却が得意な不動産会社に依頼すること」

これが最も重要になります。

「私のマンション全然売れない…」
「築50年はさすがに古すぎるんだ…」

売れないストレスを抱える人の大半が、マンション売却が不得意で販売力が弱い不動産会社に依頼していることが多いです。

大切なのでもう一度言うと、

「マンション売却が得意な不動産会社に依頼すること」

築50年のハンデを背負った古いマンションの売却ほど一番重要になります。

「売れるor売れない」の8割は不動産会社選びで決まる

築50年の古いマンションの売却では特に、依頼する不動産会社をイメージだけで選ぶと失敗します。
デメリットの多いの築古マンションは、販売力が弱い会社ではなかなか売れないからです。

「売れるor売れない」の8割は不動産会社選びで決まる、と言っても決して言い過ぎではないでしょう。

マンション売却が得意な不動産会社には下記のような特徴があります。

  • 広告で物件の見せ方がうまい
  • マンション顧客のストックが多い
  • 地域のマンション情報が豊富
  • マンション売却の実績が多い

また、マンション売却に長けた営業マンも多いです。

レオ教授レオ教授

不動産会社も様々での~
新築戸建ての売却が得意、賃貸の方が専門など各会社に色があるんじゃ

まずは、あなたの町にある多数の会社の中から「マンション売却が得意な不動産会社を選び出す」ことです。

早く売れるも長く売れないも不動産会社次第。

「不動産会社選びの失敗は後々大きな後悔を生みます」

築50年の築古マンションを効率よく売却するためにも、「不動産会社選び」が最も重要なポイントです。

では、マンション売却が得意な不動産会社はどうやって探せばいいのでしょうか?

マンション売却に特化した一括査定で探す

マンション売却が得意な不動産会社を探すには、
「マンション売却に特化した一括査定を利用する」といいでしょう。

築50年のマンション査定の結果を比較

マンション売却に自信がある「複数の」不動産会社を、さらに一括査定でふるいにかけて比較するわけです。
結果、一番信頼できる会社に売却を依頼します。

レオ教授レオ教授

できれば「3社以上」の比較が理想じゃ!

ネットで1社1社の情報を地道に調べて、各社個別に連絡を取るのも間違いではありませんが非効率です。

一括査定なら1回の入力だけでまとめて依頼でき、それもマンション売却に自信のある不動産会社揃いなら使わない手はないでしょう。

マンション売却に特化した一括査定は下記サイトがおすすめです。
あなたのマンションもぜひ依頼してみて下さい。

\3分に1人が使ってる/
マンションナビ公式サイト
↓利用無料・全国対応↓

以上、築50年のマンション売却でもっとも重要な「不動産会社選び」について解説しました。

では少し視点を変えて、築50年の古いマンションなら貸す選択肢はどうか解説していきます。

貸すのはダメ?築50年のマンションなら売却より賃貸は?

貸すのはあまりおすすめできません。

今が築50年、これ以上築年数を重ねた古いマンションになると本当に売れないからです。
いずれは手放したい築古マンションなら今売却しておく方が賢いです。

賃貸するには事前にリフォームも必要になります。
まとまったリフォーム費用がかかる点も、おすすめできない理由の1つですね。

レオ教授レオ教授

あと、募集してすぐに入居者が決まるわけじゃないからの~

生徒:カエデ生徒:カエデ

築50年のマンションなら時間かかりそうね…

売却に売れないリスクがあるなら、賃貸はなかなか貸せないリスクがあることも忘れてはいけません。

駅近や大学が近いなど賃貸需要が高い立地なら、貸す選択も一見アリのように思えます。

ただ、いずれ売却して手放すなら築50年は正直ギリギリです。
査定でまだ値段がつく今、迷わず売却しておきましょう。

売れない場合「賃貸」に切り替えるのは?

「このまま売却した方がいい」と考えます。

売れない築古マンションをそう簡単に貸せるとは思えないからです。
購入と賃貸のニーズは似ていますからね。

レオ教授レオ教授

何か理由があって売れないんじゃからな

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

そんな物件を借りたいと思う人は少ないでしょうね

築50年の古いマンションでは特に、「売れないから貸す」この選択に失敗が多いので要注意です。
価格をグッと安くしてでも売り切る方がいいでしょう。

生徒:カエデ生徒:カエデ

売却の一択の方が良さそうね

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

教授、古い内装のままでは売れないですよね?
売却時はリフォームしてから売るんですか?

レオ教授レオ教授

多い質問じゃな!
続けて解説していくぞ!

リフォームして売却?築50年のマンションは現状で売れない?

築50年の古いマンションは「原則リフォーム無し」の現状で売却を進めましょう。

安易にリフォームすると、

  • 売り出し価格が高くなる
  • 買主好みのデザインにならない可能性
  • 自分でリフォームしたい人が検討できない

などのデメリットが考えられ、逆に売れない原因を作ることもあるからです。

また、一般個人の売主さんにとって売却前のリフォームは、費用面で大きな負担になることも理由の1つです。

ただ、マンションによってはリフォームした方が売れる場合もあります。
最初に「原則」リフォーム無しの売却と前置きしたのはこの理由からです。

リフォームした方が売れるかどう調べる?

不動産会社に、同じマンション内ですでに売却された他住戸の事例を調べてもらいます。

  • リフォーム有の売却事例が多い
  • リフォーム無の売却事例が多い

あなたのマンションがどちらに当てはまるか、結果から判断するといいでしょう。

築50年の築古マンションになると、基本的に過去の事例にならって売る方がうまくいきやすいです。
ニーズに合わせた計画が売却の基本ですからね。

ただし、リフォームして売るには、内装の状態によって事前に50~150万程度の費用が必要です。
リフォーム有の売却事例が多い場合は、出せる予算を考えた上で検討しましょう。

レオ教授レオ教授

リフォーム内容は不動産会社にじっくり相談じゃ!

もし、同じマンション内ですでに売却された他住戸の事例がない場合は、原則通り「リフォーム無し」の現状で売却を進めましょう。

\3分に1人が使ってる/
マンションナビ公式サイト
↓利用無料・全国対応↓
生徒:カエデ生徒:カエデ

レオちゃん、築50年の古いマンションを少しでも魅力的に見せる方法はないの?

レオ教授レオ教授

うむ、もちろんあるぞ!
早速解説していこうかの~

売却時に実践!築50年の売れないマンションでも売れる対策[10選]

築50年の売れないマンションでも売れる対策

築50年の古いマンションを効率よく売却する上で、売主のあなたにもできる対策が実はたくさんあります。
実際の売却活動において効果的な対策は以下の10こです。

生徒:カエデ生徒:カエデ

へ~こんなにたくさんあるんだ

レオ教授レオ教授

不動産会社に任せっきりはダメじゃ!
対策1つで早く&高く売れることもあるからの~

売却時には1つでも多くの対策を実践して、売れない未来を未然に防ぎましょう。

1.内覧時は全室の照明をつける

照明を全室つける
『内覧時は全室の照明をつける』ことは、築50年のマンション売却で効果的な対策の1つです。
前向きに検討してもらうには、明るい第一印象が大事だからです。

築50年の築古マンションはただでさえ暗いイメージ。
日当たりの関係で部屋まで薄暗ければ、物件としての印象は悪くなかなか売れないでしょう。

そこで、日中の内覧でも全室の照明をつけること。
トイレ、洗面所、風呂も含めて、暗い箇所を作らないことが対策のコツです。

2.荷物を片付けて広く見せる

荷物を整理

『荷物を片付けて広く見せる』ことは、築50年のマンション売却で効果的な対策の1つです。
荷物が多い部屋は実際の広さがわからない他、とても狭く見えるからです。

レオ教授レオ教授

物が散らかった部屋では売れないじゃろうな

今住んでいるマンションの売却なら、居住中の状態で買主が内覧に訪れます。
荷物はきちんと片付けて整理し、部屋を少しでも広く見せるようにしましょう。

部屋の荷物が多く片付かない場合は、トランクルームなどに預けるのもおすすめです。

レオ教授レオ教授

売却後には引っ越すわけじゃ
今の内から断捨離しておくことじゃな

3.内覧前は充分に換気する

部屋の空気の入れ替え
『内覧前は充分に換気する』ことは、築50年のマンション売却で効果的な対策の1つです。
生活感を与えるニオイは、内覧する買主にマイナス影響だからです。

どこの家にも染みついた生活臭ってありますよね。
ニオイに引いてしまう買主がとても多いため、生活臭が強いと売れないですね。

明るさ同様、家のニオイは内覧時の第一印象になります。
内覧前は各部屋の充分な換気と消臭がとても重要ですね。

レオ教授レオ教授

自分の家のニオイは、慣れてあまり気にならんからの~

内覧予約前日のカレーや焼肉、ニオイの強い食事も控えることをおすすめします。

また、結露やカビが発生する季節は除湿器などで湿気を取り、少しでも快適な部屋を見てもらって売却しましょう。

4.内覧時は快適な室温にする

エアコンで室温調整
『内覧時は快適な室温にする』ことは、築50年のマンション売却で効果的な対策の1つです。

内覧時に「暑いor寒い」の体感はそれだけでマイナスだからです。
買主がゆっくり部屋を見る気にもなれず売れないですね。

築50年の築古マンションは、断熱性や気密性が低いためなおさらです。
内覧時間に備えて快適な室温にしておく準備がとても大事ですね。

5.内装や設備の不具合を修繕する

『内装や設備の不具合を修繕する』ことは、築50年のマンション売却で効果的な対策の1つです。
買主は良い面よりも悪い面に敏感で、状態によっては現状でなかなか売れないからです。

  • 窓の鍵が閉まらない
  • 給湯器が動かない
  • キッチンのコンロが使えない
  • トイレの水が流れない

など、あきらかに壊れている箇所は修繕した方がベターです。
せっかく日当たりや眺望その他に魅力的な特徴あっても、どうしても不具合の方へ目がいきがちですからね。

マンションも築50年経過すれば、水回り設備は時代に合いませんし、至るところが寿命を迎えています。
買主もある程度は理解して内覧に来ますが、故障して使えない箇所だけにはどうしても敏感になるでしょう。

不動産会社に修繕が必要な不具合をチェックしてもらい、事前に修繕を検討しましょう。

レオ教授レオ教授

不具合は値段交渉の理由にされるから、できれば修繕しておいた方がいいの~
また、売却後のトラブル防止にもなるぞ!

6.壁紙だけリフォームする

壁紙(クロス)貼り替え
『壁紙だけリフォームする』ことは、築50年のマンション売却で効果的な対策の1つです。

つまり、壁紙(クロス)の貼り替え。
それほどお金がかからないのに、部屋の印象がグッと明るくなるからです。

仮に全室貼り替えると、「このマンションって築50年だっけ?」と古さを忘れるぐらい印象が良くなります。

  • タバコで黄ばんでいる
  • 湿気やカビで黒ずんでいる

壁紙がひどく汚い場合は、最低限気になる部屋だけでも貼り替えた方がいいでしょう。

ずっと売れない築古マンションでも、壁紙の貼り替えだけで売却できた事例を多いですからね。

7.ハウスクリーニングをする

ハウスクリーニング
『ハウスクリーニングをする』ことは、築50年のマンション売却で効果的な対策の1つです。

プロの掃除で、家の中が見違えるように綺麗になるからです。
売却に備えてハウスクリーニングは本当におすすめです。

自分では綺麗に掃除できていると思っても、買主は結構すみずみまで見ています。
キッチン、風呂、洗面、トイレなど水回りは特にですね。

レオ教授レオ教授

「汚い=売れない」からの~

ハウスクリーニングならたった数万円の先行投資。
リフォームのような負担も時間もかかりません。

間違いなく売却しやすくなりますので必ずやるべきでしょう。

ただし、不動産会社が紹介するハウスクリーニング業者は値段が比較的高いため、自分で探した方が安い場合が多いです。

【くらしのマーケット】なら、あなたの町にある安くて信頼できるハウスクリーニングが見つかるはずです。
値段や作業の質をランキングと口コミで判断できますのでとても便利です。

8.ホームインスペクションを受ける

ホームインスペクション
『ホームインスペクションを受ける』ことは、築50年のマンション売却で効果的な対策の1つです。

簡単に言うと「住宅診断」です。
プロの住宅診断士が、劣化状況や不具合の有無、修繕すべき箇所や時期、費用などを診断。
適切なアドバイスしてくれるため、買主の安心につながります。

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

不具合のあら探しみたいで逆にマイナスでは?

レオ教授レオ教授

否定できんが、まぁ考え方じゃの~

  1. プロが診断した築50年のマンション
  2. プロが診断していない築50年のマンション

あなたが買主として検討するなら、どちらが安心でしょうか?

築50年の築古マンションは、多かれ少なかれ必ず不具合があります。

検討にあたって重要視されるのが、劣化、欠陥、修繕が必要かどうか。
買主の大半も素人ですから、プロの目で不具合がクリアなっている方が安心して検討できます。

ホームインスペクションは、売却の上で基本的にメリットになると考えるべきでしょう。

レオ教授レオ教授

古いマンションは引き渡し後にわかる不具合も多いんじゃ
将来のトラブル回避にもなるじゃろう!

9.マンション入口から玄関まで掃除する

共用部分(廊下)
『マンション入口から玄関まで掃除する』ことは、築50年のマンション売却で効果的な対策の1つです。
つまり、マンション入口からあなたの住戸に辿り着くまでの廊下や階段などの共用部分を掃除します。

築50年の築古マンションでは共用部分が汚いことが多く、内覧に来た買主に印象が悪く売れないからです。
あまりに汚いと、あなたの住戸に着く前に気持ちも冷めてしまいます。

内覧前に部屋を綺麗にするのは当たり前。
余裕があれば、マンション入口からあなたの住戸までの動線も綺麗にしましょう。

10.使える家具家電を渡す

照明器具のプレゼント
『使える家具家電を渡す』ことは、築50年のマンション売却で効果的な対策の1つです。

築50年の古いマンションを居住用で購入する買主は低予算が大半です。
そんな買主の検討材料に、照明・エアコンの他に使えそうな家具家電をつける提示をするととても喜ばれます。

  • 価格が安い
  • 家具家電がつく

築古マンションでメリットを感じて前向きに検討してもらえる場合が多いです。


以上、築50年の古いマンションを効率よく売却する上で、効果的な対策を解説しました。

生徒:カエデ生徒:カエデ

売主さんでもこんなに対策できるんだ♪

レオ教授レオ教授

「なかなか売れない…」と悩む多くの人ができてない10こじゃ!

特に売りにくい古いマンションの売却は、不動産会社に丸投げして後はお任せな姿勢はNG。
あなた自身でもできる対策は全てやって、少しでも売却しやすい状況作りが大切です。

スポンサーリンク


生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

教授、築50年のマンションってただ古いから売れないだけじゃないですよね?
具体的に売れない原因を掘り下げて知りたいんですが?

レオ教授レオ教授

うむ、いい質問じゃな!
この機会に見ていくかの~

築50年の築古マンションが売れない具体的な原因[6選]

築50年の築古マンションが売れない原因

築年数の古さは様々なマイナスを引き起こします。
築50年の築古マンションが売れない具体的な原因は下記6つです。

  1. 耐震性の不安
  2. 実用性が低い
  3. 管理規約の内容が古い
  4. マンション住人の高齢化
  5. マンション寿命への不安
  6. 住宅ローンを組みにくい

1.耐震性の不安

『耐震性の不安』は、築50年の築古マンションが売れない原因の1つです。
築50年のマンションは「旧耐震基準」に該当するからです。

日本では1981年(昭和56年)6月に建築基準法が大きく改正され、「旧耐震基準→新耐震基準」へ住宅の耐震性もかなり見直されました。

旧耐震基準は、震度5強程度の地震で倒壊しない基準。
一方、新耐震基準では、震度6強〜7程度の地震で倒壊しない基準です。

改正前に建てられた築50年のマンションは「旧耐震基準」になります。

レオ教授レオ教授

日本の地震を見てどうじゃ?
震度5強レベルは頻繁に起きとるじゃろ

阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震など、全国どこでも大地震の危険があります。

マンションでも戸建てでも、「安全性」は家に求める最低条件。
築50年とはいえ数百万円・数千万円の多額で買う以上、家族が安心できる家に住みたいのは当然です。

耐震性に不安のある築50年の築古マンションは、たとえ安くても「価格の問題ではない」と考える人も多いわけです。

以上から、築50年による耐震性の不安は売れない原因の1つになります。

2.実用性が低い

『実用性が低い』ことは、築50年の築古マンションが売れない原因の1つです。

時代を経て、人々がマンションに求めるものは大きく変わりました。

例えば、間取り。
50年前に「広いリビングでくつろぐ」この考えはなく、2DK・3DKの間取りが主流。
広さはあまり重視されていませんでした。

一方、比較的築の浅い中古マンションはどうでしょう。
家族の団らんの中心にリビングを広く作る、2LDK・3LDKの設計が主流です。

また、5階建ての団地タイプにはエレベーターがなく、毎日階段で上り下りするのは一苦労。
若い内はまだしも、老後の生活を考えると未来に不安を抱える人は多いでしょう。

以上は一例ですが、築50年の古いマンションには、時代が求める実用性とのギャップが多く感じられます。
今の時代を生きる人々のスタイルに合わないことが、売れない原因にもなっています。

3.管理規約の内容が古い

『管理規約の内容が古い』ことは、築50年の築古マンションが売れない原因の1つです。

管理規約は、マンションの快適な居住環境を維持するルールブックのようなもの。
50年前の新築当時から改訂の少ない管理規約が多く、その内容が現在の生活スタイルと合わないことがよくあります。

生活上で身近な点では、

  • バルコニーでの喫煙許可
  • ペットの飼育規定が無い
  • 管理費など滞納者の対応が曖昧
  • 民泊化の取り決めが無い

などについて、誰からも声が上がらずそのままになっているケースは非常に多いです。

居住者の不利益につながる管理規約は、マンションの資産価値にもマイナス影響ですからね。

よって、築50年の築年数同様、管理規約も古いままの築古マンションは売れないでしょう。

4.マンション住人の高齢化

『マンション住人の高齢化』は、築50年の築古マンションが売れない原因の1つです。
20~40代のファミリー世帯が敬遠するからです。

建物の築年数に比例して、住人も高齢化するのは仕方のないことでしょう。
同年代のファミリーが少ないマンションには、今一歩購入に踏み出せない人が多いです。

そして問題になるのは、マンションの維持管理です。

分譲マンションの場合、維持管理を担う管理組合の役員は交代制が一般的です。
しかし、高齢者の多い築古マンションでは、現実的に管理組合の役員をつとめる住人が減ります。

高齢者世帯を除いた住戸で役員をまわすため、若いファミリー世帯の負担が増える未来が目に見えてます。

よって、マンション住人の高齢化は、築50年の築古マンションが売れない原因の1つになります。

5.マンション寿命への不安

『マンション寿命への不安』は、築50年の築古マンションが売れない原因の1つです。

築50年にもなると、

「あとどれぐらい住めるのだろう…」

と、購入後の未来が大いに気になります。

レオ教授レオ教授

長く住むつもりの買主は特に不安じゃろうな

一戸建てなら、建物が老朽化しても土地が残ります。
それに、古い建物を壊して新しく建て替えることもできます。

一方、マンションの土地は住戸全体で共有しており、個々の持分は少ない仕組みです。

マンションの建て替えには「区分所有者4/5の賛成」がルール。
解体して土地売却か、建て替えかなど、ほぼマンション全体としての判断が必要になります。

古いマンションにおいて築50年は、少し先の未来に待つ「寿命」を考える時期です。
具体的な方向性が決まっていない築古マンションでは、買主が大きな不安を抱きます。

寿命への不安は売れない原因の1つになるでしょう。

6.住宅ローンを組みにくい

『住宅ローンを組みにくい』ことは、築50年の築古マンションが売れない原因の1つです。

築50年の古さでは銀行の担保評価が出ない場合が多いからです。
そのため、住宅ローンを借りる予定の買主が検討できない可能性があります。

築古マンションの購入でも、ほぼ8割近い人が住宅ローンを利用します。
だから、せっかくの買主が現れても住宅ローン審査に通らなければ、話は前に進まず売れないわけです。

レオ教授レオ教授

現金で足らない分を住宅ローンで借りるなど、少額の融資なら問題ないんじゃがな

住宅ローンは、買主の年収や勤務先等の情報に加え、マンションの担保評価も含めて審査されます。

ただ、築50年の築年数はマンションの担保評価に大きなマイナス影響。
買主の年収等に問題がなくても、希望額まで住宅ローンが組めない場合は、売れない原因の1つになるでしょう。


以上、築50年の築古マンションが売れない具体的な原因を解説しました。

  1. 耐震性の不安
  2. 実用性が低い
  3. 管理規約の内容が古い
  4. マンション住人の高齢化
  5. マンション寿命への不安
  6. 住宅ローンを組みにくい
生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

売却への未来が暗くなりましたね…

レオ教授レオ教授

ただ、原因を知ることは重要じゃ!
「なぜか売れない…」では逆に未来が見えんからの~

生徒:カエデ生徒:カエデ

レオちゃん、もしずっと売れない場合は何か手放す方法はあるの?

レオ教授レオ教授

うむ、最後に解説しておくぞ!

いつまでも売れない…築50年のマンションを手放す方法は?

まずは「売却を依頼する不動産会社の変更」です。

「マンション売却が得意な不動産会社」を基準に、複数の会社を比較しましょう。
マンション売却に特化した一括査定で、候補の不動産会社を再度絞り込みです。

それでも売れないなら、損してでも「値段を大きく下げる」or「不動産会社の買取」が選択肢になるでしょう。

レオ教授レオ教授

不動産会社の買取こそ、一括査定を使って買取金額が一番高い会社を見つけるといいぞ!

同じ築50年の築古マンションでも、地方や郊外にあると売れない状況が長引くことも多いです。
売れるor売れないの極論は、やはり物件によりますからね。

なかなか売れないと、

  • 管理費や修繕積立金が毎月かかる
  • 固定資産税も払い続ける
  • 引っ越しできず動けない

など、未来が見えずに不安とストレスはたまる一方でしょう。

レオ教授レオ教授

売れない場合は、気持ちの切り替えも大事じゃ!

仮に、不動産会社の買取では、提示された買取価格にあなたが納得すればすぐに売却が成立します。

ただし、不動産会社は買取後にリフォームなどして再度売却するため、買取価格は相場より低い金額になることは注意点です。

それでも、すぐに手放せることにメリットを感じるのであれば、あなたにとって「不動産会社の買取」は良い選択肢です。

築50年の築古マンション。
売れないままズルズルいくよりは、損を受け入れてでも買取で手放す人は実際多いです。

「売れないものは売れない!」そう割り切って前へ進むことも、時には必要と考えるからでしょう。

\買取査定も依頼できる/
マンションナビ公式サイト
↓利用無料・全国対応↓

まとめ

今回の不動産とーくは『築50年の築古マンションは売れない?未来なしの古いマンション売却方法』と題して、下記の項目を解説しました。

本記事で解説したこと

  • 未来なし?築50年の築古マンションはそもそも売れない?
  • どんな人に売却できる?築50年の築古マンションを買う人は?
  • 築50年のマンション売却では「不動産会社選び」が最も重要!
  • 貸すのはダメ?築50年のマンションなら売却より賃貸は?
  • リフォームして売却?築50年のマンションは現状で売れない?
  • 売却時に実践!築50年の売れないマンションでも売れる対策[10選]
  • 築50年の築古マンションが売れない具体的な原因[6選]
  • いつまでも売れない…築50年のマンションを手放す方法は?
レオ教授レオ教授

さて、いかがじゃったかの~?

生徒:リョウヘイ生徒:リョウヘイ

古いからといって諦めるのは早そうですね

「古い=売れない」、こう判断するのは間違いです。
マンションの価値は築年数だけでは決まらないからです。

築50年の古いマンションとはいえ、立地、間取り、階数、日当たり、眺望など1つ1つ特徴が異なります。
だからこそ、あなたのマンションの魅力を適確に把握してアピールしてくれる「不動産会社選び」は最も重要です。

たしかに、売却には苦戦することが多い築年数です。
ただ、仮に不人気な立地でも、人の動きがあるなら未来はあると考えていいでしょう。

あなたのマンションが早く売却できることを願っています。
以上、『築50年の築古マンションは売れない?未来なしの古いマンション売却方法』でした。

▽ よく一緒に読まれる記事 ▽
▽ よく一緒に読まれる記事 ▽
スポンサーリンク